インターン写真 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


例年よりも早く、しっかり就活写真を撮影する人が増えています。上智大学、早稲田大学、中央大学、専修大学、明治大学、昭和女子大学、玉川大学、大妻女子大学、創価大学、明治学院大学、日本女子大学、学習院女子大学、成城大学のお客様、お疲れ様でした。

皆様、はじめまして。
リクルートフォトスタジオです。

さて、今年の3年生(2021年卒)は、これまでになく、早めにしっかりとした就活写真を撮影される方が多くなってきています。
インターンシップを企業も重視していることも、その原因のようです。
4、5年前までは、インターンシップがあったとしてもインスタントのボックス証明写真で済ませ、本番前にきちんとしたスタジオ証明写真を撮りにいらっしゃる方が多かったのですが、昨今ではガラッと様変わりしています。

特に、人気の企業や業界を志望している方にその傾向は強いようです。

昨日厚木よりご来店いただきましたお客様もしっかりとしていらっしゃいました。海外留学から戻られたばかりで、日本での夏のインターンに備えて、当スタジオにお母様とご来店いただきました。
食品業界、商社志望とのことですが、印象だけみればばっちり整った素敵な方でした。

そのほかにも、上智大学、早稲田大学、中央大学、専修大学、明治大学、昭和女子大学、玉川大学、大妻女子大学、創価大学、明治学院大学、日本女子大学、学習院女子大学、成城大学のお客様、お疲れ様でした。

まず、現大学3年生(大学院1年生)のお客様にお伝えしておきたいことがございます。
この時期は、就活へ足を踏み入れたばかりなので、「どうしたらしっかり証明写真を撮影してもらえるのか」「髪型や身だしなみはどうしたらいいのか」「表情はどうしたらいいのか」について、悩んでしまうお客様が多く見受けられます。

【きちんとしたスタジオ選びのポイント】

今日は、「しっかりとした就活証明写真を撮影するポイント」についてご説明します


しっかりとしたスタジオ選びのポイントは次のとおりです。スタジオの雰囲気だけではわかりませんから、次の点をお店(スタジオ)に尋ねてみてください。

・証明写真を撮影するカメラマンと、修整する人は同じか別か
→別であったら、「流れ作業」のスタジオの可能性があるため、別のスタジオにしたほうがよいかもしれません

・証明写真の背景は、複数選べるか
→「ホワイトのみです」というスタジオは、絶対に避けたほうがよいです。証明写真用のバックペーパーをもっていないということです。

・証明写真のプリントは切れているか
→L判(サービス判)に4~6枚印刷されているのを自分で切ってお使いください、というスタジオは絶対に避けたほうがよいNGスタジオです。

プリントサイズが違っても同じ料金かどうか
→大幅に違う場合は避けたほうがよいです。たとえば、玉川大学や大妻女子大学、文化学園大学、昭和女子大学など通常の証明写真よりも大きな証明写真が必要な学校の学生は、注意が必要です。

就活証明写真は、一般の証明写真(パスポートや資格試験願書用)とは大きく違います。
写真スタジオによっては、両者ともまったく同じに撮影するところもあるので、注意したほうがよいです。
都心の就活写真スタジオは、概して「流れ作業」のお店が多いんです。
流れ作業が悪いわけではありませんが、当店に再撮影(一度、別のお店で撮影をして、その後に当店で撮影をされるお客様)のお客様が、「前のお店は流れ作業でさっと終えさせられてしまって、写真の仕上がりに納得がいきませんでした」とう方が多いので、そのように申し上げています。
先日も、慶應義塾大学のお客様が、そのようにおっしゃっていました。

そもそも、料金が数千円という証明写真でしたら、<就活><高品質>と謳っていても「一般証明写真」だと思ってください。
「少しでも安い写真を!」というお客様は、他のスタジオへ行かれたほうがよいと思います。
当店へも、料金についてのご質問をいただくこともございますが、なかにはスーパーの商品と同じに考えている方もいらっしゃいますが、プロの写真撮影って、カメラマンによっても違うんです。
当スタジオでは、「お客様を安くお撮りします!」なんて失礼なことは絶対に言えません。逆にいえば、プロとしてそのくらいのプライドを持って、撮影しています。

