向ヶ丘遊園 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


【3月就活解禁】行きたい志望企業に提出する就活証明写真はしっかりと専門スタジオで。広角な視点、マクロな視点で物事を考えてみては。

皆様、3月の就活解禁(経団連指針に従うエントリー受付開始)も目前に迫ってまいりました。
毎日、いかがお過ごしでしょうか。

埼玉県上尾市、鴻巣市、山形県山梨市、千葉県市川市、神奈川県小田原市、鎌倉市などの遠方のお客様をはじめ、都内各地、神奈川、埼玉、千葉からも多くの就活生のお客様がご利用されております。
スタッフも多くても3~4名で運営しております。申し訳ございませんが、なかなかすぐに電話に出られないこともございます。ご迷惑をおかけしますがご了承くださいませ。

早稲田大学、慶應義塾大学、成蹊大学、日本女子大学、産業能率大学、駒澤大学、日本大学、東海大学、国士館大学、法政大学、明治大学、専修大学、千葉大学、首都大学東京、埼玉大学、女子美術大学、東京大学、駒沢女子大学、日本大学他多くの学生様お疲れ様でした。

さて、本日はまず、「目」についてお話したいと思います。
俗に言う「三白眼」を気にされているお客様が多い時期です。写真撮影や面接に備えて、ご自身の顔や写真を良く見る機会も増えているのだと思います。
多く方は、黒目の上のほうにあるので、「目つきが悪く見える」ということを心配されていますが、写真においては、その度合いのバランスが大切だと思っています。
少し目線をずらして撮影をしたり、すこし目の開き方を変えて、カメラマンが撮影してまいります。すべての方ではありませんが、ほとんどの方がそれで満足されているようです。
あと、斜視の方も、カメラマンが見ればすぐに気づきますが、できればご遠慮なく撮影前にカルテにご記入いただくとよいと思います。
スタッフ一同、ベストな状態でお写真をお作りしたいと思っています。

次に、これから3月に入るとリクルートフォトスタジオで撮影される方が、非常に多くなってきます。
今の段階でも、3月からの緊張感からかピリピリしているだろうと推察される方も、お見受けいたします。

過去にこんなことがございました。
撮影している方が、人気の旅行業界勤務で転職を希望されている方でした。仮にAさんとします。1、2年勤めたくらいの方でした。その直後に、新卒の方でAさんと同じ会社に入社を希望されていた方で、願いが叶わなかった方がいらっしゃいました。Bさんとします。
新卒予定の方(Bさん)は、「どうしても私はその会社に入りたかったんです」と仰っておられ、終始浮かない表情をされていました。

そこで、筆者は思いました。
撮影側からしましたら、理由はどうであれ、辞めていく人もいますし、入りたい人もいるわけです。どの会社でもいえることだと思います。
おそらく、Aさんも新卒のときは、わかりませんが、入りたいと思って入社したはずです。
ただ、なんらかミスマッチが生じて、何年後かに転職をするわけです。捉え方によっては、その会社ではたらいたという経歴にはなりますが、年数は少ないわけです。
Bさんとしたら、気持ちを切り替えるのはなかなか簡単ではないのかもしれませんが、ひょっとしたら、もしその会社に内定して入社しても、実はほんとうはマッチしなかったのかもしれません。
お互いがマッチして入社しても、Aさんのようなことも、起こってきます。しかも、歳月がすすめば、働く側のご本人も変化しますし、会社の経営環境や組織も変化します。
Bさんは、落ち込んでいるときは、カメラのレンズで言うと、近くを拡大して写すことのできる「マクロレンズ」で物事を見てしまうのだろうと思いながら、お話をお聞きしておりました。
自分に降りかかった事実であったり、直近の悲しみや悔しさだったり。でも、カメラには「広角レンズ」というものもございます。カタチは歪みますが、広範囲に写すことのできるレンズです。
物事も、ぼんやりしていても、ちょっと広い視点でみると、がらっと世界も変わるかもしれません。
環境の変化にうまく適応していくのも、大切な就活を乗り切っていく術だと思います。
いくら頑張って会社訪問や説明会に出ても、すべての企業をまわることなんて到底無理ですし、あなたの知らないところで、とても素敵な企業との出会いがきっと待っていると思います。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
各大学の体育会系や同じゼミのお客様にも多数ご来店いただいています。早稲田大学、専修大学、法政大学、大妻女子大学、実践女子大学、神奈川大学、関東学院大学、成城大学、成蹊大学、日本大学、武蔵野大学、東京女子大学、東京電機大学、東京経済大学のお客様お疲れ様でした。

皆様、こんばんは。

リクルートフォトスタジオでは、体育会系の方にもたくさんご利用いただいています。
筆者が見ていて思うことは、体育会系の方は、個人差はありますが、しっかりとして硬派な方が多いです。
返事がしっかりしていて、横のつながりもしっかりしています。一度撮影をして、気に入っていただけたら、部の同僚で証明写真をどこで撮ろうかと悩んでいる人を呼んできていただけます。
ですから、というわけではありませんが、撮る側としても、気が抜けないんです。ひとりひとり、きちんとお作りしないといけないと思っています。

