池袋 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


【3月就活解禁】行きたい志望企業に提出する就活証明写真はしっかりと専門スタジオで。広角な視点、マクロな視点で物事を考えてみては。

皆様、3月の就活解禁(経団連指針に従うエントリー受付開始)も目前に迫ってまいりました。
毎日、いかがお過ごしでしょうか。

埼玉県上尾市、鴻巣市、山形県山梨市、千葉県市川市、神奈川県小田原市、鎌倉市などの遠方のお客様をはじめ、都内各地、神奈川、埼玉、千葉からも多くの就活生のお客様がご利用されております。
スタッフも多くても3~4名で運営しております。申し訳ございませんが、なかなかすぐに電話に出られないこともございます。ご迷惑をおかけしますがご了承くださいませ。

早稲田大学、慶應義塾大学、成蹊大学、日本女子大学、産業能率大学、駒澤大学、日本大学、東海大学、国士館大学、法政大学、明治大学、専修大学、千葉大学、首都大学東京、埼玉大学、女子美術大学、東京大学、駒沢女子大学、日本大学他多くの学生様お疲れ様でした。

さて、本日はまず、「目」についてお話したいと思います。
俗に言う「三白眼」を気にされているお客様が多い時期です。写真撮影や面接に備えて、ご自身の顔や写真を良く見る機会も増えているのだと思います。
多く方は、黒目の上のほうにあるので、「目つきが悪く見える」ということを心配されていますが、写真においては、その度合いのバランスが大切だと思っています。
少し目線をずらして撮影をしたり、すこし目の開き方を変えて、カメラマンが撮影してまいります。すべての方ではありませんが、ほとんどの方がそれで満足されているようです。
あと、斜視の方も、カメラマンが見ればすぐに気づきますが、できればご遠慮なく撮影前にカルテにご記入いただくとよいと思います。
スタッフ一同、ベストな状態でお写真をお作りしたいと思っています。

次に、これから3月に入るとリクルートフォトスタジオで撮影される方が、非常に多くなってきます。
今の段階でも、3月からの緊張感からかピリピリしているだろうと推察される方も、お見受けいたします。

過去にこんなことがございました。
撮影している方が、人気の旅行業界勤務で転職を希望されている方でした。仮にAさんとします。1、2年勤めたくらいの方でした。その直後に、新卒の方でAさんと同じ会社に入社を希望されていた方で、願いが叶わなかった方がいらっしゃいました。Bさんとします。
新卒予定の方(Bさん)は、「どうしても私はその会社に入りたかったんです」と仰っておられ、終始浮かない表情をされていました。

そこで、筆者は思いました。
撮影側からしましたら、理由はどうであれ、辞めていく人もいますし、入りたい人もいるわけです。どの会社でもいえることだと思います。
おそらく、Aさんも新卒のときは、わかりませんが、入りたいと思って入社したはずです。
ただ、なんらかミスマッチが生じて、何年後かに転職をするわけです。捉え方によっては、その会社ではたらいたという経歴にはなりますが、年数は少ないわけです。
Bさんとしたら、気持ちを切り替えるのはなかなか簡単ではないのかもしれませんが、ひょっとしたら、もしその会社に内定して入社しても、実はほんとうはマッチしなかったのかもしれません。
お互いがマッチして入社しても、Aさんのようなことも、起こってきます。しかも、歳月がすすめば、働く側のご本人も変化しますし、会社の経営環境や組織も変化します。
Bさんは、落ち込んでいるときは、カメラのレンズで言うと、近くを拡大して写すことのできる「マクロレンズ」で物事を見てしまうのだろうと思いながら、お話をお聞きしておりました。
自分に降りかかった事実であったり、直近の悲しみや悔しさだったり。でも、カメラには「広角レンズ」というものもございます。カタチは歪みますが、広範囲に写すことのできるレンズです。
物事も、ぼんやりしていても、ちょっと広い視点でみると、がらっと世界も変わるかもしれません。
環境の変化にうまく適応していくのも、大切な就活を乗り切っていく術だと思います。
いくら頑張って会社訪問や説明会に出ても、すべての企業をまわることなんて到底無理ですし、あなたの知らないところで、とても素敵な企業との出会いがきっと待っていると思います。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
【男子就活生は必読】男性の就活写真の髪型について

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
連休最後となりました。本日もたくさんのお客様にご来店いただきました。

さて、昨日は、女性の髪形についてお話をさせていただきましたが、今日は就職写真を撮影される前に整えておくべき、「男性の髪型」についてお話したく思っています。

男性の場合は、写真を撮られるまえに(かつ、それは面接前も同じです)一番気をつけておきたいところは「髪型」です。
当店にご来店いただくお客様のパターンでは、3パターンあります。

1つは、撮影前に床屋や美容室に行って、髪の毛をさっぱり整えている人。その多くの方々は、前髪がすべて上がっています。
もう1つは、これまでの私生活の髪型を基本にしている方で、前髪を下ろしている人です。
最後は、しばらく散髪をしておらずボサボサの人。

