国立 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


一橋大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内

2020年卒 一橋大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内

2020年2月29日撮影分まで有効

一橋大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内
証明写真撮影のご予約は下の予約カレンダーより承ります

こちらは一橋大学在学生様限定の就活証明写真割引優待撮影のご案内です。撮影時にこのページのプリントか学生証を提示してください。

名門一橋から昨年、一昨年たくさんの先輩にご利用いただきました。
金融志望のお客様多いように見受けられます。
派手ではないけれども、知性あるお写真にできればと思っています。

その後に「焼き増し」が必要になった場合でも、スマホから焼き増し注文、最短翌日配達です(ネットだけで注文可能)。

学内撮影会よりも断然お得!

毎年、流れ作業の都心のスタジオで撮影をして、再撮影でご来店の学生様がいらっしゃいますが、初めからリクルートフォトスタジオで撮影すれば、時間もお金も気苦労も節約できるかもしれません。

証明写真撮影を予約する場合は、下の予約カレンダーから撮影予約をしてください。
各プランの詳細や料金については、「撮影料金」ページをご確認ください。

証明写真撮影予約カレンダー

○・・・予約可、△・・・予約残数僅か ×・・・満杯

当スタジオでは、以下の各種整髪用品を常備しております。また平日の一部でヘアメイク対応可脳です(対応日は、本HPのヘアメイク対応カレンダーをご確認ください。

【男性】コーム、ヘアブラシ、ワックス、あぶらとり紙など
【女性】コーム、ヘアブラシ、ワックス、ヘアドライヤー、ストレートアイロン、カールアップアイロン、各種ヘアピン、髪結びゴム、後れ毛止め、ヘアスプレー、化粧用コットンなど
証明写真ヴィダルサスーン社就活用ヘアセット用品常設店舗

Share
【意外とできない人が多い、就活前の基本】富山大学、明治大学、社会人のお客様、某大学教授就任予定のお客様、中央大学、専修大学、神奈川大学、早稲田大学の就活生の方、お疲れ様でした

土曜日です。
少し寒い日が続いておりますが、皆様お体を壊さないように大事になさってくださいませ。

本日は、富山から富山大学、明治大学、中央大学、専修大学、神奈川大学、早稲田大学のお客様、お疲れ様でした。
また、転職予定の方、公務員転職の方、某大学教授就任予定のお客様のお写真も撮影いたしました。

富山大学のお客様、本日は遠いところありがとうございました。
当スタジオは首都圏のみならず、地方からも直接ご来店いただいております。

就活証明写真で首都圏のみならず地方からもご来店いただいております

男性のお客様で、ボックス型証明写真を使ったものの、髭が気になるとのことで、ヘア&ポイントメイクで髭を目立たなくいたしました。
男性の方は、「ポイントメイク」というと抵抗があるかもしれませんが、髭やニキビなどを目立たなくしてゆくことも可能です。ヘアメイク出勤時は、オプションのご予約のない方でも、ヘア&メイクオプションをつけていただくことも可能ですので、お気軽にお申し付けください。
ヘアメイクがいない日でも、修整である程度は目立たなくできますので、ご指示くださいませ。

また、男性の方はネクタイの貸出や、女性の方はスーツ(S,M,L)サイズの貸し出しを無料で行っています。(女性のカッターシャツも有料となりますが貸出可能です)。男性の方のスーツはございませんのでご了承ください。

さて、本日は、就職活動で大切にすべきことのひとつをお話したいと思います。
筆者も、採用の書類選考から、面接まで、実際に立ち会ったこともあり、その経験を踏まえてのお話となります。

実は、「当たり前」と思われている、または思っていることを、本当にきちんとしているかどうかの確認をしてみてください。

その、当たり前とは、「時間を守る」ということ「連絡をする」ということ、「自分の身だしなみを自分で確認する」ということです。

①「時間を守る」
たとえば、企業の説明会が1時開始で、12時半に開場であったとしたら、12時15分には必ず会場の受付に着くようにしてください。5分前、10分前といわれますが、世の中すべて自分の思うとおりには動きません!
列車も遅延しますし、タクシーを使っても渋滞するかもしれません。初めての場所だったら、駅前なのに迷ってしまう可能性もあります。
遅くても15分前であれば安心です。できれば、早ければ早いほうがよいです。一度、場所を確かめて、その近辺の喫茶店で待つくらいが安心です。