また、この時期は、しっかり写りたいあまり、「目の大きさが左右非対称なのが気になります。」という方が多いです。
リクルートフォトプランでは、修整込みとなりますので、シェイプ(目の輪郭=かたち)はそのままで、左右の目のバランスを整えることは可能です。
当スタジオでは、他のスタジオとは違い、大げさな修正は原則いたしません。
ただ、この時期は、「左右非対称が気になる」というお客様でも、修整をすると今度は「修整して大丈夫かが気になる」といったように、何をしても気になってしまう方が多くなります。

ご安心ください。
当スタジオの写真で、TV局のアナウンサーや客室乗務員、一流商社、マスコミ、食品メーカー、電機メーカー、ゲーム業界、医療業界、公務員など多くの方が無事に内定をしています。
毎年いろいろな方をみていますから、お客様のお気持ちをお察ししながら撮影させていただきます。

就活用ネクタイ無料貸出中
就活用ネクタイ無料貸し出し中!

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする
私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ
Share
就活写真専門スタジオだからわかる。この時期のインターンシップ写真撮影について。

皆様、ご無沙汰しております。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

中央大学、東宝学園専門学校、玉川大学、首都大学、学習院女子大学、昭和女子大学、神奈川大学、慶應義塾大学、早稲田大学、法政大学、他のお客様お疲れ様でした。

どこで撮る?夏のインターンシップ証明写真

さて、夏のインターンシップをはじめ、現3年生の就職活動も本格化してまいりました。
今週は、インターンでも、公務員のインターン志望の方が多く見受けられました。
学生の皆様には、インターンシップは就活の準備段階だと勘違いをされている方も多いのですが、準備ではなくそのまま就職活動そのものだと思っていただいたほうがよいということを、はじめに申し上げておきます。

ですから、絶対に安い街のチェーン店の写真屋さん(アルバイト店員の撮る写真屋さん)や、ボックス証明写真は避けたほうがよいと思います。
概して、料金がちがうというのは、仕上がりも大きく違ってくる場合が多いです。
特に、一生のうちに何度も撮る就活証明写真ではありませんから、初めに撮影してもらった写真屋さんで「こんなもんかな?」と思いがちですが、比べてみるとしっかりとした写真屋さんは格段に違います。

ところで、インターンシップには、学生側から見れば、良い面もございます。
ひとつは、興味のある仕事の一端に触れられることや、その会社の社風や考え方を掴む糸口を作れることです。
実は仕事というものは、頭のなかで予測するよりも、実際はかなり違うものなんです。また仕事は短時間にすべてを理解できるものでもありません。
ただ、まるっきり違うというこではなくて、ご自身の想定内であれば、仮にその企業に内定してもミスマッチはないはずなんです。

それが、極端な話、「広告業界の先輩に触れたら、すごく人として格好良くて、自分もそうなりたいから、広告業界を志望しています」というものは、つまずいてしまうケースが多いんです。
そこで働く人ではなくて、どうしてあなたがその仕事にかかわり、その仕事に役に立てるのか。芯となる部分がしっかりしていないと、イメージ先行型の就職活動になってしまうようです。

リクルートフォトスタジオに、6月~8月にインターンシップの証明写真を撮りに来られる方は、とても印象がよく、身だしなみもバッチリな人が多いんです。
冬場に「初めて写真スタジオに訪れました!」というよりも、本当に身だしなみがきちんとしてます。それだけですね、ご自身の就職をしっかりと見極めたいという自分のことを大切にしていらっしゃる方が多いです。

女性の場合は、ヘアメイク出勤日であれば、ヘアセット&フルメイクをつけていただければ、プロのヘアメイクアップアーティストがお客様に応じた就活ナチュラルメイクのご相談にも応じます。
もちろん、ある程度ナチュラルメイクは自分でできるわ!という女性の方は、そのままでも大丈夫です。その場合でも、そのままの状態で撮影をするということはございません。
必ず、お客様の襟もとや身だしなみを整えたうえで撮影をいたします。

Share
【アナウンサー全身写真の立ち方】写真の表情は必ずそのときの気持ちを反映するものです。

皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

もうアナウンサーのインターン応募が始まっています(初回は終わっているところもございますが)。
現3年生の方で、本当にアナウンサー志望の方は、出遅れているということはないとは思います。

リクルートフォトスタジオに撮影にいらっしゃるマスコミ志望の方の多くは、「本気」の方の割合が非常に多いです。
「もう私だめかもしれないけど一応受けて見ようかなと思います」というような人は、いらっしゃらないわけではないのですが、圧倒的に少ないです。
自信のない方は、お顔の表情を見ても、無理をしているような焦りや、苦しさがどうしても表情に出てしまう傾向がございます。
どんな人でも、人間はそのときの感情を抱きながら、日常生活を過ごしていますが、気持ちが穏やかですと、その人の雰囲気もしっかりと出てきます。