就職用の写真で、前髪を上げていなければならない、髪の毛も分けていなければならない、そんなルールはありません。
しかしです。
データとして、前髪をしっかりと上げ、きっちりと髪の毛を短めにまとめている人のほうが、面接官には印象良く映ります。
これは調査の結果ですから、データとして統計上の事実です。

こちらに、有名な化粧品メーカー資生堂さんが、一般企業の新卒採用面接官645人を対象にして、「男子就活生の髪型調査」を実施した調査で、20種類の男性の髪型の中から面接で好印象を与える髪型を選んだ結果が載っています

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000828.000005794.html

こちらの髪型で、ダントツ好印象の髪型ベストスリーが載っていますが、こうしておかれると無難です。
別に、前髪を下ろしていては、いけないわけではないんですよ。
スタジオのスタッフもご提案はさせていただきますが、皆様個人の考え方が大前提で、決めるのはお客様ご自身です。

筆者も、実は、前髪は上げていたほうがよいと思いますが、長く伸ばしている方ですと、横に流すかしかできないため、できる範囲内でさっぱり見せるようにしております。
前髪を前に下ろしている男性のほとんどが、「恥ずかしい」「格好わるい」という理由からです。
筆者も大学時代に、前髪を下ろしていまして、皆様とおなじ就職活動の写真撮影のときに「髪型はきっちりと分けて、前髪は上げてください」と周りの人から言われました。
写真スタジオで同様のことを言われた記憶があります。
20年以上前のお話ですが筆者も「こんな髪型ださくて、できないよ!」と思っていたのです。
しかし、会社に入って、その理由がわかりました。皆様もわかると思います。

今は、就活と学校や私生活、会社に入っても仕事とプライベートを使い分けて、髪型を変えてみるのも良いと思いませんか?

ビューティー、化粧品業界志望の方であれば憧れている人も多いと思いますが、「資生堂」という企業があります。
では、その社長さんはどのような髪型をしていらっしゃるのでしょうか。

https://www.shiseidogroup.jp/saiyo/message/

思ったより、さっぱりしていると思う方が多いのではないでしょうか?

さて、それではお客様の髪型の良い例です。下の写真を是非ご覧ください。
証明写真撮影前や面接前に気をつけたい男性の髪型

一番左上のお客様は、社会人での転職予定の方。さすがに社会人できちんとしているだけあって、初めから、整っています。
右上のお客様は、これから就活のお客様。髪の毛を写真撮影のためにわざわざ切ってきた甲斐あり、写真うつりも良くなったと喜ばれていました。
下のお客様も、2020年卒予定の学生様。この方も、はじめからしっかりしています。さらに、スタッフが写真うつりが良くなるように、左下の写真からほんのちょっとだけ整えますと、右下の写真のようになります。
パーフェクトではないかと思います。

アート的に格好良い、のではなく、ビジネスではシンプルで清潔感があることが好まれます。

ごちゃごちゃさせるよりもシンプルに見せること。
いろいろと飾り立てずに、自分の顔を覚えてもらうのであれば、髪型で大きく飾らずに、シンプルに見せたほうが視覚としては効果的です。

最後に、リクルートフォトスタジオにご来店のお客様は、撮影後には自信に満ちて、帰宅される方が多いです。

就活証明写真は専門スタジオへ
就活証明写真は専門スタジオへ

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
【女子就活生は必読】女性の就活写真の髪型について

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

本日もたくさんのお客様を撮影しております。
明治大学、東京薬科大学、法政大学、専修大学、成城大学、東京工科大学、聖心女子大学、東洋大学、拓殖大学、杏林大学、中央大学、明治薬科大学、東京女子大学他の就活生の皆様おつかれさまでした。

まず、お客様にご連絡です。
Webでのご予約の際、この時期に90%以上の方が利用する「リクルートフォトプラン」の場合、予約の空きに「○」もしくは「△」印が連続して2コマないと予約ができません。
ですので、「○」もしくは「△」印が1つのところで予約をしてエラー画面が出ても、気づかずに予約が完了していると思われている方が稀にいらっしゃいますのでご注意ください。
予約が完了すると通常3分以内には、自動で予約完了メールがお客様のEmailアドレスに送信されますが、届かない場合は、予約は完了していません。
すべての入力項目について不備のないようにご入力ください。メールアドレスの入力ミスが目立ちます。
本番のエントリーで間違えてはいけないですし、今日から慎重に物事をすすめてゆくと良いかもしれません。
併せてご注意願います。
(また、携帯のメールアドレスで登録した場合は、必ずPCメールの受信制限を解除しておいてください)

さて、本日は、女子就活生の髪型にズームをフォーカスしてお話したいと思います。

就活女子の髪型について、一番気をつけたいのが「前髪」です。
前髪について、悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

