修正 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


【ここが違います】ヘアメイクなしでも、しっかりレベルの就活用証明写真

こんにちは。本日もたくさんのお客様にご来店いただいております。

大妻女子大学、東京家政大学、東海大学、日本大学、亜細亜大学、専修大学、成城大学、慶應義塾大学他、皆様おつかれさまでした。
大妻女子大学のお客様、学校指定の履歴書のサイズ(5x4)と通常サイズ(4x3)の組み合わせも、可能です。特にサイズを組み合わせたからといって、料金が変わるわけではありません。
是非、ご利用くださいませ。

毎年この時期から、都心の大きなスタジオで一度撮影をしたお客様が、お友達の証明写真を見て当店を知り、再撮影にいらっしゃいます。

女性の場合、ある程度がきちんとできる人、そしてメイクをするのもある程度慣れている方であれば、ヘアメイクは必要ないと思います。
逆に、髪の毛の癖が激しかったり、前髪をきちんと作れない人、メイクをしたことがない人はヘアメイクをつけていただければと思います。

但し、特に女性の方ですが、リップの色は、普段のお出かけに使うような彩度の高い「赤リップ」はお控えください。
どちらかといえば、ベージュ寄りの赤、明るくても落ち着いたピンク寄り、もしくはオレンジ寄りの赤であると明るく見えます。
彩度が高いと、明るいというよりは、「派手」に見えてしまい、せっかくの印象が落ちてしまいます。

さて、この写真は当店で撮影したものです。
左と右は同じ写真ですが、右は当スタジオで10~15分ほどで補正・修整をしたものです。
リクルートフォトプランであれば、お客様に補正の結果を確認していただいたうえで、撮影終了となりますので安心です。

この方は、前髪の輪郭はきちんと作れており、メイクも就活メイクをきちんとしていらっしゃいました。
少し茶髪が出ているところと、ニキビが気になっていらっしゃしましたが、ご覧のとおりとなります。

当スタジオの補正の基本は、
ヘアメイクをつけない場合は、「もし、ヘアセットをすれば・・・こうなる!」「もし、ニキビをコンシーラーで目立たなくすれば・・・こうなる!」という発想で、補正をしています。
だからナチュラル補正なんです。
人によっては、他のスタジオでなんちゃってフルヘアメイクつきのプランにした場合と同等になってしまう場合もございます。

もちろん、ヘアメイクしていただければ、ヘアメイクもお客様のことを第一に丁寧にやってますので、修整も微調整という方が多いのですが、
髪がまとまりにくい方、もとから肌色の発色の悪い方は、ヘアメイクをつけてください。

リクルートフォトスタジオのナチュラル補正

リクルートフォトスタジオの人気の秘密は、あくまでナチュラル補正。きちんと就活に使えるレベルのお写真にしてお渡ししております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【これから証明写真を撮る就活生必見】撮影前に気をつけておきたいこと(男女別)

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

しばらくご無沙汰しておりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

大学生の皆様は、ちょうど試験中の方も多いと思います。
早い方ですと、すべて試験は終わりました!という人もいらっしゃいますし、来週から試験なんですという国立大学のお客様もいらっしゃいました。

本日は、東京外国語大学、専修大学、成城大学、首都大学東京、専修大学、法政大学、日本大学、明治大学、早稲田大学、東京大学、慶應義塾大学他のお客様にご来店いただいております。
多くの方のご来店誠にありがとうございます。ご友人から紹介されてきたお客様や、学校のゼミの先生に勧められて来たというお客様もいらっしゃいました。

この時期は、毎年インフルエンザが猛威を振るいます。
スタッフは可能な限り、マスク着用、さらにひとりのお客様が終了したら、必ず手洗いをするように心がけております。
皆様も大切な時期に入ってきますから、健康管理には十分お気をつけくださいませ。

さて、本日は、就活のヘアセットやメイクについて、どのくらいにしておけば大丈夫なの?ということについてお話したく思います。

男性は、髪の毛は必ず散髪をしてきてください。行きつけの美容師さんや床屋さんがあるはずです。そこで、就活用に切りたいんですとお客様のイメージを伝えて切ってもらってください。
写真では、少し長くてボサボサしているよりは、切ったばかりの髪の毛のほうが、断然しっかりとして写ります。今風にいいますと、インスタ映えではありませんが、写真映えしてきます。
特に、髪の毛が目にかかる以上に長くして日常を過ごしてきた方は、注意が必要です。できれば、さっぱりと切ってみてください。それを、この半年間は少なくともキープをしていただくと、結果もついてくると思います。