例えば、本当に哀しいときに、思い切り楽しんでくださいといわれても、なかなか楽しい表情にはならないでしょう。
よほど、演技力を磨いている役者さんでない限り、感情のコントロールもできない方が、表情のコントロールができるとは思えません。

ヘアメイクに自信がある人は、そのままでも良いと思いますが、できればアナウンサーやCA志望(CAの方でも現役の転職の方は別ですが)は、ヘアセット&フルメイクをつけていただくと安心です。
ヘアメイクだけでも、ヘアセットだけでも悪くはないのですが、自己流メイク(またはヘアセット)&プロのヘアセット(またはメイク)の組み合わせでは、せっかく整えてもバランスが悪くなる場合もございます。

さて、本題ですが、今日はアナウンサーの全身写真の立ち方です。
こちらの写真をご覧ください。左がBefore、右がAfter。左のお写真は、お客様が思うとおりに立っていただいた写真です。これも悪くはないのですが、右の写真と比べたらいかがでしょう。
右は、スタッフが立ち方を指導しながら撮影をした写真です。

そもそも、全身写真はなぜ必要か?という目的を考えてみると良いです。アナウンサーは、公共のTVで、多くの人目に触れる仕事のため、全体の雰囲気はとても重要です。
素敵なスタイルであれば、それを誇張せずに自然にキレイに出すというのも、全身写真には必要なんです。
この2つの写真は輪郭の修正をしているわけではありません。同じ人でも、これだけ、違って見えてしまうんです。
せっかく見せるのであれば、きちんとして魅せる、というのは、それも応募先TV局への配慮のひとつだと思うんです。

この女性は、スーツは黒いスーツですが、スーツのラインが柔らかなため、すこし上品にも見えます。
アナウンサー用の写真も就職用の写真には違いありませんが、もっと明るいスーツの方もいらっしゃいます。

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
2020年卒「撮り直し」や、2021年卒予定のインターン用証明写真、転職用証明写真が多くなってきています。

皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

最大10連休という令和初のゴールデンウイークも明けました。
すんなりと日常生活に戻れていらっしゃいますか?

ここのところは、転職用や再就職用の証明写真撮影が多くなってきています。
転職用の方は、「プリントはそんなに使わないと思います」という方が多いのですが、40歳以上の方ですと、人によってはすぐに転職先が決まらない方もいらっしゃいます。特に、早期退職や再就職の方、比較的高年齢の方ですと、ある程度の求人案件にあたってゆく必要もあります。そのため、提出する回数も増えるため、使用する証明写真の量も増えてきます。
ですので、ある程度使うと予測されているお客様は、撮影時に枚数を多めに作られると良いと思います。その後の「焼き増し」は、直接スタジオまで来なくても、スマホやPCからご注文可能ですが、撮影時のプリントした方が、料金的にはかなりお得になっております。

30歳も過ぎた場合ですと、証明写真の背景色も、当店で一番多いライトブルーだけではなく、ホワイトの方の割合も増えてきます。大体、ライトブルー7割、ホワイト3割といったところです。リクルートフォトスタジオの背景は、バックライトを当てるため、ホワイトも真っ白になります。他の多くのスタジオのように、グレーに近いホワイト、ではありません。

また、2021年卒予定のインターンシップ応募用証明写真撮影のお客様も増えてまいりました。
ここのところは、一般企業だけではなく、例年採用ステップの早い「アナウンサー」志望の学生さんが多いです。
アナウンサーは、「全身写真」が必要な場合がほとんどです。そして、街中の証明写真を撮影している写真屋さんでも「全身撮影はできません」というスタジオが意外に多いんです。それは、スタジオの広さもございますし、アルバイト店員さんでは撮影が難しいこともあります。
リクルートフォトスタジオでは、毎年多くの全身写真を撮影しています。全身写真はまず「立ち方」が重要です。ほぼすべての人がこのような写真は初めてですから、キレイに見えるたち方は是非、撮影時にご指導させてください。

