日本航空 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


転職活動の社会人をはじめ、エアラインの全身撮影も多くなってきています!

皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
あっという間にGWに突入です。今年は10連休ということで、話題になっていますが、皆様は長期の休暇をどのように過ごされますか?

余暇に、趣味に、旅行に・・・気分リフレッシュを半分、就職や転職を控えている方は、時間のある今に提出書類の中身を考えたり、また大切な就活ツールの証明写真をきちんと撮っておくことをおすすめします。

なお、ゴールデンウイーク中のスタジオは、原則、ご予約をいただいていれば営業しております。

ここのところは、客室乗務員・CAさんを目指している方の、全身撮影が多くなっています。
本日は、主に全身撮影についてお話したいと思います。

就職で、全身撮影の提出が必要な職種は限定されます。
主に、航空会社の客室乗務員、化粧品会社などの美容部員、警備会社の特定の警備員、マスコミのなかのアナウンサーなどです。

そこで皆様は、応募要項のなかで「全身が写った写真」という記載をみて、「全身写真を撮影しなきゃ!」と思って、当店を含めた写真スタジオに問い合わせをされるわけです。
それは、正しいことなのかもしれません。しかし、この記事を読んでいるお客様はあまり考えないかもしれませんが、「なぜ、全身写真が必要なのか?」ということを考えたことがありますか?

写真スタジオもたくさんありますが、「どうして、提出先が全身写真を必要としているのか」という目的を考えて撮影しているカメラマンはそんな多くはないかもしれません。
しかし、その目的がはっきりとわかっていないと、写真撮影をするときも、撮り方が違ってくると思います。

たとえば、皆様がおもてなしを受ける側だとします。そのときに、いかつい雰囲気の身だしなみの悪い人に応対されたいですか?それとも、やわらかな雰囲気の身だしなみのきちんとした人に応対されたいですか?
極端なお話なんですが、おそらく、皆様は後者の「やわらかな雰囲気の身だしなみのきちんとした人」に応対されたいはずです。

では、どうして全身写真が必要なのか。
その人の全体像がおもてなし(サービス)の一環となっている職業は、顔だけではなくて、スタイルや体格、全体の雰囲気を重要視します。
いろいろある職業の中の、「客室乗務員」を例にとりますと、女性の場合も男性の場合も、あるままの状態で見せるのであれば、やはりスタイルがよく見える撮り方というものがあるんです。
そして、初めてのお客様でも大丈夫なように、カメラマンが「全身撮影できれい見える立ち方」というものも指導させていただきます。
これが、他の写真スタジオの客室乗務員の撮影例を見てみると、<立っているだけ>という全身写真も多いのです。全身写真には変わりはありませんが、提出書類としての全身写真の目的まで考えられている写真とは言いがたいです。

弊社は、大学向けに開催されていたANAさんの客室乗務員セミナーでも撮影を担当させていただいた経験がございますが、全身が写っていればよいのではなく、同じ写すのであれば、フォーマルの雰囲気で面接官の方に「いい雰囲気の方ですね」と思ってもらう必要があるんです。

ただ写っているだけ、では駄目なんです。たとえば、小論文試験の答案も埋まっているだけでは駄目なのと同じです。

先日、過去に当スタジオで新卒で客室乗務員に内定をした後、何年か勤め、転職で別の航空会社に転職をされる方が再度来店されました。
そのときに伺ったお話で「面接官に、どこでこの写真を撮影したのかを尋ねられ、リクルートフォトスタジオさんです、と答えたら、あぁ。なるほど!●●さんの雰囲気が良く出ていていい写真ですね」と言われたそうです。
もちろん、その後、客室乗務員としてのキャリアを歩むことになったのは言うまでもありません。

こちらの写真の方も、派手さはありませんが、雰囲気がよいと思いませんか?

エアライン・CA・客室乗務員の全身写真撮影

皆様のご予約を心よりお待ちしております。
なお、全身撮影が必要な場合は、必ず「エアラインCAアナウンサープラン」でお申し込みください。
こちらのプランでは、全身撮影のみの場合でも、全身+バストアップ撮影でも対応いたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
旅行業界・航空会社志望の方必見!上品さと清潔感が大切な写真はリクルートフォトスタジオにお任せください。