筆者は、当スタジオにかかわっていただいたお客様とその周りの人も幸せになっていただきたいと思っています。
一日たくさんの人を撮影していますと、腰が痛くなるときもありますが、証明写真を通して、就活生の皆様のしあわせ作りの、ほんの一部かもしれませんが、お手伝いができればという想いでいっぱいです。
当スタジオのスタッフもみな同じ気持ちです。

本日は、専修大学の同じゼミのお客様がいらっしゃいました。お二方とも、身だしなみは100満点です。すばらしい見だしなみをキープしていただければ、これからは就活の大切な部分だけに注力できるはずです。
筆者も、社会人経験は20年ちょっとではございますが、さまざま企業のなかを知っています。スタッフレベルから上場企業の社長レベルまで、多くの方とこれまで接してきております。
大学生や専門生のお客様の視点で考えるときもございますが、アドバイスはビジネスシーンでのアドバイスも適宜させていただいております。

もうひとつ、当スタジオをご利用いただく方は、育ちがしっかりしている方が多いです。それはお会いをして少し話してみれば、100%ではありませんが、ほぼわかります。
あとは、これまで必死に自力で這い上がってきたような方もわかります。
就活証明写真を適当に済ませようという方は、当店のお客様は、ほぼ皆無ですから、スタッフ一同気を抜かないようにしています。

また、本日ご来店の、元CAのお客様。身だしなみやメイクは、すべての女性のお手本になるようなものでした。
筆者も、大変勉強させていただきました。経験を積まれてこられたお客様は、メイクや見だしなみだけではなくて、しぐさやお話の仕方にも気品が漂ってきます。

もちろん、当スタジオでも客室乗務員(CA)応募用の撮影も可能です。
全身撮影もできるスタジオですので、お気軽にお申し付けくださいませ。

各大学の学校指定履歴書にも対応しております。
玉川大学は7×5、大妻女子大学・昭和女子大学・文化学園大学は5×4のように、学校指定の履歴書で必ず提出する必要のある学生様にも対応しております。
一般に就活で使用される証明写真サイズ4x3だけではなく、学校指定の2サイズの証明写真を、お値段変わらずにお渡ししております。

是非、リクルートフォトスタジオをご利用くださいませ。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
質問にお答えします。就活証明写真の背景色って皆さんどうしてるんですか?】2月に入り予約も多くなっています。明治学院大、明治大、中央大、専修大、桜美林大、多摩美術大、早稲田大学、慶應義塾大学、江戸川大学、関東学院大学他の2020年卒予定の方お疲れ様でした。

皆様、こんばんは。
本日夜にご来店の明治大学の法学部のお客様。ヘアセット、メイクもご自身でまとめてきていらっしゃいましたが、とても清潔感がありました。
面接でもこの状態であれば、好印象ですので、キープしてくださいませ。

さて、本日は証明写真の背景色についてお話いたします。
たぶん、多くの方があまり気にされていないと思います。

筆者は、証明写真についての「都市伝説」、つまり根拠が曖昧・不明である噂がいくつかあると思っています。

そのひとつが証明写真のバックペーパー(背景紙)の色です。
通常、就職用で使用する写真は、ほとんどの場合は、「無背景」の証明写真であれば大丈夫です。(提出先から細かな写真規程がある場合は別です。特にエアラインやアナウンサーなど)
提出先の写真規程が「白色または明るい灰色か水色」となっていれば、ブラウンはだめです。

無背景とは、背景に余分なものが写っていないということが前提となります。ですので、色は何色でもよいのです。
ただし、一般的にはブルー系(ライトブルーもしくはブルー)、ホワイト、グレー、ブラウンのいずれかです。

都市伝説とは、たとえば「グレーであれば高級感がある」「かならずホワイトでなければだめ」といったようなお話です。
ホワイトであるのは、白黒コピーを取ったときに、顔が良く見えるといった伝説もあり、そこからさらに発展して、カラー写真よりもモノクロ写真でなければだめだといったようなお話もあります。
現に、昨年も、カラーで撮影をした後に、「モノクロで撮影できますか?」という方が1名いらっしゃいました。
提出先から、カラーではだめでモノクロで出しなさいと指示されていれば別ですが、それ以外はカラーが良いとおもいます。

結論から申しますと、新卒の就職活動用の証明写真の背景は、「ライトブルー」もしくは「ブルー」または「マリンブルー」をお勧めします。

それには、もちろん理由があります。

背景なんて関係ない、とおもっているそこのあなた。主人公も大切ですが、証明写真という小さい枠のなかの脇役も大切なんです!
リクルートフォトスタジオは、背景色に関しても、印象良く見せるということを計算して、背景色を取り揃えてご提案をしています。