こちらの男性は体育会系で、スポーツの報道を志望しているアナウンサー志望です。しっかりしていますね。

アナウンサー全身写真

アナウンサー全身写真

こちらの女性はバストアップ写真。斜め向きの撮影もしましたが、真正面のポーズを気に入っていただけました。
どことなくオーラと気品のある方でした。

アナウンサーバストアップ写真

アナウンサーバストアップ写真

さて、証明写真のヘアメイクについてですが、男性の場合は散髪後それほど経過していなければ、ご自身のセットでもほぼ大丈夫です。
ヘアメイクをつけなくても、就活用にスタッフが必ず整えます。女性も、よほどまとまりが悪い髪型であったり、ご自身でまったくメイクのできない方は、ヘアメイクをつけていただく必要がございますが、ある程度まとめられれば、ヘアメイクなしでもほぼきっちりとした証明写真ができあがります。なぜかというと、撮影前にしっかりと身だしなみを必ずスタッフが整えるからです。

昨日も、「自宅から一番近いチェーン店の写真スタジオで撮影しましたが、表情が悪くて撮り直しにきました」というお客様がいらっしゃいました。
そのお客様は、そのスタジオでは時間が限られていて、さっさと終わってしまったことに不満を抱いているようでした。
もちろん、リクルートフォトスタジオでも一人に何時間もかけて撮影をするわけではありませんが、他のスタジオよりも丁寧に撮っているという自負はございます。

昨年のこの時期に来ていただいたお客様でも、当スタジオの取り直し後に、書類選考通過率が良くなったというお客様もいて、スタッフとしてはうれしいことですが、やはりお客様の真剣な気持ちを思うと、スタッフも手を抜いてはいられないのです。

証明写真で失敗されるお客様は、自宅から一番近く一番安く撮影できるスタジオを選らんでいらっしゃるようですが、免許証やパスポートの写真ならともかく、就活写真は証明写真のなかでも格が違います。お買い得品を求めて買うようなスーパーマーケットの商品とはまったく違う性質のものです。
ですから、その違いを初めからわかっている方々は、神奈川各地、埼玉や千葉、東京都内や山梨をはじめ、東京に来たついでの地方のお客様も当店にいらっしゃるのだと思っています。

「周りの人がちょくちょく内定をもらい始めたけど、自分はさっぱりだな・・・」と思っているそこのあなた。意を決するという大げさなものでもございません。
リクルートフォトスタジオで就活写真を撮りなおしてみてはいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
本日は、専修大学、中央大学、明治大学、上智大学、立教大学、成城大学、横浜国立大学、日本大学他、就活生(3年生)のお客様にご来店いただきました。

皆様、こんばんは。
10月になり、インターンも続いているということで、撮影にいらっしゃる学生様(3年生)が多くなっています。
また、転職活動の方や、受験願書提出のお客様もいらっしゃいます。

都心から、池袋、練馬、板橋、港区、世田谷区からもご来店ありがとうございます。
当店は、都心の大きな広告を打っているスタジオさんとは違い、規模も証明写真で2面が撮れる規模のスタジオです。
大きなスタジオさんでは流れ作業のようになりがちなところも、スタッフがひとつひとつ丁寧な対応を心がけています。
また、ネクタイやシャツ、髪のバランスなど、就活用の情報誌やWebでいろいろと情報は得ていらっしゃるかと思いますが、いざ、ご自身に当てはめてみると「本当にこれでいいのだろうか?」と思うこともございませんでしょうか。
もちろん、すべてをお任せしていただくことも可能ですが、お任せしていただいたことにより、「ちょっと自分らしくない」と思われるお客様も中にはいるかもしれません。

実は、当スタジオのメインカメラマンは、学生時代からカメラを持って撮影を続けてきました。皆様と同じように、大学に通い、就職活動も一様に経験をしています(当時は、フィルムのカメラでの写真でしたが)。
その後、大手企業で人事関連の職に就いていたこともあり、特に就活用写真については、熟知しています。
現在でも、証明写真以外にも、コマーシャル用の写真や、モデルの宣材写真、企業役員プロフィールなども撮っていますが、就活証明写真には独特のテクニックもあります。

皆様は現在は、採用される側ですが、もし採用する側の身になって、考えてみてください。
限られた書類のなかで、視覚的にあなたを表現できるのは、写真しかないわけです。もちろん、面接までいけばよいのですが、それまえのインターンシップでも担当の方はあなたを覚えているかもしれませんが、はっきりと脳裏に焼きつく人はほんの僅かです。そこで、書類の写真をみて、「あ!こいつだ」と思うわけです。そういう、再び思い返すためのツールでもあるわけなんです。その思い返す際に、印象の良い写真だと、採用側もよりよく思います。
悪い印象だと、「こんなやつだっけ」という印象にもなりかねません。

当スタジオから、昨年の先輩のご紹介やご両親のご紹介で、来店していただくことも多いのは、先輩方の結果も良いからだと思っております。

皆様のご検討をお祈りいたしますとともに、当スタジオへのご予約お待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
秋のインターン。準備の早い就活生のご来店が目立っています!