どうしても下ろしたいという方もいらっしゃいますし、それをダメだという権利は私ども撮影側にはありません。
ただし、やはりおでこは相応に出ていると、明るく見えます。
採用試験ではなく、入社前の企業へ提出写真では、提出の規程に「眉をはっきりと出すこと」とといったように細かく規程されている場合もありますが、就職の際は眉にぎりぎりくらいでも悪くはないと思います。
逆に、前髪が短い人は、無理に上げように上げられませんし、その場合は清潔に見えるように前に下ろすと良いでしょう。
無理に上げようとしても、眉を隠したくて、後ろから髪を持ってこようとする人もなかにはいらっしゃいますが、不自然になります。

結論としては、できるだけ眉と額は出しておいたほうが「無難」です。
無難であれば、後々気にする必要もございません。

前髪がどうしてもまとまらない、自分でまとめられないというかたは、当スタジオのヘアメイク出勤日(2月中旬から3月にかけては、ほぼ毎日となります。このHPのヘアメイク対応カレンダーにてご確認ください)にヘアセットをつけていただくとベストです。
ある程度、ご自身で前髪の形がまとめられるのであれば、真ん中部分にシースルーの箇所ができたとしても、多少の修整できれいに整えられます。

髪はきちんと整える必要があります。
整えないとしたら、当スタジオで撮影しなくてもボックス型の証明写真機でもよいのではないでしょうか。
駅前のチェーン店の写真屋さんでもよいでのはないでしょうか。

他の写真屋さんと違うのは、当スタジオは、「証明写真」を、就職活動の選考書類のひとつとして捉えています。
ですので、人事や採用者がどのようにしてみるのかということや、お客様の印象をどう伝えてゆくのかとういことを第一に考えて撮影を進めていきます。
ただ見栄えのよい写真やばりばり「美人」になった修正バリバリの証明写真は、その場ではお客様が満足をしたとしても、結果的にお客様が不利益を被る可能性もありますから、別人写真(詐欺写)は作りたくありません。

「証明写真を貼ってください」「ESに証明写真データを添付してください」と提出先に言われたので、写真をとりあえず用意しておく、という人ならばボックス写真でもよいでしょう。
都心で大勢おとずれている時給1500円のアルバイトカメラマンが撮影する就活スタジオでもよいのかもしれません。
極端な話、写っていればよいのかもしれません。
ですが、ほとんどの上昇志向のあるやる気に満ちた学生様は、一度きりの新卒の就職活動ですから行ってみたい企業に志願するわけです。
言われたからやるのではなく、言われなくてもやらなければならない、そういう気持ちの学生様が毎年当スタジオには多いんです。
ですから、いろいろとメールもいただくのですが、結果の報告も、証明カメラマンとしてはうれしい限りです。

日常は広告カメラマンとして生きていますので、被写体をどうターゲットに見せるのかというのを常に考えています。
就職の証明写真も同じです。あなたを、企業にどうみせるか。というイメージ作りのお手伝いを是非させてください。

大袈裟かもしれませんが、カメラマンとして、あなたの未来を今のうちから証明しておきたい、お客様の未来の笑顔をつくりたい、そういう気持ちでお客様一人ひとり分け隔てなく撮影しています。

額を出すのがどうしても抵抗のある方は、前髪を分けて、片方を弧を描くように丸くまとめると女性らしい雰囲気で印象もよくなってきます。

次の写真は、来店直後の女性のお客様の髪形と、撮影直前のお客様の髪型です。

「前髪のシースルーを修整」は、ある程度、前髪の輪郭をお客様でまとめていただき、その後、修整によって整えたものです。
「お客様でまとめて、前髪はスタッフが調整」は、ある程度、髪全体をお客様でまとめていただきまして、スタッフが調整させていただいたものです。
後れ毛や、サイドにはみ出た髪の毛はどの方でも、可能な限りきれいにまとめさせていただきます。
次の「ヘアメイクによるヘアセット」は、ヘアメイク担当がお客様のヘアセットを行ったものです。

髪の毛は、お顔の多くの部分の輪郭をつくるものです。
やっぱり、すっきりさせておいたほうが良いと思いませんか?

皆様のご予約、ご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
【女子就活生必見】どれがフォーマル&ナチュラル?就活メイクでベストな口紅色の選び方

皆様、おはようございます。
本日2/6(水)と明日2/7(木)はヘアメイク担当日(AM10:30~PM4:00)です。若干の空きがございますので、ヘアメイクが不安な女性の就活生の皆様は是非ご利用くださいませ。

さて、本日は女性の「就活メイクでベストな口紅色は?」ということでご案内させていただきます。
人の肌の色や、お顔の雰囲気によってベストな色が異なってきますので、一様にこれだということは申し上げられませんが、避けたほうが良いリップの色はございます。

俗に言う「赤リップ」は避けたほうがよいです。
普段使いで、私生活では赤リップを使っている人も多いかと思いますが、真紅の口紅色が与える印象は「派手」「軽い」「遊び」「カジュアル」といった印象を相手に与えます。
就職、すなわち企業への入社試験ですから、カジュアルではなくて、フォーマルであるべきです。