外で待って、5分前に受付に行けばよいのですから、あなた自身が焦ることがなくなります。早めの時間に、お手洗いにいって、身だしなみを確認することも可能です。
天候や交通事情で遅れるようであることが予測できたり、本当に大切なイベントの場合は30分~1時間早く到着していても損はありません。
意外に、多いんです、時間を守れない人。
「すみません、渋滞のせいで遅れてしまいました」というのは、言い訳にはならないです。
そのような不測の事態を予測して行動することも、ひとつの能力です。その会社に入社して、とても大切な取引の際に、「すみません、遅れてしまいました」というのはあっていけないことです。
面接もそうです。日ごろの小さなお約束を守るというのも同じだと思います。
自己分析や志望動機がはっきりしていても、そこができていない人は、お話になりません。

②「連絡をする」
たとえば、①の時間にどうしても間に合わなかったりすることもあるかもしれません。筆者からみれば、遅れる時点で、失格に等しいのですが、遅れると分かった時点で、必ず相手先に連絡をしてください。
メールは相手が見ていない可能性もありますから、自分も相手も一番安心するのは、電話です。その場で確認ができますから。「○○分遅れます」ということを伝えてください。
遅れることは、それ自体がよくはないのですが、連絡をすれば、相手も心配して待たずに時間をつくることができます。
相手先が忙しいことを配慮するのであれば、メールでのかまいませんが、メールをすぐに見ない可能性もあります。
約束の時間までに連絡をしないということは、「来ない」ということと同じです。
当スタジオのご予約でも、時々いらっしゃいます。予約はしたけれども、連絡もなにもなく、お約束の時間にいらっしゃらない方もいます。突然の予定や体調が悪ければ、その時点でキャンセルのご連絡をするべきだと筆者は考えます。
結果としては、そのようなルーズな方は当スタジオでは撮影をしないので、人としての基礎がしっかりした方が多く、志望どおりに内定する学生様が多いのかもしれません。

③「自分の身だしなみを自分で確認する」
これは、たとえば、説明会やGDで、他の人の身だしなみをまず確認してみてください。
他の人は本当にきちんとできていますでしょうか?
男性の場合は、ネクタイがしっかりと締まっているか、女性の場合は、髪の毛が目にかかっていつも触ったりしていないか。
シャツはよれていないかなど。他の人の悪いところを見つけてみてください。
そこで、終わってしまってはなりません。
その「悪い」と思ったところを、自分自身では行わないようにしてください。

こういうときは、他の人たちの良い点ばかりが目に付きます。
2月、3月、グループ面接で直前の人がとてもすばらしいことを言っていると、自分が途轍もなくできない人間に見えたりすることも人によってはあるかもしれません。
しかし、その人とあなたは別人ですから、人の良いところに自分を近づけようとか、その良いところが自分になくても良いのです。

その結果、自分の悪いところばかり気になる人も多いのですが、他の人を見て「自分だったらこれやらないほうがいいな」というところは必ずあります。
ですから、それだけは自分がしないようにしてください。
そのくらいの心の余裕は必要です。

よく見ると、身だしなみがきちんとしていない人は多いんです。男性は、散髪はしっかりとしてください。2ヶ月も伸ばした髪は絶対にNGです。
写真撮影では、スタッフが今の状態でベストになるように努力しますが、本番の面接では、頼れるのは自分しかありません。

筆者も、某有名上場会社の社長さんとたまたまトイレで一緒になったことがございますが、そのときはその方がプレゼンをする直前でした。その方は、かなりの時間をかけて、トイレの鏡に向かって自分を眺めていました。
上にいくほどのビジネスパーソンは多かれ少なかれ、自分が他からどう見られているのか、という意識をしっかりと持っています。
ですから、皆様も、自分の服装や身だしなみについては、トイレに行く度、発表や面接したり人の前に出る前は、必ず確認する癖をつけておくべきです。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
本日は遠いところですと、千葉県富津市からご来店いただきました。採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと確信しています。

皆様、こんばんは。リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

明日は、現在のところ残り1名~2名しか撮影ができない状況です。
もし、明日の撮影をご希望のお客様は、早めにWeb予約をいただければと思います。

本日は、千葉県富津市から女性の就活生のお客様にご来店いただきました。
製薬業界もしくは金融業界をご志望とのこと。少し緊張をしていたのかもしれませんが、撮影中はだんだん表情がよくなってきました。
修整後のお写真をご確認いただきました際に、満足されているような雰囲気でしたがいかがでしたでしょうか。

ところで、筆者が先日、行きつけの美容室の店長さんとお話をしていた内容をご紹介します。
そこの美容室はカットだけでも6000円しますが、稀に1000円カットの美容室か理容室に行きつけのお客様がいらっしゃるそうです。
そこで「髪を少し切ってそろえてもらいたのですが、1000円でできませんか?」と尋ねたのだそうです。

私もそのお話をお聞きして、証明写真と似ているな、と思いました。
1000円カットの理容室は、10分で全部できることを行って、その値段です。
ということは、10分で出来ることしかやらないんです。それで、お客様が満足するかしないかは、お客様によると思います。

