撮り直し のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


2020年卒「撮り直し」や、2021年卒予定のインターン用証明写真、転職用証明写真が多くなってきています。

皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

最大10連休という令和初のゴールデンウイークも明けました。
すんなりと日常生活に戻れていらっしゃいますか?

ここのところは、転職用や再就職用の証明写真撮影が多くなってきています。
転職用の方は、「プリントはそんなに使わないと思います」という方が多いのですが、40歳以上の方ですと、人によってはすぐに転職先が決まらない方もいらっしゃいます。特に、早期退職や再就職の方、比較的高年齢の方ですと、ある程度の求人案件にあたってゆく必要もあります。そのため、提出する回数も増えるため、使用する証明写真の量も増えてきます。
ですので、ある程度使うと予測されているお客様は、撮影時に枚数を多めに作られると良いと思います。その後の「焼き増し」は、直接スタジオまで来なくても、スマホやPCからご注文可能ですが、撮影時のプリントした方が、料金的にはかなりお得になっております。

30歳も過ぎた場合ですと、証明写真の背景色も、当店で一番多いライトブルーだけではなく、ホワイトの方の割合も増えてきます。大体、ライトブルー7割、ホワイト3割といったところです。リクルートフォトスタジオの背景は、バックライトを当てるため、ホワイトも真っ白になります。他の多くのスタジオのように、グレーに近いホワイト、ではありません。

また、2021年卒予定のインターンシップ応募用証明写真撮影のお客様も増えてまいりました。
ここのところは、一般企業だけではなく、例年採用ステップの早い「アナウンサー」志望の学生さんが多いです。
アナウンサーは、「全身写真」が必要な場合がほとんどです。そして、街中の証明写真を撮影している写真屋さんでも「全身撮影はできません」というスタジオが意外に多いんです。それは、スタジオの広さもございますし、アルバイト店員さんでは撮影が難しいこともあります。
リクルートフォトスタジオでは、毎年多くの全身写真を撮影しています。全身写真はまず「立ち方」が重要です。ほぼすべての人がこのような写真は初めてですから、キレイに見えるたち方は是非、撮影時にご指導させてください。

こちらの男性は体育会系で、スポーツの報道を志望しているアナウンサー志望です。しっかりしていますね。

アナウンサー全身写真

アナウンサー全身写真

こちらの女性はバストアップ写真。斜め向きの撮影もしましたが、真正面のポーズを気に入っていただけました。
どことなくオーラと気品のある方でした。

アナウンサーバストアップ写真

アナウンサーバストアップ写真

さて、証明写真のヘアメイクについてですが、男性の場合は散髪後それほど経過していなければ、ご自身のセットでもほぼ大丈夫です。
ヘアメイクをつけなくても、就活用にスタッフが必ず整えます。女性も、よほどまとまりが悪い髪型であったり、ご自身でまったくメイクのできない方は、ヘアメイクをつけていただく必要がございますが、ある程度まとめられれば、ヘアメイクなしでもほぼきっちりとした証明写真ができあがります。なぜかというと、撮影前にしっかりと身だしなみを必ずスタッフが整えるからです。

昨日も、「自宅から一番近いチェーン店の写真スタジオで撮影しましたが、表情が悪くて撮り直しにきました」というお客様がいらっしゃいました。
そのお客様は、そのスタジオでは時間が限られていて、さっさと終わってしまったことに不満を抱いているようでした。
もちろん、リクルートフォトスタジオでも一人に何時間もかけて撮影をするわけではありませんが、他のスタジオよりも丁寧に撮っているという自負はございます。

昨年のこの時期に来ていただいたお客様でも、当スタジオの取り直し後に、書類選考通過率が良くなったというお客様もいて、スタッフとしてはうれしいことですが、やはりお客様の真剣な気持ちを思うと、スタッフも手を抜いてはいられないのです。

証明写真で失敗されるお客様は、自宅から一番近く一番安く撮影できるスタジオを選らんでいらっしゃるようですが、免許証やパスポートの写真ならともかく、就活写真は証明写真のなかでも格が違います。お買い得品を求めて買うようなスーパーマーケットの商品とはまったく違う性質のものです。
ですから、その違いを初めからわかっている方々は、神奈川各地、埼玉や千葉、東京都内や山梨をはじめ、東京に来たついでの地方のお客様も当店にいらっしゃるのだと思っています。

「周りの人がちょくちょく内定をもらい始めたけど、自分はさっぱりだな・・・」と思っているそこのあなた。意を決するという大げさなものでもございません。
リクルートフォトスタジオで就活写真を撮りなおしてみてはいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
4月に入り、新卒の方は撮り直しのお客様、公務員や教員志望他、転職のお客様も多くなっています。

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

4月に入り、2月末~3月末までの予約が入りきれないほどの混雑はございませんが、日によっては特定の時間で撮影ができない場合も多いため、必ず事前のご予約をしていただきますようよろしくお願い申し上げます。