ですから、下の参考画像のように、ナチュラルな色使いがベストです。
もちろん、客室乗務員やアナウンサーなどの一部の職種への応募用の写真については、必ずしも真紅(赤リップ)が悪いということはいえません。

【女子就活生必見】どれがフォーマル&ナチュラル?就活メイクでベストな口紅色の選び方

商社、物流、金融、IT、製造、食品、インフラ、貿易、通信、販売、不動産、公務員などほとんどの企業において、派手さを与える口紅の色は就職写真としては控えたほうがよいと思います。
特に写真では、実際よりも「赤色」がとても際立って見えます。

赤リップしか持っていない人は、化粧品コーナーの美容部員さんにでも「就活でナチュラルな色を使いたいんです」とアドバイスをもらうと良いでしょう。
もちろん、当社のヘアメイクもお客様にご提案させていただきます。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【あなたが思う以上に証明写真は大切な就活ツールのひとつです】成蹊大学、日本女子大学、フェリス女学院大学、JTBトラベル&ホテルカレッジ、慶応義塾大学、専修大学、大妻女子大学、明治大学、桜美林大学、玉川大学、東京農業大学、亜細亜大学、東京都市大学、東京農工大学のお客様お疲れ様でした。

ひさびさの雨の夜です。昨晩の天気予報では雪の予報も出ていましたが、現段階では冷たい冬の雨となっております。
とても空気が乾燥しています。女性のお客様はお肌のうるおいのキープはもちろん、水分補給をおすすめします。
また花粉もそろそろ飛び始めているということをお客様がおっしゃっていました。インフルエンザ予防とも併せて、マスクの着用をおすすめいたします。

本日は、成蹊大学、日本女子大学、フェリス女学院大学、慶応大学、実践女子大学、大妻女子大学、明治大学、桜美林大学、玉川大学、駒澤大学、亜細亜大学、東京都市大学、ICU他、各大学のお客様、たいへんお疲れ様でした。

日本女子大学のお客様は西生田キャンパスからのご来店です。先日も同じキャンパスのお客様からご来店いただきました。
フェリス女学院大学のお客様、お疲れ様でした。
弊社がフェリスの緑園キャンパスへ撮影(客室乗務員用の証明写真撮影)にいったこともありますというお話をしましたら、そのことを知っていらっしゃいました。
JTBトラベル&ホテルカレッジのお客様、第一志望の旅行代理店への就活活動、心から応援しております。巣鴨の学校ですが、毎年先輩もいらっしゃいまして、旅行業界に進んでいらっしゃいます。当スタジオは旅行業界に強いと自負しております。是非、頑張ってください。

当スタジオは、すべての方にご満足いただけるとは思っておりませんが、できるかぎり多くの方にご満足いただけるようおひとりおひとり等しく撮影しています。
ご友人や先輩にすすめられてのご来店率がとても高いのは、先輩もうまくいったから後輩にすすめたり、初めからきちんとされた方が多いのだと思います。
そういう方がお付き合いしているご友人や後輩、知人もしっかりとしているんでしょうし、良好な交友関係が、好循環を作っているのだと感じています。
当店をご利用いただきましたお客様のご健闘をお祈り申し上げます。

さて、就職活動は、細かく見るといろいろなスケジュールや課題で、就活生の皆様も悩んだり、どうしたらよいのか分からなくて不安になったりすることも多いと思います。
書類選考が第一関門ですが、その後に面接に進んだとして、企業側がどのようなことを見ているかという客観的なデータがございます。
学校でのセミナーや就活塾などで、いろいろな方のいろいろなお話を聞いているかもしれませんが、ひとつ大事なことは気力や気持ち、噂とかそういう定性的なものではなくて、データという事実に基づいて判断するということは、大切だと思います。

リクルートキャリアが、全国の新卒採用を実施している企業と、就職活動を行った卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象に調査をしています。
そのなかで「採用基準で重視する項目は何ですか?」という項目に対して、企業、学生それぞれこのような回答をしています。

企業側は、学生のどこを見ているか。ベスト3で企業の重視している項目は、

(1)人柄 92.9%
(2)自社への熱意 76.1%
(3)今後の可能性 68.8%

これを見てみると、1番の「人柄」、2番の「会社への熱意」がポイントです。

1の人柄は、書類選考のときに、唯一視覚的に伝達できるのが「証明写真」なんです。ここはお客様が思う以上に重要です。

会社も「この人だったら、うちで働いて欲しい!」と思う人が欲しいです。当社でも採用活動するときは同じです。
ほとんどのお仕事は、いろんな人と協力をして進めていくものですから、自分の独断だけで進めてしまったり、人の意見に耳を傾けずに自分の気持ちだけを押す人は一般的は敬遠される傾向にあります。
そういったことは、SPIなどの筆記検査でもほぼわかりますし、面接官もプロですから、小手先の嘘やごまかしだけではなかなか通用しません。
また、人柄が良くても、知力が高くても、その会社で本当に働きたいのか、やってやろうという気持ちが強いというのがわからなければ、相手の企業も「どうしてうちなんですか?」と思うはずです。
たとえば、この記事を読んでいるお客様が年齢を重ねて、いきなり「結婚してください!」と尋ねられたとします。そのときに、やはり「どうして私なの」と考えるはずです。
それが納得できなければ、易々と許諾しないはずです。企業からしても、本当に膨大な経費をかけて採用するわけです。その後に、教育費用もかけるわけです。企業にとっては、皆様が思う以上に、採用活動に企業生命をかけているといっても過言ではありません。
ですから、ご自身の思う気持ちを伝えることも大切ですから、企業からの言葉も理解をして、わからないことは尋ねたり確認をして選考ステップを進んでいかれるとよいと思います。