皆様、こんばんは。
三連休、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、一般企業や公務員志望の方以外の写真で、リクルートフォトスタジオをご利用いただくお客様の多い、「航空業界」「観光業界」「旅行業界」「美容部員」志望の証明写真についてお話したく思います。
昨日は、客室乗務員志望のお客様にご来店いただきました。客室乗務員養成の専門学校を卒業されている方です。
CAさんを志望している方は、特定の航空会社というよりは、CAになるという気持ちが強い方が多くいらっしゃいます。
航空会社によっても異なりますが、バストアップ写真だけではなく、全身写真が必要な会社さんもあります。航空会社によっても違いますし、新卒・既卒の別で全身写真が必要でない場合もございます。
どの写真、どのようなサイズが必要なのかは、航空会社の募集要項を必ずご確認くださいませ。
特に、外資系航空会社の募集は、突然発表されます。これだ!と思ったら、必ず応募してください。そして、写真はリクルートフォトスタジオをご指名ください。

昨日の客室乗務員志望のお客様は、上品かつ明るいイメージの方でいらっしゃいました。
さすがに、客室乗務員のための専門学校に通われていただけあって、ご自身のメイクでしたがバッチリでした。
そのお客様と少しお話した中で、気づいたことを述べたいと思います。
そのお客様が専門学校時代は学校の紹介で都心のとある写真スタジオで撮影をしたそうです。ヘアメイクもそのスタジオで行っていただいたそうですが、そのときに「自分じゃないみたい」というご友人の方が多かったそうです。
一番ベストなのは、やはりメイクの研究をある程度して、ご自身でできればそれが一番ベストなんです。ましてや、客室乗務員志望の方は、自分でできる、というのが最低ラインではないかと筆者は思っています。
もちろん、4大卒でCA志望の方もいらっしゃり、そのようなメイク指導を受けていない場合もあるかと思います。そうした場合は、当スタジオのヘアメイクをつけていただければ、プロのヘアメイクがしっかりとヘアメイクを施すだけではなく、お客様に合ったメイクのコツについてもお話させていただきます。

また、スーツや、カットソーがない場合は、スーツは無料レンタル、カットソーのみ300円でレンタル可能です。
客室乗務員志望ですと、カットソーを着ている方が6割~7割くらいいらっしゃいます。手持ちでなかなか用意がなかったり、CA志望の方のための雑誌「AIR STAGE(エア・ステージ)」によく掲載されているようなカットソーはどこで買ったらいいの?という方もいるかもしれません。
急いで、そのためだけに購入する必要なく、写真撮影のときだけレンタルすれば安く済むと思いますし、安心です。

下のようなイメージとなります。もちろん、斜め向きの証明写真も撮影可能です。

旅行業界・航空会社志望の方必見!上品さと清潔感が大切なCA写真

リクルートフォトスタジオで「航空業界」「観光業界」「旅行業界」「美容部員」を希望の方は、全体の1割にも満たないのですが、その1割でご希望の職種に就くことの出来る方は、6割前後いらっしゃいます。ご連絡いただいているだけでも、10人いたら、6人は突破している状況です。ですから、当スタジオにいらっしゃる方は、それなりのしっかり方がが多いんです。
他のスタジオさんももちろんそれぞれに写真の味が違います。リクルートフォトスタジオで特に気をつけていることは「さりげなく上品で明るい表情」「清潔感のある身だしなみ」そして、「白すぎない健康な肌」です。最後の「白すぎない健康な肌」というのは、写真スタジオさんよっては、「美しく見せる」=「肌が白いこと」という雰囲気のスタジオさんもありますが、当スタジオでは無理にお肌を白く写るようにはしません。逆に、それが不健康に見えたりしてマイナスイメージになる場合が多いんです。

突飛な修正や、小手先の撮影テクニックだけではなく、細かなところをひとつずつチェックをして整えて、実物に見劣りをしないしっかりとした「証明」写真を撮ることが航空業界(客室乗務員他、グランドスタッフ)、旅行業界、美容部員内定の近道です。
当スタジオのカメラマンは、某航空会社主催の客室乗務員セミナーで撮影指導経験もございますから、上述の内容は決してズレてはいないと確信しております。

客室乗務員には、「接客」だけはなく「保安」という大切な業務がございますから、ある程度のしっかりさを見せるには、視覚的には健康的な肌である必要があると思います。
視覚は印象を作る、大切な要素です。

撮影を希望される方は、下のリンクからWeb予約でのご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
「就活品質」の証明写真とは?