就職活動中の皆様、転職活動中の皆様、しばらく更新が空いてしまいました。
いかがお過ごしでしょうか。

本日は、慶應義塾大学、専修大学、玉川大学、成城大学、明治大学、日本大学、早稲田大学、東京大学、北海道大学他のお客様にご来店いただきました。

道を歩いていると、金木犀の花の香りも漂い、すっかり秋の陽気になりました。
ですが、台風の季節でもあります。涼しくなったかと思ったら、急に蒸し暑くなったりと、体調を崩しやすいので、体調管理には充分お気をつけください。
スタッフも健康管理万全で、皆様を元気にお迎えしたいと思っています!

さて、この時期は、秋のインターンで力を入れていこうという大学3年生のお客様、そして短大生のお客様、また転職を積極的に進めているお客様が均等にいらっしゃいます。
本日の慶大文学部のお客様もそうでしたが、サークルや部活で夏は忙しくて、インターンに参加できなかったので、秋からしっかりやろうという人もいらっしゃいます。
まだ、この時期であれば、遅いということはありません(一部業界は早めのところもございますが)。
特に航空業界を志望されている方、当社もANAさんの客室乗務員セミナーに撮る側としてご協力させていただいたこともございます。
就職写真の面では、任せていただければと思っています。逆に、就活生の方は、証明写真のことは雑誌や就活のWEBで見たり聞いたりしていますが、それらの情報がすべて正しいとも限りません。
私どもが、これまで多くの企業様と接触した中の実際の経験で、写真づくりをしています。

また、この時期に内定で追加のサイズ変更の焼き増しをご注文いただきました、調布市の明治大学のお客様。おめでとうございます!
どんなサイズでも焼き増しできますし、正午までのご注文完了で、原則翌日に写真がご自宅に届くので、神奈川はもちろん、都内、千葉、埼玉、群馬、山梨他、全国各地からもご来店いただいております。

新卒後5、6年経った若手の転職志望のお客様も多いです。5、6年前といえば、まだ氷河期で、どこの企業・業界を選ぶという前に、内定を得るということだけでも難しい時代でした。
もちろん、今も就職活動が簡単になったわけではありませんが、求人が増えているということで、少しは状況も変わってきていると筆者は感じます。
この機会を逃さずに、バッチリの証明写真で、あなたの印象を企業にぶつけてみてください。

一般の就活生は、近い場所、安いスタジオに向かってしまいますが、当スタジオにいらっしゃる方は、一味ふた味違います。
必然的に、就活力のある方が、当スタジオにいらっしゃるのです。意識が高く、お金の使い方も良くわかっている学生様が多いです。
とりあえず、すぐにあるスタジオで写真を撮ってもらうというのは、とりあえずどこでもいいから就職先を決めるようなものです。
当店でも、他店スタジオからの撮り直しでご来店された方は、無駄にお金を使ってしまうことになります。はじめから、当店にいらっしゃれば、というお話です。どこでもいいから就職した人は、満足できず、やっぱり転職活動をする確率も高いと思います。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【後悔しない就活証明写真の基礎知識】WEBエントリー写真編

Webエントリー写真データは写真スタジオによって違います。
実は他店の写真スタジオで撮影した後、何らかの理由で、当店にご来店するお客様が多いんです。
そして、当店は他スタジオ撮影写真の焼き増しも行っているため、他の写真館がどのような証明写真を熟知しているのが強みです。