話は逸れましたが、逆に、学生が面接等でアピールする項目は何か

(1)人柄 47.3%
(2)アルバイト経験 39.5%
(3)所属クラブ・サークル 27.6%

リクルートキャリア就活白書

(出典:「就活白書」)

客観的なデータから企業側は、ほぼどんな企業でも人柄を見ています。ただ、学生側は「その会社への熱意」や「自分が描く将来の可能性」については、あまり面接時のアピール項目として重要視していない傾向があることがわかります。ですから、それらをうまく伝えられると企業側の心に響くかもしれません。
逆の方向から見れば、学生側がアピールする「アルバイト経験」「サークル経験」は、企業側に自分がどういう生活経歴できたのかを伝えるきっかけにすぎず、それ自体をアピールしても意味がないと思います。アルバイトなんて、誰にでもできますし、していること自体がアピール項目には絶対になりません。
それよりも重要なのは、そのアルバイト経験を通じて、「あなたは何を考え、どういう行動をしてきて、何を学んで、いまがどう変わったのか」「どのように目標を達成してきたのか」、それを「思う」とか、「感じる」とかではなく、力みすぎずに具体的な形として表現できるとよいと思います。

不安になっていても、時間だけが過ぎていきます。
証明写真という就職活動のひとつのツールをつくるいう一分野ですが、お客様を応援しておりますので、是非ご来店くださいませ。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
本日は遠いところですと、千葉県富津市からご来店いただきました。採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと確信しています。

皆様、こんばんは。リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

明日は、現在のところ残り1名~2名しか撮影ができない状況です。
もし、明日の撮影をご希望のお客様は、早めにWeb予約をいただければと思います。

本日は、千葉県富津市から女性の就活生のお客様にご来店いただきました。
製薬業界もしくは金融業界をご志望とのこと。少し緊張をしていたのかもしれませんが、撮影中はだんだん表情がよくなってきました。
修整後のお写真をご確認いただきました際に、満足されているような雰囲気でしたがいかがでしたでしょうか。

ところで、筆者が先日、行きつけの美容室の店長さんとお話をしていた内容をご紹介します。
そこの美容室はカットだけでも6000円しますが、稀に1000円カットの美容室か理容室に行きつけのお客様がいらっしゃるそうです。
そこで「髪を少し切ってそろえてもらいたのですが、1000円でできませんか?」と尋ねたのだそうです。

私もそのお話をお聞きして、証明写真と似ているな、と思いました。
1000円カットの理容室は、10分で全部できることを行って、その値段です。
ということは、10分で出来ることしかやらないんです。それで、お客様が満足するかしないかは、お客様によると思います。

それで満足しない人は、1時間で6000円の美容室でカットしてもらうわけです。もちろん美容室ですから、他にカラーやパーマもあるかもしれません。
たとえば、その1時間カット6000円の美容室が、10分で切ってくださいと、言われてもやらないでしょう。
10分でその美容室の品質が保てるかといえば保てないことになりますし、1時間のことを10分でできるのであれば、最初からそうしてるでしょう。

証明写真もそうなんです。BOX証明写真で8分で終わりました。900円でした。じゃあ、リクルートフォトスタジオで8分900円の就活証明写真をやってくださいというのが無理というのは、この記事を読んでいるお客様をわかるはずです。
街のチェーン店の写真屋さんでも、15分ちょっとで終わりました、というのも、頑張っても15分で出来るサービスで、その料金なんです。
リクルートフォトスタジオで撮影をすると、一番人気のリクルートフォトプランは、ご入店からお会計まで早くても40分、おおかた60分は見ていただきたいと思っています。
スタッフがどう頑張っても、それだけ時間がかかってしまうのです。その後、弊社の別事業所にデータが行き、プリントとデータ作成でお一人様大体15分~20分ほどかけています。
プリントでも若干の色合わせをしているので、何度も刷りなおしをしたりもします。そうしたら、工数でいいますとお一人様1時間30分の制作時間が必要で、その料金となります。

ものすごく急いでいて、あまり品質も気にしない、という方は、そのような方に限って、ドタキャンの方もいらっしゃいますので、はじめから近くのチェーン店でさっと撮影されるとベストです。