女性は、髪をうしろにまとめていただくのが一番簡単でしっかりとして見えるヘアスタイルです。それでも、髪の毛を切ってから、かなり経っていると、人によってきれいに見えない場合もあります。
髪の毛が揃っていなかったりするショートの方は特に注意が必要です。
髪の毛は、ある程度まとめられるのであれば、上に出た数本の毛(俗に言うアホ毛ですね)や、サイドのボリュームのバランスなどは修整で整えられます。
メイクにつきましても、まったくできない方や、完璧を望まれる方は別ですが、ご自身のメイクがある程度できるのであれば、リクルートフォトスタジオの先輩方はそれでもきちんとした証明写真に仕上がっています。
少しチークの入りすぎている方は、修整で濃い部分を弱めてゆくこともできます。ただし、真紅(俗に言う赤リップ)よりは、少しピンクからオレンジ系の彩度の高くないリップをお使いになると良いと思います。
あまり派手なリップは、採用担当者から見ると軽く見えてしまいます。

また、ニキビが多く、気になっていらっしゃる方も、修整で赤みやにきび痕などをきれいにしてゆきます。リクルートフォトプランはお客様に修整結果をご確認、納得いただいたうえでの終了となります。ご安心ください。

「すぐに写真が必要だ!」「今から撮りにいきます!」という方は特に身だしなみには注意が必要です。必要に迫られるのはわかりますが、準備をしているのとしていないのとでは、写真のうつり方もまったく変わってきます。カメラマンやヘアメイクが精一杯したくても、お客様しかできない準備もあります。私たちはお客様と一緒になって、お客様にとってベストな就活写真が撮れる様に頑張りますので、お客様もご協力なにとぞよろしくお願い申し上げます。

おそらく、ヘアメイクなしでもきちんと撮れる写真スタジオなかなかないと自負しております。お客様ご自身で整えていただくことによって、お客様にも自信が生まれます。
1月中は、まだ予約に余裕のある時間帯もございますので、ぜひ早めのご予約をお待ちしております。

撮影を希望される方は、下のリンクからWeb予約でのご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【証明写真の撮られ方のポイント】

皆様、こんばんは。
本日、書類選考通過で面接に進みました、とご連絡をいただきました中央大学のお客様、頑張ってください。

さて、今日は、就職用の証明写真の撮られ方のポイントについて、簡単に触れたいと思います。

まずは、大きなポイントが3つあります。

(1)「なりたい自分」になって、撮られる
(2)心持ちを保っておく
(3)けっして、美しく写ろうと思ってはいけない

簡単にご説明します。

【「なりたい自分」になって、撮られる】
これは、写真だけではないのです。お客様が、書類選考を通過し、面接にいかれたときに、将来自分がこうありたいという姿であるのがベストです。
たとえば、接客の多い業界を志望でしたら、暗い顔をしていたら、印象は悪く持たれがちだと思います。
そうかといえば、自分の性格が几帳面で冷静な方は、しっかりとした顔をつきであれば、その人の持つ本来の味と写真がマッチすれば、好印象です。
なにも、口角を大きく上げている必要はないと思います。
就活雑誌などの就活生の証明写真は、ほとんどが広告用のモデルさんですから、大きく口角が上がっていますが、その必要は必ずしもないのです。

ただ、どちらにしても、「印象が良い」と思われることは大切だと皆様の思っていらっしゃることでしょう。
採用担当者が自己PR・志望動機の本文を読み、キリッと締まった落ち着きのある写真をぱっと見て、その双方が整合性が取れていた場合、「冷静な雰囲気で、裡に秘めた意欲も感じられるし、この方だったら、当社の法人営業マンとして大きな金額を動かすことを任せられるかもしれない」と採用担当は思うはずです。
逆に、普段から冷静な雰囲気の方なのに、「私は誰とでもすぐに打ち解けることができて、いつも笑顔で明るいです」といった内容で、写真も大きく口角をあげているものの、実際の本人の姿が違っていれば、印象は悪くなります。