就活証明写真の背景の色によっても印象が違ってきます。

就活証明写真の背景の色によっても印象が違ってきます。

※上のバックペーパーの後ろからライトを当てるので、実際には上の色よりはもっと明るくなります。ライトブルーの場合も色がさらに薄くなります。

ブルーの場合、人の肌(特に日本人は一般的に黄色人種です)の黄色の補色(反対の色)がブルーですから、お肌がきれいに見えます。かつ若々しさが際立ちます。
グレーの場合は、スタジオによっては「高級感を演出」と謳うところもございますが、人によっては「地味」に写ってしまう場合もありますので、人によってお勧めできない場合もあります。

他店では、「白」の背景しか用意していないスタジオもありますが、白も良いのですが、白なのにかなりグレーよりに写ってしまうスタジオもあります。そもそも背景色を選べないスタジオはあまりお勧めはしていません。
白一色しかないのは、お客様に合う他の色があっても架け替えられませんから、そのようなお店だと当店は思ってしまいます。

リクルートフォトスタジオでは、地味すぎず、派手すぎない、ライトブルーが一番人気ですし、スタジオとしてもおすすめしています。
大学撮影でも、弊社にご依頼いただく場合には、「ブルー系」という指定がある場合が多いです。大学の就職課の先生も熱心な大学は、やはり印象が良く見えるパターンを研究していらっしゃると思います。
全体の8割がブルー系です。他には女性の場合は、濃い目のブルー、男性・女性ともホワイトにする方もいらっしゃいます。
当スタジオはお客様のお姿を際立たせるために、バックペーパーの後ろから逆光でライティングをしていますので、細かなところでも雰囲気がよくなると思っております。

また他のスタジオでクロマキー背景(緑や青紺の背景)で撮影して、後で業務用の証明写真ソフトで背景を変えたりしますが、当社もそういうシステムは持っていますが、就職写真撮影では原則、おひとりおひとり背景の色を変える場合はバックペーパーをその度に架け替えています。
他スタジオのデータで当スタジオに持ち込むときにグリーンの方がいますが、クロマキーグリーンのままプリントするのはオススメいたしません。お気をつけてください。
他には、学校の出張撮影で「グレーのみ」の場合がありますが、グレーも悪くはありませんが、それよりもブルー系かホワイトをおすすめします。

お早目のご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
本日は遠いところですと、千葉県富津市からご来店いただきました。採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと確信しています。

皆様、こんばんは。リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

明日は、現在のところ残り1名~2名しか撮影ができない状況です。
もし、明日の撮影をご希望のお客様は、早めにWeb予約をいただければと思います。

本日は、千葉県富津市から女性の就活生のお客様にご来店いただきました。
製薬業界もしくは金融業界をご志望とのこと。少し緊張をしていたのかもしれませんが、撮影中はだんだん表情がよくなってきました。
修整後のお写真をご確認いただきました際に、満足されているような雰囲気でしたがいかがでしたでしょうか。

ところで、筆者が先日、行きつけの美容室の店長さんとお話をしていた内容をご紹介します。
そこの美容室はカットだけでも6000円しますが、稀に1000円カットの美容室か理容室に行きつけのお客様がいらっしゃるそうです。
そこで「髪を少し切ってそろえてもらいたのですが、1000円でできませんか?」と尋ねたのだそうです。

私もそのお話をお聞きして、証明写真と似ているな、と思いました。
1000円カットの理容室は、10分で全部できることを行って、その値段です。
ということは、10分で出来ることしかやらないんです。それで、お客様が満足するかしないかは、お客様によると思います。

それで満足しない人は、1時間で6000円の美容室でカットしてもらうわけです。もちろん美容室ですから、他にカラーやパーマもあるかもしれません。
たとえば、その1時間カット6000円の美容室が、10分で切ってくださいと、言われてもやらないでしょう。
10分でその美容室の品質が保てるかといえば保てないことになりますし、1時間のことを10分でできるのであれば、最初からそうしてるでしょう。

証明写真もそうなんです。BOX証明写真で8分で終わりました。900円でした。じゃあ、リクルートフォトスタジオで8分900円の就活証明写真をやってくださいというのが無理というのは、この記事を読んでいるお客様をわかるはずです。
街のチェーン店の写真屋さんでも、15分ちょっとで終わりました、というのも、頑張っても15分で出来るサービスで、その料金なんです。
リクルートフォトスタジオで撮影をすると、一番人気のリクルートフォトプランは、ご入店からお会計まで早くても40分、おおかた60分は見ていただきたいと思っています。
スタッフがどう頑張っても、それだけ時間がかかってしまうのです。その後、弊社の別事業所にデータが行き、プリントとデータ作成でお一人様大体15分~20分ほどかけています。
プリントでも若干の色合わせをしているので、何度も刷りなおしをしたりもします。そうしたら、工数でいいますとお一人様1時間30分の制作時間が必要で、その料金となります。

ものすごく急いでいて、あまり品質も気にしない、という方は、そのような方に限って、ドタキャンの方もいらっしゃいますので、はじめから近くのチェーン店でさっと撮影されるとベストです。