それで満足しない人は、1時間で6000円の美容室でカットしてもらうわけです。もちろん美容室ですから、他にカラーやパーマもあるかもしれません。
たとえば、その1時間カット6000円の美容室が、10分で切ってくださいと、言われてもやらないでしょう。
10分でその美容室の品質が保てるかといえば保てないことになりますし、1時間のことを10分でできるのであれば、最初からそうしてるでしょう。

証明写真もそうなんです。BOX証明写真で8分で終わりました。900円でした。じゃあ、リクルートフォトスタジオで8分900円の就活証明写真をやってくださいというのが無理というのは、この記事を読んでいるお客様をわかるはずです。
街のチェーン店の写真屋さんでも、15分ちょっとで終わりました、というのも、頑張っても15分で出来るサービスで、その料金なんです。
リクルートフォトスタジオで撮影をすると、一番人気のリクルートフォトプランは、ご入店からお会計まで早くても40分、おおかた60分は見ていただきたいと思っています。
スタッフがどう頑張っても、それだけ時間がかかってしまうのです。その後、弊社の別事業所にデータが行き、プリントとデータ作成でお一人様大体15分~20分ほどかけています。
プリントでも若干の色合わせをしているので、何度も刷りなおしをしたりもします。そうしたら、工数でいいますとお一人様1時間30分の制作時間が必要で、その料金となります。

ものすごく急いでいて、あまり品質も気にしない、という方は、そのような方に限って、ドタキャンの方もいらっしゃいますので、はじめから近くのチェーン店でさっと撮影されるとベストです。

就職活動ではさまざまな応募書類やツールが必要になりますが、採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと、私たちは確信しています。
特に、難関企業や採用枠の少ない企業は、競争が激しいです。たかが証明写真と思われるかもしれませんが、見るときはきちんと見ています。
筆者も、現在も仕事柄、大手企業の人事担当者とお話する機会がございますし、人事関係の仕事にかかわっていた事もあり、おそらくお客様が思う以上に、証明写真の大切さを知っているつもりです。

第三者的視点でのアドバイスも可能ですので、撮影時に気になることは、お尋ねください。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【質問にお答えします。就活証明写真の背景色って皆さんどうしてるんですか?】明治学院大、中央大、専修大、首都大学東京、桜美林大、多摩美術大、成城大他の2019年卒予定の方がお越しくださいました

お疲れ様です。

さて、本日は証明写真の背景色についてお話いたします。
通常は、就職用の証明写真は「無背景」である必要がございます。
無背景とは、背景に余分なものが写っていないということが前提となります。ですので、色は何色でもよいのです。
ただし、一般的にはブルー系(ライトブルーもしくはブルー)、ホワイト、グレー、ブラウンのいずれかです。
よく他のスタジオでクロマキー背景(緑や青紺の背景)で撮影して、後で業務用の証明写真ソフトで背景を変えたりしますが、当社もそういうシステムは持っていますが、就職写真撮影では原則、おひとりおひとり背景の色を変える場合はバックペーパーを架け替えています。
他スタジオのデータで当スタジオに持ち込むときにグリーンの方がいますが、グリーンのままプリントするのはオススメいたしません。お気をつけてください。
他には、学校の出張撮影で「グレーのみ」の場合がありますが、グレーも悪くはありませんが、それよりもブルー系かホワイトをおすすめします。
ブルーの場合、人の肌(特に日本人は一般的に黄色人種です)の黄色の補色がブルーですから、お肌がきれいに見えます。かつ若々しさが際立ちます。
グレーの場合は、スタジオによっては「高級感を演出」と謳うところもございますが、人によっては「地味」に写ってしまう場合もありますので、人によってお勧めできない場合もあります。

当店では、地味すぎず、派手すぎない、ライトブルーが一番人気です。全体の8割がブルー系です。他には女性の場合は、濃い目のブルー、男性・女性ともホワイトにする方もいらっしゃいます。
バックペーパーを架けて撮影するだけのスタジオもありますが、当スタジオはお客様のお姿を際立たせるために、バックペーパーの後ろから逆行でライティングをしていますので、細かなところでも雰囲気がよくなると思っております。

お早目のご予約をお願いいたします。

就活用の証明写真背景色について
就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
就活証明写真はどこで撮っても同じではない、という真実

皆様、こんにちは。
大雪から一夜明けた朝、これだけの雪が東京で積もったのも久しぶりではないのでしょうか。
今日は晴れていますので、陽の当たる場所はすでに雪もとけはじめていますが、残った雪が夜になると再び凍りつきます。
革靴やパンプスで歩いている就活生の皆様、お足元が滑りやすくなっていますのでお気をつけください。

