千葉 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


転職活動の社会人をはじめ、エアラインの全身撮影も多くなってきています!

皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
あっという間にGWに突入です。今年は10連休ということで、話題になっていますが、皆様は長期の休暇をどのように過ごされますか?

余暇に、趣味に、旅行に・・・気分リフレッシュを半分、就職や転職を控えている方は、時間のある今に提出書類の中身を考えたり、また大切な就活ツールの証明写真をきちんと撮っておくことをおすすめします。

なお、ゴールデンウイーク中のスタジオは、原則、ご予約をいただいていれば営業しております。

ここのところは、客室乗務員・CAさんを目指している方の、全身撮影が多くなっています。
本日は、主に全身撮影についてお話したいと思います。

就職で、全身撮影の提出が必要な職種は限定されます。
主に、航空会社の客室乗務員、化粧品会社などの美容部員、警備会社の特定の警備員、マスコミのなかのアナウンサーなどです。

そこで皆様は、応募要項のなかで「全身が写った写真」という記載をみて、「全身写真を撮影しなきゃ!」と思って、当店を含めた写真スタジオに問い合わせをされるわけです。
それは、正しいことなのかもしれません。しかし、この記事を読んでいるお客様はあまり考えないかもしれませんが、「なぜ、全身写真が必要なのか?」ということを考えたことがありますか?

写真スタジオもたくさんありますが、「どうして、提出先が全身写真を必要としているのか」という目的を考えて撮影しているカメラマンはそんな多くはないかもしれません。
しかし、その目的がはっきりとわかっていないと、写真撮影をするときも、撮り方が違ってくると思います。

たとえば、皆様がおもてなしを受ける側だとします。そのときに、いかつい雰囲気の身だしなみの悪い人に応対されたいですか?それとも、やわらかな雰囲気の身だしなみのきちんとした人に応対されたいですか?
極端なお話なんですが、おそらく、皆様は後者の「やわらかな雰囲気の身だしなみのきちんとした人」に応対されたいはずです。

では、どうして全身写真が必要なのか。
その人の全体像がおもてなし(サービス)の一環となっている職業は、顔だけではなくて、スタイルや体格、全体の雰囲気を重要視します。
いろいろある職業の中の、「客室乗務員」を例にとりますと、女性の場合も男性の場合も、あるままの状態で見せるのであれば、やはりスタイルがよく見える撮り方というものがあるんです。
そして、初めてのお客様でも大丈夫なように、カメラマンが「全身撮影できれい見える立ち方」というものも指導させていただきます。
これが、他の写真スタジオの客室乗務員の撮影例を見てみると、<立っているだけ>という全身写真も多いのです。全身写真には変わりはありませんが、提出書類としての全身写真の目的まで考えられている写真とは言いがたいです。

弊社は、大学向けに開催されていたANAさんの客室乗務員セミナーでも撮影を担当させていただいた経験がございますが、全身が写っていればよいのではなく、同じ写すのであれば、フォーマルの雰囲気で面接官の方に「いい雰囲気の方ですね」と思ってもらう必要があるんです。

ただ写っているだけ、では駄目なんです。たとえば、小論文試験の答案も埋まっているだけでは駄目なのと同じです。

先日、過去に当スタジオで新卒で客室乗務員に内定をした後、何年か勤め、転職で別の航空会社に転職をされる方が再度来店されました。
そのときに伺ったお話で「面接官に、どこでこの写真を撮影したのかを尋ねられ、リクルートフォトスタジオさんです、と答えたら、あぁ。なるほど!●●さんの雰囲気が良く出ていていい写真ですね」と言われたそうです。
もちろん、その後、客室乗務員としてのキャリアを歩むことになったのは言うまでもありません。

こちらの写真の方も、派手さはありませんが、雰囲気がよいと思いませんか?

エアライン・CA・客室乗務員の全身写真撮影

皆様のご予約を心よりお待ちしております。
なお、全身撮影が必要な場合は、必ず「エアラインCAアナウンサープラン」でお申し込みください。
こちらのプランでは、全身撮影のみの場合でも、全身+バストアップ撮影でも対応いたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
【証明写真の撮られ方のポイント】

皆様、こんばんは。
本日、書類選考通過で面接に進みました、とご連絡をいただきました中央大学のお客様、頑張ってください。

さて、今日は、就職用の証明写真の撮られ方のポイントについて、簡単に触れたいと思います。

まずは、大きなポイントが3つあります。

(1)「なりたい自分」になって、撮られる
(2)心持ちを保っておく
(3)けっして、美しく写ろうと思ってはいけない

簡単にご説明します。

【「なりたい自分」になって、撮られる】
これは、写真だけではないのです。お客様が、書類選考を通過し、面接にいかれたときに、将来自分がこうありたいという姿であるのがベストです。
たとえば、接客の多い業界を志望でしたら、暗い顔をしていたら、印象は悪く持たれがちだと思います。
そうかといえば、自分の性格が几帳面で冷静な方は、しっかりとした顔をつきであれば、その人の持つ本来の味と写真がマッチすれば、好印象です。
なにも、口角を大きく上げている必要はないと思います。
就活雑誌などの就活生の証明写真は、ほとんどが広告用のモデルさんですから、大きく口角が上がっていますが、その必要は必ずしもないのです。