さて、最近では新卒予定の学生様は、他のスタジオで撮影した方の「撮り直し」が非常に多いです。
やっぱり、一番の不満は時間をかけて撮ってもらえなかった、流れ作業ですぐに終わってしまった、自分の表情も仕上がりも思ったものではなかった、という声をお聞きすることが多いのですが、スタッフ一同お客様が再撮影をしてご満足いただけるように頑張っております。他に多いのが、「これまでボックスの駅前の証明写真機でしか撮っていませんでした」という方。
リクルートフォトスタジオは、どんなに忙しくても、きちんと時間をかけてお撮りしていますし、お客様にもよりますが、できるだけ違う表情を撮ることができるように配慮しています。
たとえば、必ずしも口角を上げている写真が良く見えるわけではないのですが、そういった写真をお望みのお客様もいらっしゃいますし、きりっとした口元をご希望のお客様もいらっしゃいます。どちらでも、選んでいただけるようにカメラマンが表情作りのお手伝いをさせていただきます。

ここのところは、業界は問わず一般企業の方、また公務員志望や教員志望の方、看護士志望のお客様、専門学校のお客様も多くなっています。
春になり、転職活動を始めようとしている方で、「まずはしっかりとした証明写真を」という方も増えてきております。
お客様からは、「都心のキャリアアドバイザーが証明写真のお話をしていて、このスタジオを知ってやってきました」という声をお聞きしました。このスタジオは、なんと人事関連で転職をする方の比率がとても多いんです。
過去には、大手企業の人事部長として活躍をしている方や、人事の担当者はもちろん、キャリアサポート関連企業のお客様や、職業能力開発に関わる公的機関のお客様などがいらっしゃいました。

「証明写真なんて、そんな重要じゃないでしょ?」と思っている方。真偽のほどは筆者にはわかりませんが、その発想で物事を考えるのあれば、それはできるだけ「妥協」をしたい人たちの発想パターンだと感じてしまうのは気のせいでしょうか。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
就活写真はこれだけ大切なんです、という実際のエピソード

就活生の皆様、ご無沙汰しております。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
2月末から3月は、例年、当スタジオは非常にたくさんのお客様に就活写真の撮影のためにご来店いただきます。
今年もたくさんの方にご来店いただきました。

当スタジオは、都心によくあるバケツリレー方式のスタジオではありません。
ですから、一人ひとりを丁寧に撮影できるというメリットもございますが、スタッフ最大でも4名で切り盛りしています。
3月初旬から中旬にかけては、お問い合わせの電話にも出ることができない状況であり、お問い合わせのお客様にはご不便をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。
撮影中は、スタッフ全員がその一人のお客様に集中しますので、途中で電話に出ることができないということ、お許しくださいませ。

さて、本日は採用側、特に企業の人事部から見た就職証明写真についてお話したいと思います。

タイムリーにも、本日ご来店いただきました早稲田大学のお客様が良い例です。
撮影を終えた後、「実は、絶対内定すると評判のお店で撮影してもらったのですが、その写真で応募したら選考が進んだものの、途中で人事の方に『あなたは写真だと、実際よりもすごく暗く見えちゃうから、写真撮り直してきなよ』と言われて、このスタジオに来たんです」
というお話をお聞きしました。

このお話の意味を、就活生である皆様はどのように考えますか?

実は、筆者は上場企業のなかの採用業務を傍で見てきたこともございますので、申し上げられるのですが、ひとつは次のようなことが考えられます。
新卒採用にはいろいろなやり方があります。大企業にもなると、採用人数も多いですし、採用計画に基づいて部門ごとで採用したい人材のスキルやポテンシャル像が異なります。ですから、採用担当者もできるだけそれに合致した人材を部門に推挙して選考を進めてゆく必要があるのです。
そこで、前述のような会話が出てくるわけです。

皆様は、採用担当者=会社の顔だと思っているかもしれませんが、その人事の方たちも、その会社の一社員に過ぎないのはお分かりかと思います。
ですから、採用担当者も業務実績を会社から要求され、その結果を会社から評価されるわけです。
その結果、会社のためというのはもちろん大前提ではありますが、人事部としての評価を落とさないため、さらには一社員としての自分の勤務評価を落とさないためにも、できるだけ会社にマッチした優秀な人材を獲得しようと躍起になるわけです。
当たり前ですが、人事担当者だって、会社から評価される宿命なんですよ。

そういうなかで、たとえばA君は、性格も学歴も現状の能力も人間性も、会社への志望動機もとてもすばらしいと、採用担当者が評価したとしても、次の選考で社内に推薦していくにあたって、やっぱり人事部しては完璧でありたいわけですよ。
ちょっと欠点が目立つのであれば、次の選考過程で選考書類を見て「採用の●●さん、この人の写真見たけど、暗そうだな・・・。」となるわけです。もちろん、その推挙された学生さんだけではなく、他の選考通過者もいるわけですから、いくら人事が抜きん出てAさんが良いと思っても、他の部門や上の立場の人が駄目だと思えば、駄目なんです。