さて、そこでこの記事を読んでいる皆様は気になることでしょう。
「なぜ、他の写真館で撮影した人がリクルートフォトスタジオで撮り直すの?」

いくつか理由があります。
箇条書きにしてみます。

(1)WEBエントリー写真データの大きさ
(2)写真の撮り方
(3)レタッチの完成度
(4)健康的な肌色
(5)髪の毛や身だしなみの入念なチェック

そのなかでも、本日は(1)の「WEBエントリー写真データの大きさ」についてお話したいと思います。
Webデータでも、「大きさ」があります。一般的には縦560ピクセル、横420ピクセルの縦横比4:3で、これが就職活動では一般的な大きさです。
ファイルサイズですとだいたい110KB(キロバイト)前後になります。
このくらいですと、Webの表示ですと詳細すぎず粗すぎずきれいに表示されます。
ところが、写真スタジオのなかには、「Webデータ」としてお客様に渡される大きさが20KB以下(大きさでいうと、133×100ピクセル)のお店もあります。
この大きさですと、小さめにみるとわかりますが、少し大きくするだけでジャギー(画像のギザギザ)目立ってしまいます。
お客様はそのデータしか渡されていないとおしゃっていたため、不憫に思いました。

当店では、必ず3つのデータをお渡ししています。
ひとつは、オリジナルデータ。これは、バストアップ全体が写ったものです。縦横比4:3のトリミングをしていないので、いざ必要になったときはそのデータを使えば違うサイズのデータも作れるようになっています。
もうひとつは、WEBデータ。これは前述のとおりのサイズで、就活でもっとも必要なデータをきちんと仕上げています。
最後は、プリントデータ。これは縦横比4:3にトリミングしていますが、Webデータよりは少し大きめのサイズにしてあります。

次の写真を見てください。

【後悔しない就活証明写真の基礎知識】WEBエントリー写真編

【後悔しない就活証明写真の基礎知識】WEBエントリー写真編

左の写真レベルですと、WEBデータとしてはよくありません。
大きめの写真店でも、撮り方は上手でも料金によっては、サービス内容がちがってくるところも多く見受けられます。
せっかくの就活写真です。ぜひ当スタジオへのご来店をお待ちしております。

※女性はこの時期、ヘアメイクをつけていただくとベストです。メイクの仕方も美容師資格を持つヘアメイクがポイントを押さえてご紹介いたします!

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【就活写真の身だしなみ】前髪どうする?眉の上まで上げなきゃいけないの?

皆様、こんにちは。
先週は酷暑でしたが、台風も近づいています。現3年生でインターン応募を予定している大学生の方は、試験の時期かもしれませんが、頑張ってください。

さて、この時期はサマーインターンということで、弊社が入手している昨年の情報ですと、ほぼ大多数の方が「1Dayインターン」に参加します。もちろん、中長期のインターンに参加する方もいらっしゃるようです。
企業によっても、インターンシップの思惑は異なりますが、内定に繋がるか云々よりも、先手先手で動いてその企業や業界を少しでも自分で見で知る、というだけでも有意義かと思います。

昨年あたりから、インターンシップ応募でも、きちんと証明写真を撮ろう!という方が非常に多くなりました。
これは、人材業界の方ともお話をしましたが、2つの要因があると思います。

1つ目は、ここのところの好景気からか、新卒を積極的に採用する企業が3、4年前よりも増えました。新卒ばかりではなく、既卒の方も、同様です。
客観的なデータで5年前と今年で比較してみましょう。
2014年3月卒の「求人倍率1.27倍」「求人総数553,800人」だったのが、2019年3月卒(今の4年生)は「求人倍率1.88倍」「求人総数813,500人」になっています。
ここで、求人倍率とはなにかといいますと、求職者(仕事を探している人)1人あたり何件の求人があるかを示すものです。
皆さんも、先輩の様子やお話を聞いても、大変とは言えども、就職先を選ぶという意味では数は増えている、と感じている方も多いと思います。
ここで、「数」と申し上げたのは、機会が増えることになった、と置き換えてみてください。決して、就職しやすくなったわけではありません。
特に、大手や優良企業などは、毎年優秀な人材ばかりが集まりますので、激戦であることには変わりありません。
そうしたなかで、早いうちから、採用(企業)側も、応募者(学生)側も、お互いを早めに知るという機会を持つという動きが強まりました。

2つ目は、インターンから就活であるという認識の方が増えたことにより、年明けからの本番に備えて、事前に「証明写真」も予行演習で撮っておこうという方が多いです。
稀に「夏の写真を冬の本番にも使おうと思っています!」という学生さんもいらっしゃいますが、これはオススメできません。
なぜならば、1年経つと髪型はもちろん、第一に自分が思うよりも、その人の表情や雰囲気もかなり変わってきます。ご本人は、毎日顔をチェックしているので、少しの変化には気づかれない方も多いのですが、顔つきが変化するのは明らかです。
あと、これが非常に重要で、提出先の写真の規程に、「直近6ヶ月の写真を提出のこと」と書いてあるならば、そのほうが安心です。
その会社に本当に入社したいという気持ちがあるのならば、相手との約束は守るべきだと思いませんか?
いずれにしても、半年過ぎた写真は、就職写真(特に新卒の方)としては使わないことをオススメしています。