就職活動ではさまざまな応募書類やツールが必要になりますが、採用選考書類上、視覚的にお客様をアピールできるツールは、証明写真が唯一だと、私たちは確信しています。
特に、難関企業や採用枠の少ない企業は、競争が激しいです。たかが証明写真と思われるかもしれませんが、見るときはきちんと見ています。
筆者も、現在も仕事柄、大手企業の人事担当者とお話する機会がございますし、人事関係の仕事にかかわっていた事もあり、おそらくお客様が思う以上に、証明写真の大切さを知っているつもりです。

第三者的視点でのアドバイスも可能ですので、撮影時に気になることは、お尋ねください。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
2019年あけましておめでとうございます。さて、もう就活本番は目の前です。就活証明写真はリクルートフォトスタジオへご来店ください。

皆様、お久しぶりです。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

年末は30日まで営業、年始は4日から営業しておりますが、両日ともたくさんのお客様にご来店いただきました。
特に、年末は、「今年中に準備万端に写真を撮ってしまおう!」という賢いお客様が多かったように思います。

さて、就活を目前に控えた学生様、またそれを見守っているご両親の方、お正月はそれでも楽しく平和に過ごされましたでしょうか。
リクルートフォトスタジオへのご来店は、「友達からいいよと言われてきました!」「バイト先の先輩に勧められました!」「近所の娘さんが撮ったのを見て、うちもお願いします」という学生様やご両親のご友人からのご紹介でのご来店が非常に多いのです。
ですので、スタッフも下手な写真にならないように、万全を期してやらせていただいております。

特に、これまでは街中のボックス型の無人写真機で撮影してきた方も多いと思います。
本日も首都大学東京の大学院生のお客様との会話でもあったのですが「無人機だと1000円もない金額で撮れますが、顔がどうしてもいびつになってしまう。安いスタジオだと3000円前後で撮ってもらえるところもあるようだけれども、ちょっと不安」とのことでした。
この料金の違いは何かというと、一番大きなものは人件費≒技術料です。街のチェーン店の写真屋さんはアルバイト店員がお店を切り盛りして撮影もします。時給は1000円前後で、もちろん写真をずっと専業としているプロではないわけです。
そうでない方もいるかもしれませんが、大方はそうかと思いますよ。筆者も含めて、当社のカメラマンは、人を撮影する技術や技法を身につけおり、日々研究もしています。
筆者も広告撮影などでプロのモデルさんを撮る機会もあるのですが、証明写真の場合は、ほぼ皆様は被写体としては「素人」なわけです。カメラや写真、ライティングの技法だけではなく、その素人モデルさんの表情をうまく引き出してゆくというのもひとつの技術です。

ところで、皆様は、就職用の証明写真はなんのためにあるか考えたことがありますか?
その応募先の会社が必要だからこそ、提出する必要があるのです。当たり前だと思われがちですが、もし写真が必要ないというのであれば、「写真添付」「写真貼付」などの記載はないはずです(ごく僅かですが、そのような企業さんも現にあります)。

まずひとつは、その人が、会社や勤め先に入社した場合に、ビジネスとして通用する身だしなみや生活感を持っているかを確認します。
筆者がこれまで何万人という人のお顔と実物を見てきて思うことは、見た目にその人の生活感が出るのです。
整理整頓や時間にもだらしない人は、すべてとは言いませんが、多くの確率で見た目も細かなところでだらしなかったりします。
髪色も、ファッションで茶髪に染めるのは素敵ですが、かなり色を変えてしまうのには、自分に自信がなかったり、自分のことを見てほしいというある程度の心理的要因があるというのも心理学で統計的な数字として実証されています。
企業の人事の方も、それが仕事ですから、ぱっと見て、「この人は、こんな感じかな!」というのは、印象を持つわけです。(もちろん、料金内で茶髪を黒髪に修整できますので、ご要望のあるお客様はカメラマンにお申し付けください)
過度に印象を良くしすぎるのは禁物ですが、中身もその企業への志望度や志望動機もしっかりしているのに、印象という点でマイナス評価になってしまうのは本当に損です。

みなさまが、真剣にここまで証明写真を撮るのは、一生のうち1回か2回あるかないかです。新卒のときがその勝負ですから、いくら料金がお得だからいって安い証明写真は避けたほうが良いと思います。
料金が安ければ、多くの場合、皆様が安く写ります。就職活動中にも、「この証明写真で本当に良かったんだろうか?」という要らぬ心配も発生します。逆に、時間と精神的な余裕を奪われる結果になりかねません。
また、近くに写真屋があるからという理由や、都心で大きく宣伝しているからという理由でそのスタジオに行くのも良いのかもしれませんが、おかげさまでリクルートフォトスタジオは、埼玉や千葉、都心から、また地方の方もいらっしゃいます。そういう方の多くは、労を惜しむということがないので、就職活動もよい成果を得ているのではと思います。
時々、「自宅から少し遠いのでキャンセルしたいです」という方もいらっしゃいますが、採用選考においても、「ちょっとこの企業はどうかな?」と思ったら、自分を殺してまで選考を進めず、辞退したほうが良いかもしれません。企業も多額の経費を使って、貴重な皆様を採用しようとしています。だからこそ、難関企業や採用枠の狭いところを目指す熱心な学生様こそ、リクルートフォトスタジオに来ていただきたいと思っています。皆様を内定に近くするためにスタッフ一同、手間は惜しまずに本年も頑張りたいと思っております。