就職活動ではさまざまな応募書類やツールが必要になりますが、採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと、私たちは確信しています。
特に、難関企業や採用枠の少ない企業は、競争が激しいです。たかが証明写真と思われるかもしれませんが、見るときはきちんと見ています。
筆者も、現在も仕事柄、大手企業の人事担当者とお話する機会がございますし、人事関係の仕事にかかわっていた事もあり、おそらくお客様が思う以上に、証明写真の大切さを知っているつもりです。

第三者的視点でのアドバイスも可能ですので、撮影時に気になることは、お尋ねください。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
2019年あけましておめでとうございます。さて、もう就活本番は目の前です。就活証明写真はリクルートフォトスタジオへご来店ください。

皆様、お久しぶりです。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

年末は30日まで営業、年始は4日から営業しておりますが、両日ともたくさんのお客様にご来店いただきました。
特に、年末は、「今年中に準備万端に写真を撮ってしまおう!」という賢いお客様が多かったように思います。

さて、就活を目前に控えた学生様、またそれを見守っているご両親の方、お正月はそれでも楽しく平和に過ごされましたでしょうか。
リクルートフォトスタジオへのご来店は、「友達からいいよと言われてきました!」「バイト先の先輩に勧められました!」「近所の娘さんが撮ったのを見て、うちもお願いします」という学生様やご両親のご友人からのご紹介でのご来店が非常に多いのです。
ですので、スタッフも下手な写真にならないように、万全を期してやらせていただいております。

特に、これまでは街中のボックス型の無人写真機で撮影してきた方も多いと思います。
本日も首都大学東京の大学院生のお客様との会話でもあったのですが「無人機だと1000円もない金額で撮れますが、顔がどうしてもいびつになってしまう。安いスタジオだと3000円前後で撮ってもらえるところもあるようだけれども、ちょっと不安」とのことでした。
この料金の違いは何かというと、一番大きなものは人件費≒技術料です。街のチェーン店の写真屋さんはアルバイト店員がお店を切り盛りして撮影もします。時給は1000円前後で、もちろん写真をずっと専業としているプロではないわけです。
そうでない方もいるかもしれませんが、大方はそうかと思いますよ。筆者も含めて、当社のカメラマンは、人を撮影する技術や技法を身につけおり、日々研究もしています。
筆者も広告撮影などでプロのモデルさんを撮る機会もあるのですが、証明写真の場合は、ほぼ皆様は被写体としては「素人」なわけです。カメラや写真、ライティングの技法だけではなく、その素人モデルさんの表情をうまく引き出してゆくというのもひとつの技術です。

ところで、皆様は、就職用の証明写真はなんのためにあるか考えたことがありますか?
その応募先の会社が必要だからこそ、提出する必要があるのです。当たり前だと思われがちですが、もし写真が必要ないというのであれば、「写真添付」「写真貼付」などの記載はないはずです(ごく僅かですが、そのような企業さんも現にあります)。

まずひとつは、その人が、会社や勤め先に入社した場合に、ビジネスとして通用する身だしなみや生活感を持っているかを確認します。
筆者がこれまで何万人という人のお顔と実物を見てきて思うことは、見た目にその人の生活感が出るのです。
整理整頓や時間にもだらしない人は、すべてとは言いませんが、多くの確率で見た目も細かなところでだらしなかったりします。
髪色も、ファッションで茶髪に染めるのは素敵ですが、かなり色を変えてしまうのには、自分に自信がなかったり、自分のことを見てほしいというある程度の心理的要因があるというのも心理学で統計的な数字として実証されています。
企業の人事の方も、それが仕事ですから、ぱっと見て、「この人は、こんな感じかな!」というのは、印象を持つわけです。(もちろん、料金内で茶髪を黒髪に修整できますので、ご要望のあるお客様はカメラマンにお申し付けください)
過度に印象を良くしすぎるのは禁物ですが、中身もその企業への志望度や志望動機もしっかりしているのに、印象という点でマイナス評価になってしまうのは本当に損です。

みなさまが、真剣にここまで証明写真を撮るのは、一生のうち1回か2回あるかないかです。新卒のときがその勝負ですから、いくら料金がお得だからいって安い証明写真は避けたほうが良いと思います。
料金が安ければ、多くの場合、皆様が安く写ります。就職活動中にも、「この証明写真で本当に良かったんだろうか?」という要らぬ心配も発生します。逆に、時間と精神的な余裕を奪われる結果になりかねません。
また、近くに写真屋があるからという理由や、都心で大きく宣伝しているからという理由でそのスタジオに行くのも良いのかもしれませんが、おかげさまでリクルートフォトスタジオは、埼玉や千葉、都心から、また地方の方もいらっしゃいます。そういう方の多くは、労を惜しむということがないので、就職活動もよい成果を得ているのではと思います。
時々、「自宅から少し遠いのでキャンセルしたいです」という方もいらっしゃいますが、採用選考においても、「ちょっとこの企業はどうかな?」と思ったら、自分を殺してまで選考を進めず、辞退したほうが良いかもしれません。企業も多額の経費を使って、貴重な皆様を採用しようとしています。だからこそ、難関企業や採用枠の狭いところを目指す熱心な学生様こそ、リクルートフォトスタジオに来ていただきたいと思っています。皆様を内定に近くするためにスタッフ一同、手間は惜しまずに本年も頑張りたいと思っております。