当スタジオでも、夏にいらっしゃって、冬に「またお願いします!」とにこやかにいらっしゃるお客様が多いのは、シッカリしている方が多いのでしょう。
冬にいらしゃるときは、お客様のほうも撮影の勝手が分かっていますので、落ち着いて気張ることなく、良い写真が撮れる場合が多いのです。

ところで、前置きが長くなりましたが、本日は「【就活写真の身だしなみ】前髪どうする?眉の上まで上げなきゃいけないの?」ということで、就職証明写真の前髪についてお話したく思います。

まずは、男性でも女性でも共通しているのは、前髪は眉毛よりも上、それが無理なら眉ぎりぎりの位置にあったほうが、「明るく」「清潔」に見えます。
ですが、そこで皆様も鏡を前にして、前髪を上げてみると、いろいろと思ってしまう人もいるでしょう。

女性の場合ですと「前髪を上げると、おでこも広く見えすぎちゃって、いつも自分じゃないみたい。しかも、顔も大きく見えてしまう・・・」
男性の場合は、これまで比較的長髪で、前髪を前に垂らしたり、斜め下方向へ流している方も、同じように思うこともあるでしょう。

よく就活本や就活情報のウェブサイトでは、「これはNG!」とか「これはOK!」とか、わかりやすく白黒つけている情報を目にしますが、実際のところはどうなのか、というところを皆様に知っていただきたく思います。

筆者は、人材会社の方とも定期的に情報交換をしたり、また、内定した方の証明写真を分析したり、当スタジオ以外の写真館で撮影された証明写真も毎日目にしています。
そこで、前髪はどうしたらよいか、ということについて、次のようにまとめてみました。

1)可能であれば、前髪は眉のうえ、もしくは眉にぎりぎりかかる程度(※但し、両眉をはっきりと出す指示がある場合は別)にまとめる。
2)可能な限り、額を出すようにする。
※両眉が全部隠れていたり、前髪が目にかかっていたらNGです。

そこで、いま学生生活から、就職活動の入り口に立った皆様にご提案があります。
極端に長い前髪は、就職用にまとめたり、男性の場合は散髪したりしてみて、今とは違う自分のスタンダードを作ってみてください。そうして、「本番」に備えて日常を過ごすようにしてみてはいかがでしょうか。

少なくとも、写真撮影のときは、当スタジオの「ヘアメイク」オプションをつけていただければ、就活ナチュラルメイクを多く手がけているヘアメイクが「こうしたら良く見えますよ!」とか「こうまとめると、本番のときもやりやすいし、格好良く見えますよ!」などと、アドバイスも含めてご提案させていただきます。
※当スタジオのヘアメイク対応は原則平日の「午前10時~午後3時撮影開始分」となります。詳細はHPのヘアメイク対応日カレンダーにて確認してください。
そういうアドバイスを受けて、冬にもう一度撮影をしたら、完璧でしょう。

女性で前髪がきっちり上げるのは抵抗感があると言う方。きっちり前髪を上げると、ちょっと自分じゃなくなっちゃうと思われる方。
少し、弧を描くように前髪の輪郭をつけてあげると、イメージが良くなる場合もあります。ただ、そうした場合に、髪の毛がシースルーで透けてしまうこともありますが、ご安心ください。
リクルートフォトプランであれば、透けた箇所だけ、修整で髪の毛で埋めることも可能です。高解像の写真でも、まったく埋めていることがわかりません。
たとえば、下の写真を見てください。左が、修正前、右が修整後です。こんなに自然にまとまるんです。

就職証明写真・インターン証明写真。前髪はどうしたらいい?眉の上?それとも・・・

就職証明写真・インターン証明写真。前髪はどうしたらいい?眉の上?それとも・・・

茶髪であっても、どうしても黒に染める時間がなければ、赤い髪を黒に補正いたします。

男性は、ずばり、散髪をしてから、写真撮影にいらっしゃるとベストです。これは、面接のときも同じです。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【夏季インターン】中央大学、慶應義塾大、首都大学東京、多摩大学、早稲田大学、法政大学、明治大学、東京大学、成城大学他、転職活動のお客様がご来店