最後にですが、リクルートフォトスタジオでは、ヘアメイクオプションをつけてもつけなくても、撮影前に5分ほどお時間を頂戴して、お客様の着衣や髪型などをチェックして、写真うつりがよくなるように形を整えたり、少しの細工をしたりします。
次のその写真となります。
男女上下にそれぞれ写真がございますが、下がお客様に撮影席に座っていただいてすぐに撮った写真、上が整えた写真です。

就活証明写真のヘアセットと身だしなみ

男性の場合は、上の写真の方が、襟元シャツのラインや引き締まり具合がぴっちり締まって見えるはずです。
シャキッとして見えませんか?
女性の場合は、こちらはスキッパー襟(開襟シャツ)ですが、襟がきちんと左右そろって形もきれいに見えませんか?

どちらもかわらないじゃん!と思われる方は、それまでですが、このような細かなところを少しずつひとつずつ積み重ねていくと、全体としての写真のイメージは格段によくなります。

これから大学生の方は、試験期間に入ると思いますが、その間を縫って撮影予約を入れられるとベストです。
女性の方は、スーツのレンタルも無料で行っています。
例年1月下旬から3月いっぱいまで、当スタジオに限らずどこのスタジオも予約でいっぱいになります。
当スタジオの場合は、予約を受け付けたくても、無理に予約枠を広げたりすることもありませんので、ご予約が出来なくなる場合もございます。

お早目の皆様のご来店をお待ちしております。

撮影を希望される方は、下のリンクからWeb予約でのご予約をお願いいたします。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
好印象な就活証明写真の表情について

皆様、こんばんは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。
もう11月も後半ですが、就活生の皆様、いかがおすごしでしょうか?
前回の連休あたりは、大学生の方は学園祭シーズンだったと思いますが、楽しまれましたでしょうか。

本日は、明治大学の大学院のお客様、法政大学のお客様、早稲田大学のお客様、慶應義塾大学のお客様、日本大学のお客様他、就活をこれからしっかりはじめようとしている学生様を中心にご来店いただいています。

さて、本日は就職活動の証明写真撮影で、他の就活生や、これまでの先輩がどのような表情をして、写真を撮られているのかについて、ご紹介したいと思います。
皆様がよく目にする就職活動の証明写真のイメージは、少し口角をあげて微笑みの表情かと思います。
スマホでインターネットのホームページ、写真館や写真スタジオ、就職情報サイトの証明写真を見ても、ほぼニッコリしているのではないでしょうか?
実は、気をつけてください。お客様が目にしているのは、そういったスタジオや就職サイトの「広告」なんです。
そういった広告では、むっすりしている表情ばかり並んでいては、そこのスタジオには誰も行かないと思います。やっぱり、見ていて気持ちよいのは、笑顔なんです。
リクルートフォトスタジオを運営している親の会社も、広告撮影会社ですし、カメラマンも広告撮影出身のカメラマンだからこそ言えることですが、笑顔が良いのは基本ですが、実際の証明写真ではお客様それぞれの性格や日常の表情があります。

たとえば、接客が好きでアルバイトでは居酒屋さんやケーキ屋さんで働いている学生さんは、いろんな人と接しているので表情がうまく作れる方が多いんです。
そういった場合、ご本人は表情を「作っている」という気はほとんどないと思いますが、良い表情が自然と作れる場合が多いです。
逆に、もともとの性格で寡黙な方、あまり多く笑わない学生さんもいらっしゃいます。そういう方が、表情をつくろうとすると、どちらかといえば不自然な雰囲気になります。
これは理由がありまして、顔には30以上の筋肉(ここではまとめて「表情筋」ということにします)があるのですが、使わない筋肉が多いと、こわばります。
プロのモデルさんや、接客を主にしているお仕事(たとえば、客室乗務員の人)は、そういう表情を作るために、表情筋を動かす訓練をしています。

以前に、弊社は全日空様が大学向けに開催をしている客室乗務員セミナーの証明写真撮影担当をしておりましたが、そのセミナーでも表情の作り方、笑顔を作り方の訓練のコマがありました。
そこでは、オムロンのスマイルスキャンという笑顔測定器を使って、笑顔の度合いの測定をしていました。

ですから、元からあまり笑顔を出さない人は、無理に口角を上げる必要もなく、いつも自分の表情にして、そこで生き生きとした表情を捉えてゆくのが、われわれカメラマンの使命です。
よく笑顔が似合う方でも、下手に口角を上げすぎると、ふざけて見えてしまう場合もございますし、人それぞれにベストな表情は違うものなのです。