最後にですが、リクルートフォトスタジオでは、ヘアメイクオプションをつけてもつけなくても、撮影前に5分ほどお時間を頂戴して、お客様の着衣や髪型などをチェックして、写真うつりがよくなるように形を整えたり、少しの細工をしたりします。
次のその写真となります。
男女上下にそれぞれ写真がございますが、下がお客様に撮影席に座っていただいてすぐに撮った写真、上が整えた写真です。

就活証明写真のヘアセットと身だしなみ

男性の場合は、上の写真の方が、襟元シャツのラインや引き締まり具合がぴっちり締まって見えるはずです。
シャキッとして見えませんか?
女性の場合は、こちらはスキッパー襟(開襟シャツ)ですが、襟がきちんと左右そろって形もきれいに見えませんか?

どちらもかわらないじゃん!と思われる方は、それまでですが、このような細かなところを少しずつひとつずつ積み重ねていくと、全体としての写真のイメージは格段によくなります。

これから大学生の方は、試験期間に入ると思いますが、その間を縫って撮影予約を入れられるとベストです。
女性の方は、スーツのレンタルも無料で行っています。
例年1月下旬から3月いっぱいまで、当スタジオに限らずどこのスタジオも予約でいっぱいになります。
当スタジオの場合は、予約を受け付けたくても、無理に予約枠を広げたりすることもありませんので、ご予約が出来なくなる場合もございます。

お早目の皆様のご来店をお待ちしております。

撮影を希望される方は、下のリンクからWeb予約でのご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
就職証明写真の料金と品質の関係

就活中の皆様こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

本日は早稲田大学、日本大学、明治大学、専修大学、成城大学、上智大学、神奈川大学他のお客様にご来店いただきました。転職準備の方もいらっしゃっています。

師走に入りました。
さて、本日は、就活証明写真の料金と品質の関係についてお話したいと思います。

特に学生の皆さんは、「少しでも安く!」と思われている方も多いと思いますので、気になる話題ではないのでしょうか。

料金には法外でない限り、一般的にはそれなりの理由があると思います。
証明写真でも、本当に撮り切り(撮ってすぐに渡すだけ)の写真であれば、時間も工数(撮影にかける時間)もかかならないですから、安いんです。よく写真屋さんで目にする安い証明写真は修整のいらない資格試験や免許証の写真などは、その類です。毎年何人かはいらっしゃいますが、「友達の証明写真と比べたら、私の写真はまったく違って写りが悪い!」というお客様は、十中八九そういった昔で言うインスタント証明写真で撮影をした方です。証明写真BOXでも、第三者、つまり人に撮ってもらうわけではないので、人件費がかかりません。ですので、安いはずです。

では、就職用に専門で撮影しているスタジオは、どうなのか?
やはり、そういうところですと、相応の設備(カメラや大きなストロボ)、カメラマンやヘアメイクなどのスタッフの人件費、高度な技術料などが必要となるため、一般的には料金も高くなります。それは皆様でも想像するには難しくないことだと思います。

それでは、そういった就活専門の写真館でも、料金が違うのはどうしてか? その理由を考えてみたことのある人は、ほとんどいないでしょう。おそらく、料金とその内容(データが付いているか、すぐにもらえるか)で判断していると思います。ぱっと見はそれしかわからないですからね。

でも、じっくりと考えてみると、料金の違いには、理由があるんです。たとえば、カメラマンの質を低くしていたり(ほぼアルバイト初心者カメラマンであったり)、メイクつきとうたっていても簡単メイクであったり。そうでなくても、バケツリレー方式で行うことによって、メイクさんが終わったらカメラマン、カメラマンが終わったら次はレタッチャー(修整技術者)という形で、終わったら「この人が終わったから、はい、次の人!」の状態のお店もあります。それだけ、スタッフの人数が必要なので料金は上がるけれども、一貫して一人の人を撮影するわけではなく「流れ作業」になるため、質が落ちてしまう場合もあります。
さらに、都心の一等地ですと、スタジオの賃料も高くなり、質の料金よりも上乗せして、撮影料金がかかることになるのでしょう。

リクルートフォトスタジオでは、原則、お客様を撮影したカメラマンがレタッチを行い、お客様がお帰りなるまでサポートします。ですので、限られた時間ではありますが、お客様の性格や希望、顔の形やコンプレックスを把握できる時間が長く、それに対応してゆける確率も高くなります。ご満足いただいているのは、この点が一番大きいということを、多くの先輩からもお聞きしています。