就職活動を控えている皆様、暑くなってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

しばらくご無沙汰しておりましたが、まず、皆様にご報告をしておかなければならないことがございます。
かねてからお伝えしておりましたとおり、当スタジオは移転をいたしました!
移転といっても、旧スタジオから遠いわけではございませんが、駅からのアクセスが断然便利になりました。
JRからですと徒歩30秒、京王線からですと徒歩3分でご来店可能です。
旧スタジオは少し手狭で、お母様と一緒にご来店された場合や、ご友人とのご来店に際しては、皆様にも窮屈だったと思いますが、新スタジオでは若干広めの待合室も設けております。

さて、このところは、学生様の就活証明写真は、夏期インターン応募用の証明写真が非常に多くなっています。
「インターンだから、証明写真もそこそこでいいや」と考えている学生様が、当店にご来店いただくことはまずありません。
それだけ真剣に就活を考えている現3年生の方が多いんです。
中央大学、慶應義塾大、首都大学東京、多摩大学、早稲田大学、法政大学、明治大学、東京大学、成城大学、日本大学、帝京大学のお客様、ご来店ありがとうございました。
一般企業の就活だけではなく、航空業界(CA・キャビンアテンダント)への応募の既卒のお客様、医療関係へ転職を考えている専門職の方にもご来店いただきました。

この時期の3年生で、スーツやシャツをまだ用意していない!という学生様。女性のみに限りますが、スーツ・シャツ(S、M、Lサイズ)をご用意しております。
スーツはレンタル無料、シャツはレンタル料金として300円を頂いておりますが、女性の方は手ぶらできても、ちゃんとした就職証明写真が撮影できます。

また原則平日の10時~14時半撮影開始のご予約につきましては、オプションでヘアメイクアップアーチストによる、ヘアメイクが可能です。
女性のお客様も「フルメイク」と聞くと、大げさのように聞こえてしまうかもしれませんが、ベースから整えますと、にきびやシミが目立ちにくく、写真の肌の色も美しくなります(※人により個人差がございます)

ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
鹿児島から転職のお客様、2019年卒で撮り直しのお客様、2020年卒のインターンのお客様他ご来店中です。

就職活動、転職活動中の皆様、今週も一週間がまた始まりました。いかがお過ごしでしょうか?
この時期から、転職活動で就職証明写真の撮影にいらっしゃる方が多くなります。また、夏のインターンシップに備えて、現大学3年生の方も多くなります。
当店にいらっしゃるお客様の中では「インターンシップだから、写真はボックス証明写真でいいや」と言う方は、非常に少ないです。
それだけ、頑張ってやろう!という意気込みの学生様が多いので、当スタジオスタッフも気を抜いていられない状況です。

また、鹿児島県鹿児島市からご来店のお客様、遠いところ有難うございました。
セレクト後の仕上がり確認で、気に入っていただいたようで何よりです。

都内化粧品会社系列のフォトスタジオで3月に撮影した2019年卒予定のお客様。
仕上がりを見て喜んでいただきましてこちらも嬉しく思います。
これまでの写真も見せていただきまして、恐縮です。
そのまま、お客様も笑顔で就活を終えられるものと確信しております。

さて、ところでお客様にお伝えしておかなければならないことがございます。
2018年6月22日(金)に当スタジオは以下に移転をいたします。

<移転先>
〒214-0001 神奈川県川崎市多摩区菅1-2-2 小山ビル2F
(JR稲田堤駅徒歩1分、京王稲田堤駅徒歩3分)
6月22日から電話番号も044-322-9517へ変更となる予定です。
お天気が雨でも、JRの駅の改札から走れば30秒ほどで到着するのではないのでしょうか?

移転に伴い、6月13日(水)~6月21日(木)までのスタジオ撮影はお休みとさせていただきます。
お客様にはご不便・ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

移転後は、駅からすぐという非常に便利な立地となります。
当店にご来店のお客様は、電車を利用して、神奈川県内はもちろん、東京都心や多摩地区、千葉、埼玉、群馬、山梨他、地方からいらっしゃる方が90%以上を占めます。
これまでのスタジオの場所も駅からはさほど遠いというわけではありませんが、今以上に格段にアクセスがよくなりますので、ご期待くださいませ。
スタジオや待合室も広くなります。

・・・

このスタジオ休館中に証明写真が必要になる恐れのある方は、6月13日より先に、少しはやめの準備をされると良いと思います。

皆様のご来店をおまちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share