「なりたい自分」というのは、今の自分から見て、無理をし過ぎない程度に実現できそうな雰囲気をつくってゆくべきだと思います。
そのためには毎日、その気になって、鏡を見て、身だしなみから顔の表情をチェックしてゆくべきです。
「この表情だったら、私のベストな表情だ」というのを鏡で見て見つけて、その表情がすぐにできるようになると良いです。
毎日続けるということは、ほんの数ヶ月の間でも、とても効果のあることだと思います。逆に申し上げるのであれば、毎日続けるということは、かなり難しいと思います。

インターンシップを行っている企業が多くなったとはいえ、採用担当者とお客様は、限られた情報量の書類と、限られた時間の面接で、折り合いをつけてゆくわけです。
情報が的確であり、双方が「納得できる」と思う確率が高くなればなるほど、内定への確率も高くなるでしょう。
情報は、できるだけ正確に伝えることが重要です。

ですから、あまり大きく無理をせずに「なりたい自分」を意識しているだけでも、表情は違ってきます。
当スタジオのカメラマンも、お客様との限られた時間のなかでいろいろとお話もします。そして、できるだけ様々な表情を撮りたいと思っています。その表情から、「なりたい自分」の1カットを是非選んでください。

「心持ちを保っておく」
これは前述の「なりたい自分」とも関連します。
心が、為替相場のように乱高下しますと、やはり表情も安定しません。
やる気を出そうとおもって、無茶をすると、わざとらしい表情になったり、見る人も「ちょっと、背伸びをしているな」という印象を持たれかねません。
不安なお気持ちはお察しいたしますが、ほぼすべての人が多少なりとも不安な気持ちは持っていますから、あまりに落ち込んだり、あまりにやる気だけが突出していると、それが表情に「焦り」として写ります。
ですから、撮影のときは、それほどに意気込まなくてもよいと思います。

「けっして、美しく写ろうと思ってはいけない」
この時期に多くなるのは、女性の方は色白の方は特に黒子(ほくろ)が多いので、「この黒子無くせますか?」といった内容や、男性の方でも「片方が二重で、もう片目が一重ですが、両方とも二重にできませんか?」といった細かな点が気になる方が多くなってまいります。
しかも、当スタジオのカメラは、解像度を落として撮影をしても、それでも高解像度なので、撮影直後は髪の毛の一本一本や黒子のこまかな点まで写ります。しかし、Web提出のES写真データはその何十分の1の解像度になりますし、4x3の証明写真プリントも顔が小さいですから、一重か二重かなどといったところまで、ほぼ気にならなくなると思います。
ましてや、仮に、一重だから書類選考落ち、黒子があるから書類選考落ち、という企業があるのだとしたら、そんな企業に行きたいと思いますか?

不安なので、できるだけ自分をよく見せたいというお客様のお気持ちは十分に理解していますが、それらはご自身の本来の印象をよく見せることと大きくかけ離れているように感じます。
見た目に美しくある必要はそれに越したことはありませんが、背伸びをしすぎてしまうのは、やめたほうがよいと筆者は思います。
もちろん、お客様のご要望は最大限にお写真に反映させてゆきたいと思っております。
「印象が良い」というのは、「美しくある」ということだけではありません。外見的に美男美女だからといって、印象がよいのではないということは、お客様のまわりにいらっしゃる方を見てもお分かりだと思います。

就職活動の証明写真は当スタジオにお任せください。

皆様の撮影のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
証明写真の「補正」「修整」「修正」て何? どこまで大丈夫なんですか?

就活中の学生の皆様、こんばんは。

本日は、たまにTVなどでも耳にする写真の「補正」「修整」「修正」について、お話したいと思います。

そもそも、「補正」「修整」「修正」って、言葉は似ていますが、何が違うのでしょうか?
当スタジオでは、次のように使い分けています。

・補正・・・色合せや、明度、輝度、彩度などの調整
・修整・・・本来ないはずの形、またはあるはずの形に整えること
・修正・・・形やバランスを変えて見た目のよいものにすること

以上です。
補正は読んでそのままのとおりですが、「修整」と「修正」の違いについて詳しくご説明したいと思います。

まず「修整」ですが、これは不測の状況で、本来ないはずのもの、またはあるはずのものを整えてゆくことです。たとえば、ニキビや髪の毛のハネ、洋服の皺などを消したり、見えなくしたり、または傾きを直したりすることです。
この「修整」ですが、今はデジタルカメラでの撮影ですが、昔のフィルムカメラの時代にも修整は存在しました。かくいう筆者も、大学4年生のとき、皆様と同じように就職活動を経験していますが、「修整」してもらった証明写真で就職活動をしていました。私の場合は、シャツの皺とお肌をすこしなめらかにしていただいていました。