次の写真を見てください。左が他の就活写真スタジオで撮影した写真、右がリクルートフォトスタジオで撮影をした写真です。ちなみに、撮影料金はほぼ変わりません。そして、右の写真はプリント枚数も変わりませんが、裁断されずにプリントが渡されてきたそうです。どちらもかわらないや!と思う方はそれでよし、でもほとんどの方は右の写真のほうが、きちんとして見えるはずです。

細かなところに気を配ると、 全体もしっかりして見える。 それが証明写真です。

 

そもそも、近くの写真屋さんで撮れればそれでよい!というお客様は、近くの写真屋さんで撮っていただければよいと思いますし、神奈川横浜、川崎、藤沢、小田原、海老名、東京ですと都心各地、多摩地区、千葉は千葉市内、富津や房総半島や九十九里方面、埼玉は大宮や上尾、熊谷あたりからも、普通にいらっしゃいます。大宮から来ていただいた方でも「それほど遠く感じませんでした!」というお客様もいれば、すぐ近くの調布の方から電話で「遠いのでキャンセルしたいです」という方もいらっしゃいます。人によって、感じ方も千差万別ですが、これは、やる気の度合いも千差万別だということだと思います。

同じ商品、たとえば、「明治牛乳」がとあるスーパーでは、100円で売っていたとします。でも、違う陳列棚で70円になっていました。皆さんはどちらを買いますか?
どちらも「明治牛乳」であることには変わりないですから、金額だけを考えている人であれば、70円のほうを買うに決まっていますよね? でもちょっと待ってください。同じもので、金額がちがうのは、理由があるからだと思いませんか? よく見ると、70円のほうは、消費期限が明日まで、100円のほうは5日後までだったりするのではないでしょうか? そうした場合、3日後の牛乳の消費を考えている人は、100円を選ぶ人も多いのではないでしょうか? 金額にはそれなりの理由があるんです。

ましてや、証明写真は、お店によって「ここまで違うのか!」というほど、作風と申しますか、雰囲気ががらっと変わってきます。
12月は年末のリクルートフォトスタジオは営業しておりますので、ぜひ、しっかりとした就活準備を進めるなかで、当スタジオにお越しいただき、きちんとした写真を準備して、来る年を迎えられてはいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしております。

撮影を希望される方は、下のリンクからWeb予約でのご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
好印象な就活証明写真の表情について

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
もう11月も後半ですが、就活生の皆様、いかがおすごしでしょうか?
前回の連休あたりは、大学生の方は学園祭シーズンだったと思いますが、楽しまれましたでしょうか。

本日は、明治大学の大学院のお客様、法政大学のお客様、早稲田大学のお客様、慶應義塾大学のお客様、日本大学のお客様他、就活をこれからしっかりはじめようとしている学生様を中心にご来店いただいています。

さて、本日は就職活動の証明写真撮影で、他の就活生や、これまでの先輩がどのような表情をして、写真を撮られているのかについて、ご紹介したいと思います。
皆様がよく目にする就職活動の証明写真のイメージは、少し口角をあげて微笑みの表情かと思います。
スマホでインターネットのホームページ、写真館や写真スタジオ、就職情報サイトの証明写真を見ても、ほぼニッコリしているのではないでしょうか?
実は、気をつけてください。お客様が目にしているのは、そういったスタジオや就職サイトの「広告」なんです。
そういった広告では、むっすりしている表情ばかり並んでいては、そこのスタジオには誰も行かないと思います。やっぱり、見ていて気持ちよいのは、笑顔なんです。
リクルートフォトスタジオを運営している親の会社も、広告撮影会社ですし、カメラマンも広告撮影出身のカメラマンだからこそ言えることですが、笑顔が良いのは基本ですが、実際の証明写真ではお客様それぞれの性格や日常の表情があります。

たとえば、接客が好きでアルバイトでは居酒屋さんやケーキ屋さんで働いている学生さんは、いろんな人と接しているので表情がうまく作れる方が多いんです。
そういった場合、ご本人は表情を「作っている」という気はほとんどないと思いますが、良い表情が自然と作れる場合が多いです。
逆に、もともとの性格で寡黙な方、あまり多く笑わない学生さんもいらっしゃいます。そういう方が、表情をつくろうとすると、どちらかといえば不自然な雰囲気になります。
これは理由がありまして、顔には30以上の筋肉(ここではまとめて「表情筋」ということにします)があるのですが、使わない筋肉が多いと、こわばります。
プロのモデルさんや、接客を主にしているお仕事(たとえば、客室乗務員の人)は、そういう表情を作るために、表情筋を動かす訓練をしています。

以前に、弊社は全日空様が大学向けに開催をしている客室乗務員セミナーの証明写真撮影担当をしておりましたが、そのセミナーでも表情の作り方、笑顔を作り方の訓練のコマがありました。
そこでは、オムロンのスマイルスキャンという笑顔測定器を使って、笑顔の度合いの測定をしていました。