ただ、どちらにしても、「印象が良い」と思われることは大切だと皆様の思っていらっしゃることでしょう。
採用担当者が自己PR・志望動機の本文を読み、キリッと締まった落ち着きのある写真をぱっと見て、その双方が整合性が取れていた場合、「冷静な雰囲気で、裡に秘めた意欲も感じられるし、この方だったら、当社の法人営業マンとして大きな金額を動かすことを任せられるかもしれない」と採用担当は思うはずです。
逆に、普段から冷静な雰囲気の方なのに、「私は誰とでもすぐに打ち解けることができて、いつも笑顔で明るいです」といった内容で、写真も大きく口角をあげているものの、実際の本人の姿が違っていれば、印象は悪くなります。

「なりたい自分」というのは、今の自分から見て、無理をし過ぎない程度に実現できそうな雰囲気をつくってゆくべきだと思います。
そのためには毎日、その気になって、鏡を見て、身だしなみから顔の表情をチェックしてゆくべきです。
「この表情だったら、私のベストな表情だ」というのを鏡で見て見つけて、その表情がすぐにできるようになると良いです。
毎日続けるということは、ほんの数ヶ月の間でも、とても効果のあることだと思います。逆に申し上げるのであれば、毎日続けるということは、かなり難しいと思います。

インターンシップを行っている企業が多くなったとはいえ、採用担当者とお客様は、限られた情報量の書類と、限られた時間の面接で、折り合いをつけてゆくわけです。
情報が的確であり、双方が「納得できる」と思う確率が高くなればなるほど、内定への確率も高くなるでしょう。
情報は、できるだけ正確に伝えることが重要です。

ですから、あまり大きく無理をせずに「なりたい自分」を意識しているだけでも、表情は違ってきます。
当スタジオのカメラマンも、お客様との限られた時間のなかでいろいろとお話もします。そして、できるだけ様々な表情を撮りたいと思っています。その表情から、「なりたい自分」の1カットを是非選んでください。

「心持ちを保っておく」
これは前述の「なりたい自分」とも関連します。
心が、為替相場のように乱高下しますと、やはり表情も安定しません。
やる気を出そうとおもって、無茶をすると、わざとらしい表情になったり、見る人も「ちょっと、背伸びをしているな」という印象を持たれかねません。
不安なお気持ちはお察しいたしますが、ほぼすべての人が多少なりとも不安な気持ちは持っていますから、あまりに落ち込んだり、あまりにやる気だけが突出していると、それが表情に「焦り」として写ります。
ですから、撮影のときは、それほどに意気込まなくてもよいと思います。

「けっして、美しく写ろうと思ってはいけない」
この時期に多くなるのは、女性の方は色白の方は特に黒子(ほくろ)が多いので、「この黒子無くせますか?」といった内容や、男性の方でも「片方が二重で、もう片目が一重ですが、両方とも二重にできませんか?」といった細かな点が気になる方が多くなってまいります。
しかも、当スタジオのカメラは、解像度を落として撮影をしても、それでも高解像度なので、撮影直後は髪の毛の一本一本や黒子のこまかな点まで写ります。しかし、Web提出のES写真データはその何十分の1の解像度になりますし、4x3の証明写真プリントも顔が小さいですから、一重か二重かなどといったところまで、ほぼ気にならなくなると思います。
ましてや、仮に、一重だから書類選考落ち、黒子があるから書類選考落ち、という企業があるのだとしたら、そんな企業に行きたいと思いますか?

不安なので、できるだけ自分をよく見せたいというお客様のお気持ちは十分に理解していますが、それらはご自身の本来の印象をよく見せることと大きくかけ離れているように感じます。
見た目に美しくある必要はそれに越したことはありませんが、背伸びをしすぎてしまうのは、やめたほうがよいと筆者は思います。
もちろん、お客様のご要望は最大限にお写真に反映させてゆきたいと思っております。
「印象が良い」というのは、「美しくある」ということだけではありません。外見的に美男美女だからといって、印象がよいのではないということは、お客様のまわりにいらっしゃる方を見てもお分かりだと思います。

就職活動の証明写真は当スタジオにお任せください。

皆様の撮影のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share