さて、本日ご紹介するのは、1月26日頃に2019年卒予定の就活生の方に届く予定の「マイナビ」情報誌の「SYU-KATSU STYLE」です。
皆様のお手元にはまだ届いていないかと思いますが、弊社は事前に入手しております。広告も多いのですが、身だしなみやメイクについては参考になることもコンパクトにまとめて掲載されています。

2019年マイナビ情報誌

弊社でも、各業界や人材会社様ともお付き合いさせていただいておりますので、できるだけ就職活動写真に成果を反映していきたいと常に心がけています。

証明写真もスタジオによって、かなり違いがございます。どれが良いか悪いかというものでもありませんが、撮り直しの学生様も多いのが現実です。
もしお客様のなかで、既に撮影を終えた方で当スタジオに撮りなおしでいらっしゃる際には、前のスタジオで撮影した写真をカメラマンに見せてください。
できるだけ、お客様の意向に沿うように撮影したく思っています。

また、メイクにつきましては、ヘアセットもしくはメイクオプションをつけていただいた場合には、ヘアメイクアップアーチストに日常のメイクの疑問点などはお尋ねいただければ、アドバイス可能です。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【必読】就活ナチュラルメイクについて(第1回)

【必読】就活ナチュラルメイクについて(第1回)

本日は、早稲田大学、東京大学、専修大学、大妻女子大学、専修大学、立教大学のお客様にお越しいただきました。
台風でしょうか、雨が強いなかお越しくださいましてありがとうございます。

今はまだインターンの応募用の方が多いのですが、1月に入りますとほぼ8割方といっていいくらい本番です。
2019年卒生は撮影する側の感覚ですと、2018年卒生よりも早めです。

本日は、就職活動のヘアメイクについてお話したいと思います。
就活ヘアメイクについて、いろいろ悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
よく業界別や職種別のヘアスタイル、メイクなどの就活の雑誌やWEBに載っていますが、髪はきちんとまとめていただいて、基本はナチュラルメイクです。

【ポイント】
自然に仕上げる
健康的に見える
パーツをメイクの足し算できれいにみせる

まずは、女性から。

毎年ご来店いただくお客様を見ていますと、女性の場合、メイクが好きでいつも研究をされている方、そうでないけれどもある程度メイクはしているが不安な方、またはメイクはリップくらいであまりしていないという方、この3パターンに分かれます。
ある程度研究している方は、本当にメイクは上手です。ご自分の顔はご自身が毎日見ていて一番自分がわかっていますから、自分でメイクするのが一番ですし、そのような方はヘアメイクをプロにお願いしなくても大丈夫です(就活の場合は、面接のときはご自身でヘアメイクをしますから、たとえプロのメイクさんがもっと上手に仕上げることができたとしても、それが一番なんです)。
次は、ある程度メイクはしているが不安な方。こういう方が6割くらいでしょうか。そうした方は、ベースは自分で作ってきていただいて、ポイントメイクをされるのがベストかもしれません。
メイクはリップくらいであまりしていないという方。こういう方はフルメイクをお願いしてもいいかもしれません。そのときに、ヘアメイク担当が忙しいそうにしていても、少しだけポイントを尋ねてみると良いですよ。
一番良いのは、メイクを普段からあまりしていないのであれば(まったくしないのは面接ではよくないですが)、そのままで撮影をすることです。
それが普段のあなたらしさがでて、清潔感があるのであればそれはそれで良いと思っています。当店では、そういう方も内定のご報告をいただいています。

よくメイク、特にフルメイクという言葉は「別人になってしまうのではないか?」と思っていらっしゃる方もいますが、メイクの基本は印象を引き立たせるというところにあります。
ですから、美人に見える、私は変わるということを意識せずに、私の印象を引き立たせる、ものだと思ってください。
当店のヘアメイクさんは「バリバリ美人に変身メイク」もできますが、就職活動でそれをやるとNGとなりますので、ご安心ください。

ヘアについては、次回にお話したいと思います。

次は、男性の場合。

毎年なんですが、たまにサイド(耳上あたり)が大きくボリュームのある方がいらっしゃいます。これは、1ヶ月もしくは2ヶ月ちかく散髪をしていない髪の方です。
そうした場合は、いくらへアセットといっても、まとめるしかありませんから、そうでなくては、写真撮影前に理髪店(床屋さん)か美容室にいって、かならず散髪をしてもらってきてください。
男性の場合は、メイクをする方もいますが、ほとんどの場合はノーメイクですから、8割方の印象は髪の毛が散髪してあって、清潔に見えるかどうかで決まります。
ですから、それは写真撮影のときだけではなくて、必ず面接前の散髪をしてもらってください。
「眉を剃りすぎちゃったんだけど」というお客様はメークで対応すると良いでしょう。

お客様のご健闘を心よりお祈りしております。

ご予約はこちらから。

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share