ですから、元からあまり笑顔を出さない人は、無理に口角を上げる必要もなく、いつも自分の表情にして、そこで生き生きとした表情を捉えてゆくのが、われわれカメラマンの使命です。
よく笑顔が似合う方でも、下手に口角を上げすぎると、ふざけて見えてしまう場合もございますし、人それぞれにベストな表情は違うものなのです。

ですから、一様に笑顔でいる必要はございません。とくに、男性で研究職などに就く予定の方などは、落ちついた表情のほうが、より理知的に採用担当者に映ります。

巷の噂や、記事に惑わされずに、しっかりと自分をもってスタジオにいらしてください。
お客様のご要望を出来る限りお聞きして、しっかりとした就活証明写真を撮りたいと思っています。

また女性のお客様でナチュラルメイクを決めたい方は、フルメイク&ヘアセットをしていただけるとベストです。
男性は、出来る限り、散髪をしてきてください。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
秋のインターン。準備の早い就活生のご来店が目立っています!

就職活動中の皆様、転職活動中の皆様、しばらく更新が空いてしまいました。
いかがお過ごしでしょうか。

本日は、慶應義塾大学、専修大学、玉川大学、成城大学、明治大学、日本大学、早稲田大学、東京大学、北海道大学他のお客様にご来店いただきました。

道を歩いていると、金木犀の花の香りも漂い、すっかり秋の陽気になりました。
ですが、台風の季節でもあります。涼しくなったかと思ったら、急に蒸し暑くなったりと、体調を崩しやすいので、体調管理には充分お気をつけください。
スタッフも健康管理万全で、皆様を元気にお迎えしたいと思っています!

さて、この時期は、秋のインターンで力を入れていこうという大学3年生のお客様、そして短大生のお客様、また転職を積極的に進めているお客様が均等にいらっしゃいます。
本日の慶大文学部のお客様もそうでしたが、サークルや部活で夏は忙しくて、インターンに参加できなかったので、秋からしっかりやろうという人もいらっしゃいます。
まだ、この時期であれば、遅いということはありません(一部業界は早めのところもございますが)。
特に航空業界を志望されている方、当社もANAさんの客室乗務員セミナーに撮る側としてご協力させていただいたこともございます。
就職写真の面では、任せていただければと思っています。逆に、就活生の方は、証明写真のことは雑誌や就活のWEBで見たり聞いたりしていますが、それらの情報がすべて正しいとも限りません。
私どもが、これまで多くの企業様と接触した中の実際の経験で、写真づくりをしています。

また、この時期に内定で追加のサイズ変更の焼き増しをご注文いただきました、調布市の明治大学のお客様。おめでとうございます!
どんなサイズでも焼き増しできますし、正午までのご注文完了で、原則翌日に写真がご自宅に届くので、神奈川はもちろん、都内、千葉、埼玉、群馬、山梨他、全国各地からもご来店いただいております。

新卒後5、6年経った若手の転職志望のお客様も多いです。5、6年前といえば、まだ氷河期で、どこの企業・業界を選ぶという前に、内定を得るということだけでも難しい時代でした。
もちろん、今も就職活動が簡単になったわけではありませんが、求人が増えているということで、少しは状況も変わってきていると筆者は感じます。
この機会を逃さずに、バッチリの証明写真で、あなたの印象を企業にぶつけてみてください。

一般の就活生は、近い場所、安いスタジオに向かってしまいますが、当スタジオにいらっしゃる方は、一味ふた味違います。
必然的に、就活力のある方が、当スタジオにいらっしゃるのです。意識が高く、お金の使い方も良くわかっている学生様が多いです。
とりあえず、すぐにあるスタジオで写真を撮ってもらうというのは、とりあえずどこでもいいから就職先を決めるようなものです。
当店でも、他店スタジオからの撮り直しでご来店された方は、無駄にお金を使ってしまうことになります。はじめから、当店にいらっしゃれば、というお話です。どこでもいいから就職した人は、満足できず、やっぱり転職活動をする確率も高いと思います。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【後悔しない就活証明写真の基礎知識】証明写真プリント編:先週は、転職活動中の方、客室乗務員志望の方、専修大学・日本女子大学・法政大学・首都大学東京・成城大学・上智大学他のインターン生のお客様にご来店いただきました。

就活生・転職活動中の皆様、いかがお過ごしですか?