本日もたくさんのお客様にご来店いただきました。
法政大学、中央大学、駒澤大学、東京女子大学、明治大学、早稲田大学、慶応義塾大学他のお客様、お疲れ様でした。

法政大のお客様は、マスコミ志望とのことで撮影後に新幹線で大阪にセミナーの参加に行くとのことでした。
頑張ってください。

本日はこちらを紹介いたします。

就活品質の証明写真

皆様、「就活品質」って知っていますか?
今の4年生のお客様あたりから、ちらほらと聞かれる言葉です。
3月に「就活品質でお願いします」など、他の写真スタジオで撮ってもらった証明写真を持ってきていただいて、お客様がおっしゃった言葉です。

ところで、昨日、TVを観ていましたら、広島のアンデルセンというパン屋さんのお話が流れていました。
そのパン屋さんの先代の社長さんが戦後間もない頃、内村鑑三の「デンマルクの国の話」という本を読んだそうです。それには、大昔に小国のデンマークが戦争に敗れても復興したことがその著書に書かれているそうです。
その社長さんがデンマークを訪れた際、デニッシュペストリーという美味しいパンに出会い、それを日本でも作ろうとしたそうです。いろいろと苦労を重ねて、評判になり、そのパン屋さんのパンはベルギー本国でも売られるようになり、評判がよいとのこと。その理由は、現在ベルギー本国で販売されているデニッシュペストリーは大量生産を前提としたものが多く、昔にように手間隙かけて作られたものではないものが多い中、そのパン屋さんは昔ながらの製法を守っているそうです。ベルギーの人がインタビューで「子供の頃に家で食べた味と同じだから、このお店のパンにしてるんだよ」という一節がとても印象的でした。

さて、証明写真も、実は同じなのです。
インスタント証明写真ならば、撮るだけでなのですが、就職用となると、その方の雰囲気や表情を上手に表現していかなければなりません。
就職用の写真でも、大手の大きな写真スタジオのように、カメラマンの経費を下げて、料金を上げて、時間を短縮していくと、ほぼ大量生産品となってしまいます。
お客様とやりとりをしながらカメラマンがお客様と「一緒に」お撮りするものなのです。その後も、細かな補正や、仕上げも含めてると、お一人様でもそこそこの時間がかかってしまいます。
できるだけの時間短縮はできるようにと努めておりますが、やっぱり手を抜けないところは抜けない、それが当スタジオの想いです。

この時期は、まだお客様もそんなに多くはないです。
2月の「春休み」になると、予約が取れないくらいになりますが、お早めに準備をしておかれると良いと思います。

お客様のご健闘をお祈りいたします。

ご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
続・キャビンアテンダント応募写真撮影

急に寒さが増してまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、リクルート写真撮影の他、CA応募用の写真撮影(バストアップ、全身撮影)を行いました。
前回の記事で、先日は中国国際航空の応募の方でしたが、今回も同じく中国国際航空の応募です。
もちろん、同時に国内系JAL、ANAの応募をされるというお話でした。

今日のCA志望の方は、昨晩にお電話でいただきまして、「急なのですが、撮影できませんか?」と丁寧なご依頼をいただきました。
当スタジオも、明日のようにフルで予約が入っておりますと、急な撮影をお受けできない場合もあるのですが、本日午前はちょうど少し撮影の間がございましたので、お越しいただきました。
非常に気品のあるお顔立ちもキリッとしていらっしゃる女性で、キャビンアテンダントになれることを心からお祈りしております。
当店は写真屋ですが、せっかくお撮りするならば、できるだけお客様(被写体)のベストの表情を捉えたい、そして、その写真と一緒にお客様の実力を存分に発揮していただいて、夢を叶えられることを切に願っております。
「私も大変だったけれども、これで客室乗務員としてのスタートが切れる!」ということころまで行って欲しいんです。

CA志望者は、ほとんどが、どの会社に行きたいかというよりは、その職業を目指している方がほとんどです。
国内系は全日本空輸(全日空・ANA)や日本航空(JAL)が人気なのはご存知のとおりです。
限れた時間ではございますが、おひとりおひとりに対して精一杯撮影しております。
明日も客室乗務員向けの撮影のご予約をいただいております。

また、本日は体育学部のお客様におかれましては、本当に礼儀が正しく、しっかりと将来を考えていらっしゃることが良く伝わりました。
頑張ってください。

明日は、日曜日でございますが、予約満杯です。現在のところWeb予約表のとおり、月曜日の夕方は予約が空いております。
また、そのほかの日も深夜でもご予約をいただいた場合は、すぐに埋まってしまう場合もございますので、お早目のご予約をお願いいたします。

お客様のご健闘をお祈りいたします。

ご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share