ですから、一様に笑顔でいる必要はございません。とくに、男性で研究職などに就く予定の方などは、落ちついた表情のほうが、より理知的に採用担当者に映ります。

巷の噂や、記事に惑わされずに、しっかりと自分をもってスタジオにいらしてください。
お客様のご要望を出来る限りお聞きして、しっかりとした就活証明写真を撮りたいと思っています。

また女性のお客様でナチュラルメイクを決めたい方は、フルメイク&ヘアセットをしていただけるとベストです。
男性は、出来る限り、散髪をしてきてください。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
立教大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内

立教大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内

2020年卒 立教大学の学生様限定・就職証明写真撮影(割引優待)のご案内

証明写真撮影のご予約は下の予約カレンダーより承ります

こちらは立教大学在学生様限定の就活証明写真割引優待撮影のご案内です。撮影時にこのページのプリントか学生証を提示してください。

文、異文化コミュニケーション、経済、経営、理学部、社会、法、観光、コミュニティ福祉、現代心理どの学部の方も毎年ご来店いただいています。特に新座のキャンパスの方は武蔵野線でご来店しやすいので、池袋キャンパスのお友達に教えて、口コミで池袋からも多くいらっしゃるようです。当店にご来店いただく方は、清潔感があり、知的で明るい方が多いのが印象です。

その後に「焼き増し」が必要になった場合でも、スマホから焼き増し注文、最短翌日配達です(ネットだけで注文可能)。

 

学内撮影会よりも断然お得!

毎年、流れ作業の都心のスタジオで撮影をして、再撮影でご来店の学生様がいらっしゃいますが、初めからリクルートフォトスタジオで撮影すれば、時間もお金も気苦労も節約できるかもしれません。

証明写真撮影を予約する場合は、下の予約カレンダーから撮影予約をしてください。
各プランの詳細や料金については、「撮影料金」ページをご確認ください。

証明写真撮影予約カレンダー

○・・・予約可、△・・・予約残数僅か ×・・・満杯

当スタジオでは、以下の各種整髪用品を常備しております。また平日の一部でヘアメイク対応可脳です(対応日は、本HPのヘアメイク対応カレンダーをご確認ください。

【男性】コーム、ヘアブラシ、ワックス、あぶらとり紙など
【女性】コーム、ヘアブラシ、ワックス、ヘアドライヤー、ストレートアイロン、カールアップアイロン、各種ヘアピン、髪結びゴム、後れ毛止め、ヘアスプレー、化粧用コットンなど
証明写真ヴィダルサスーン社就活用ヘアセット用品常設店舗
 

Share
本日は、専修大学、中央大学、明治大学、上智大学、立教大学、成城大学、横浜国立大学、日本大学他、就活生(3年生)のお客様にご来店いただきました。

皆様、こんばんは。
10月になり、インターンも続いているということで、撮影にいらっしゃる学生様(3年生)が多くなっています。
また、転職活動の方や、受験願書提出のお客様もいらっしゃいます。

都心から、池袋、練馬、板橋、港区、世田谷区からもご来店ありがとうございます。
当店は、都心の大きな広告を打っているスタジオさんとは違い、規模も証明写真で2面が撮れる規模のスタジオです。
大きなスタジオさんでは流れ作業のようになりがちなところも、スタッフがひとつひとつ丁寧な対応を心がけています。
また、ネクタイやシャツ、髪のバランスなど、就活用の情報誌やWebでいろいろと情報は得ていらっしゃるかと思いますが、いざ、ご自身に当てはめてみると「本当にこれでいいのだろうか?」と思うこともございませんでしょうか。
もちろん、すべてをお任せしていただくことも可能ですが、お任せしていただいたことにより、「ちょっと自分らしくない」と思われるお客様も中にはいるかもしれません。

実は、当スタジオのメインカメラマンは、学生時代からカメラを持って撮影を続けてきました。皆様と同じように、大学に通い、就職活動も一様に経験をしています(当時は、フィルムのカメラでの写真でしたが)。
その後、大手企業で人事関連の職に就いていたこともあり、特に就活用写真については、熟知しています。
現在でも、証明写真以外にも、コマーシャル用の写真や、モデルの宣材写真、企業役員プロフィールなども撮っていますが、就活証明写真には独特のテクニックもあります。

皆様は現在は、採用される側ですが、もし採用する側の身になって、考えてみてください。
限られた書類のなかで、視覚的にあなたを表現できるのは、写真しかないわけです。もちろん、面接までいけばよいのですが、それまえのインターンシップでも担当の方はあなたを覚えているかもしれませんが、はっきりと脳裏に焼きつく人はほんの僅かです。そこで、書類の写真をみて、「あ!こいつだ」と思うわけです。そういう、再び思い返すためのツールでもあるわけなんです。その思い返す際に、印象の良い写真だと、採用側もよりよく思います。
悪い印象だと、「こんなやつだっけ」という印象にもなりかねません。

当スタジオから、昨年の先輩のご紹介やご両親のご紹介で、来店していただくことも多いのは、先輩方の結果も良いからだと思っております。

皆様のご検討をお祈りいたしますとともに、当スタジオへのご予約お待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share