先週は、転職活動中の方、客室乗務員志望の方、専修大学・日本女子大学・法政大学・首都大学東京・成城大学・上智大学他のインターン生のお客様にご来店いただきました。
遠方からもご来店いただきましてありがとうございます。

今日は、お客様からよくある質問のひとつ。そしてこういった質問をしない方は、知らないので他のスタジオで写真を受け取った後に後悔するであろう、内容です。
なにかと申しますと、証明写真のカットのお話です。

よく、就職活動向けに宣伝しているスタジオのなかには、この値段で込み込み○○円!というキャッチコピーが目に入ってきます。
そこで、証明写真のプリントに目を向けると、なかには「24枚無料!」「すぐにお渡し!」などと、心くすぐられる内容が書かれているのです。
しかし、そういった場合に、注意しなければならないのは、その証明写真プリントがどういう形で、皆様に渡されているかということです。

すべてではないのでしょうが、当店に他店からの再撮影でご来店いただいた方からよく耳にするのが、「他の○○のスタジオでは、証明写真を自分で切らなければならず、とても面倒でした!」ということなんです。
たとえば、2L判(写真のサイズ)シートに8つの証明写真部分がプリントされているのを、3枚お客様に渡すわけです。あとは、自分で切ってくださいと。
だからすぐにお渡しなんです 笑 面倒なことはお客様のほうでやってくださいよ、と。

ボックスの証明写真ならばわからないでもないですが、証明写真のふちにバリをつけずに、4x3の正確な長方形に24枚をカッターナイフで切るという作業は、面倒くさい、時間がかかる、きれいに仕上がらない、失敗したら使えない、という悪いことだらけなのです。筆者も、カッターナイフで証明写真を切ってくださいといわれたら、いくら裁断のための補助線がついていても自信がありませんし、筆者でもそれほどきれいに早く切れないのは確実です。
当スタジオでは、多額の投資をして、証明写真専用の裁断機を導入し、写真を金型にはめて、刳り貫いて裁断しているわけです。
これは、お客様が写真を受け取った後、企業への応募作業がしやすいように、かつ、せっかくきれいに撮った写真を、きれいな裁断面で履歴書に貼り付けてもらいたいという思いから手を抜かずにやっていることです。第一志望の企業に、少し曲がったような証明写真を貼ったとしても、受け取った採用側担当者も、きれいなほうが気持ちよいと思うんです。

ちなみに当スタジオは、どのプランでも、すべての証明写真プリントはカット済みですので、プランを問わずにご安心ください。

ですから、そういった、就活生がわからないような証明写真プリントのポイントがあるんですが、同じ「24枚」といっても、上面(うわつら)の料金だけではなく内容も見ていただきたく思います。
結局のところ、安かったりするお店にはそれなりの理由があるんです。

当スタジオでは、撮影はすべて就活証明写真に精通したプロのカメラマンがお客様のすべてを担当させていただきます。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【近くの写真屋さんで本当に大丈夫ですか?】マスコミ志望のお客様のご来店他。試験後で、サマーインターン用の撮影が多くなっています。

皆様こんばんは。
マスコミ応募の方もいらっしゃいます。
応募先から、写真の細かな指定や表情や、お題目がある会社もありますが、気兼ねせずにご相談ください!
大学3年生の方は、そろそろ試験も終わって、夏休みですね!
本日いらっしゃいました法政大学のお客様も試験が終わったばかりとのことでした。
インターンに参加する方も多いと思います。

ずばり申し上げますと、一般的に多くの方がインターン用の写真って、本番の冬場よりも力を入れていません。
力を入れていないというのは、手身近に撮った写真を使っているということです。
これは、良い悪いじゃないんですが、この記事を見た方は、プラスになる話題だと思います。
このホームページを見ても、「ちょっと遠いな」「もっと安いところないかな?」それで、辞めていく人も多いのですが、それが一般の大多数だと思ってください。

当社は、企業での社長さんや役員のポートレート撮影、社員証写真、学校への出張撮影なども行っています。また、提携先の人材会社の方ともいろいろとお話をお聞きする機会が多くあります。
そうしたところで、インターンの写真について人事の方に世間話として尋ねたことがあります。
かなりの大企業ですから「どんな感じの写真なんですか?」といった具合です。
たら、人事の方が「ちゃんと撮っていなくて、アルバイトにでも応募するような感じだと、真剣さが期待できない場合もあります」ということでした。
当スタジオにいらっしゃる方は、そういう心配はなく、それどころか、インターシップにおいても印象としては他よりも抜きん出ることができると思っています。
逆に、「安い写真屋さん」「近い写真屋さん」をお探しの方は、そういうところにいかれたほうが良いと思います。
気持ちがそういう方は、面白いことに表情も良くないんです。

この記事を読んでいる方も、会社選びは「近いところでさっと決めちゃえ!」「私の写真をお安く撮ってくれませんか?」と自分の価値を下げないでくださいね。
ちょっと大げさな言い方かもしれないんですが、毎年の多くの就活生を見ているんです。けっこう当たっていると思いますよ。

当スタジオの撮影は、リクルートフォトプランの場合は、撮影開始から終了まで、大体1時間の貴重なお時間を頂戴しています。
スタッフが、身だしなみから髪の毛位置までしっかりとチェックをしながら、撮影をしてゆきます。撮影途中で、髪型が動いても直してゆきます。「はい、とりまーす」「はい、終了です」というよくある撮影ではないんです。

ご子息ご令嬢の写真を心配しているお父様お母様方。スタジオでの同伴ももちろん可能です。そういったお客様も多いです。
セレクトのときは、ご一緒に選んでいただくことも可能です。

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share