フィルム時代の写真修整

フィルムの時代は、筆やエアブラシ等で修整をしていきますが、いまのプロも使用する写真編集ソフトにも筆やエアブラシはございます。アナログかデジタルかの違いで、昔から行っていることの大筋はほぼ変わりはないのです。
修整は、本来のお写真を引き立てて再現性を高めるための手段ですので、ガラッと自分のイメージがかわるわけではありません。

しかし、「修正」となると、話は大きく変わります。
「一重まぶたを二重にできませんか?」という方もいらっしゃいますが、その方の特徴を変えてゆく修正は一切行いません(技術的には不可能ではありませんが)。

当スタジオで、リクルートフォトプランをご予約のお客様は、ほぼ「修整」のレベルでご満足されるお客様が多いです。

皆様が応募する企業のホームページに掲載されている社長さんや役員さんの写真の多くも、ほぼ「修整」した写真なのが現実です。

当スタジオのレタッチ(修整)は、広告写真などでも実績のある技術で行いますので、ご安心くださいませ。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
本日も法政大学他のお客様にお越しいただきました。年末年始も営業しています。

年末も近づいてきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
この時期でも、応募の締め切りがあるそうで、本日も法政大学、神奈川大学、帝京大学、中央大学、専修大学、東洋大学、和光大学、東京女子大学他の学生様にお越しいただきました。

証明写真でよくある質問です。
いざ、撮ってみると、右の顔と左の顔のバランスが違うんです。

そこで修正をと、考える人も多くでてきます。
昨今では、機械でいろいろと修正できてしまう時代となりましたが、どうでしょう?
やってみたところで、「サギシャ」になっていませんか?

「サギシャ」とは「詐欺写真」の略で、別人のような写りのいい写真や極度に修正した写真をいいます。

話を戻しまして、人間は、人によって大小ありますが、顔は基本的に左右非対称です。
右目が大きく見えたり、左目が小さかったり、左側の頬が少したるんで見えたり。
人間の目は、とても優秀にできていて、普段の動いている顔は、左右非対称でも、バランスよく見えるように直してしまうのですが、止まった状態、つまり静止画の写真ですと動いていないので「左右非対称」がそのまま脳裏に焼きついてしまうわけです。

当社では、撮影の段階でできるだけバランスよく見えるような撮影を心がけています。
そのうえで、どうしても補正できない点につきましては、左右のバランス感がとれるように、機械ではなく「人間」が修整を行います。
ですので、違和感無くお使いいただけるわけです。

また、肩の位置のバランスや、骨格の歪みから出る体のズレ、スーツの肩のラインのボコボコ感、吹き出物やシミ、ひげそりあとなどを目立たなくするなど、本来あるべき姿に修整をする、それが当社の基本です。

それが、当社が毎年学生様からお褒めいただいている点だと思っております。

ご予約はこちらからどうぞ。

Share
転職用証明写真、本日は成田からお越しいただきました。

リクルートフォトスタジオをご利用くださいましてありがとうございます。
本日は成田からもお客様にお越しいただきました。
転職用の証明写真とのことで、「リクルートフォトプラン」で撮影されました。

当スタジオでは、お値打ち感のある「スタンダードプラン」もご用意しており、こちらも好評です。
スタンダードプランとリクルートフォトプランの大きな違いは、
修整確認ができるかどうかと、プリントのレベルです。
スタンダードプランですと当店の長年の経験で「お任せ修整」となり、プリントも一般的なお店で使われる画素数でのプリントとなります。
それでもほとんどの方が満足されています。
リクルートフォトプランですと、修整の結果を見ていただき、微調整も可能です。またプリント出力もリクルートフォトプラントは別の高解像度業務用プリンタでの出力となります。
スタンダードプラン、リクルートプラントも料金にはすべてCDデータが含まれていますので、他店様よりもお得感もあると思います。

本日他は、中央大学、明治大学、専修大学、大妻女子大学、駒澤大学、首都大学東京、帝京大学の学生様にお越しいただきました。

就職活動のピークはまだまだ先ですが、早め早めに行動される姿を見ていて、勇気づけられるとともに、写真屋として何としてでもお客様の志望企業突破にお役に立てるように良い写真を撮っていきたいと思っております。

撮影のご予約はこちらからお願いいたします。

Share