この例で良いなと筆者が思ったのは、人事担当者と就活生で上手にコミュニケーションを取りながら選考を進めているということです。
たとえば、その就活生の方が、人事担当のその人に写真撮り直してきなよと言われて、撮りなおさなかったとしたら、「うちには興味がないんだな!」ということにもなりますし、就活生の側からしたら「私はそこまで評価していただいてるんだな」という気持ちにもなると思います。
皆様が単純に思っているよりも、日本企業においては新卒時の証明写真の役割って大きいと思います。

内定は、一方的に会社から獲得するものでなく、一方的に会社からもらうものでもなく、志望の学生側と会社側のコミュニケーションを通して、「お互いがいいな!」と思う合意があり、就職できれば、それ以上に良いことはないと筆者は思います。

当スタジオで撮影したお客様は、すべてとは言いませんが、8割方は満足されてお帰りになられていると自負しています。
今年も、サークルや体育会、アルバイト先の先輩からのご紹介でご来店いただくお客様が半分近くにのぼります。

一生に一度の新卒採用の証明写真は、リクルートフォトスタジオにお任せくださいませ。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
力み過ぎず、自然なしっかり感の証明写真が好感度アップ秘訣です。成城大学、奈良女子大学、日本女子大学、中央大学、帝京大学、國學院大學、熊本大学、龍谷大学、白百合女子大学他のお客様にご来店いただきました。

就活生の皆様、こんばんは。
朝晩の温度差がまだございます。体調管理には十分にお気をつけください。

本日は成城大学、奈良女子大学、日本女子大学、中央大学、帝京大学、國學院大學、白百合女子大学他のお客様にご来店いただきました。
転職活動のお客様も多くなっております。当スタジオは、新卒の方だけではなく、既卒の方や再就職を目指されているお客様の撮影ももちろん可能ですのでどうぞご利用ください。
また、スタジオの近辺にお住まいの方はもちろん、都内や千葉、埼玉、群馬、山梨他、全国地方からのご来店もあるのが当スタジオの特長です。
本日も群馬県前橋市からお客様がご来店になりました。

さて、今日は「証明写真で好感度アップ」というテーマでお話したいと思います。
ご来店のお客様も知らないと思いますが、弊社は自社スタジオ以外の写真店で撮影した就職証明写真のプリントも毎日行っています。
ですから、他の写真店がどのような証明写真を撮っているのかを知っています。
そういったデータの蓄積があるというのは、お客様にとってもプラスになると思っています。
さらに、スタッフのなかには、企業内で採用の現場を知っている者もいます。

一般的に、エントリー後の証明写真は、Webで提出したものは、企業内の専用ソフトで選考閲覧用に使用されます(企業によってもまちまちです)。
また、書類に添付した写真はそのまま選考過程で、閲覧されます。

どちらにしても、顔写真(証明写真)を採用側に見られるわけですが、その証明写真を1分も2分もまじまじと見ることはまずありません。
見ても3~5秒の一瞥です。あったとしても、それが何度も繰り返されるわけです。

この写真を見てください。
左がただ座って撮った写真、右が弊社が撮影前に身だしなみの指導をして補正をした写真となります。

好印象な就活証明写真

好印象な就活証明写真

そのときに、一番重要なのは清潔感≒身だしなみと、ぱっと見たときの印象です。
身だしなみに関しては、肩が大きくずれていたり、中心から大きく歪んでいたり、髪の毛がひどくまとまっていなかったりといったところが、良否をきめるポイントです。
印象に関しては、必ずしも笑っているというのがよいのではなく、その人の特長が出ているのが一番です。
すごく几帳面で真面目な方が、大きく笑っていてもそれは逆効果で、作り笑いから無理をしている印象になってしまいます。もちろん、暗い表情ではだめです。
そういう印象をよく引き出すための基準は、人それぞれに違うものです。
ですから、よくお客様から口角は上げたほうがよいのですか?と尋ねられますが、一概にはどちらともいえないのです。
皆様ではわからないポイントも、カメラマンやスタッフが指摘しながら、撮影してまいります。

また当店の写真補正は、原則「さりげない補正」です。
お客様を変えてしまうのではなく、良いイメージを引き出すための補正です。
にきびはクマ、髪の毛が少しはみ出ていたり、肩のゆがみなどがあっても大丈夫。特にスポーツを長年続けていらっしゃる方は、大きなゆがみがあったりします。
当スタジオは、各大学の体育会系のお客様が非常に多いのですが、ご安心ください。

また、男性でも女性のお客様でも、髪の毛がしっかりまとまらないかたはヘアセットをご依頼いただくとベストです。
女性の方で、お化粧に慣れていなかったり、就活メイクに自信のない方は、メイクをつけていただくと良いです。
メイクといっても、イメージを変えてしまう厚塗りメイクではなく、良さを引き立たせるための就活メイクです。
平日の午前10時~午後3時撮影開始分までとなりますが、女性のメイクアップアーチストが対応させていただきますので、ご利用くださいませ。
(4月11日、13日、16日はヘアメイクはお休みとなりますのでご了承くださいませ)

2019年度卒のお客様で、就活の進度が遅いかなと感じているお客様。
焦るよりも、まず証明写真からしっかり撮影されてみませんか?

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share