補正 のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


【ここが違います】ヘアメイクなしでも、しっかりレベルの就活用証明写真

こんにちは。本日もたくさんのお客様にご来店いただいております。

大妻女子大学、東京家政大学、東海大学、日本大学、亜細亜大学、専修大学、成城大学、慶應義塾大学他、皆様おつかれさまでした。
大妻女子大学のお客様、学校指定の履歴書のサイズ(5x4)と通常サイズ(4x3)の組み合わせも、可能です。特にサイズを組み合わせたからといって、料金が変わるわけではありません。
是非、ご利用くださいませ。

毎年この時期から、都心の大きなスタジオで一度撮影をしたお客様が、お友達の証明写真を見て当店を知り、再撮影にいらっしゃいます。

女性の場合、ある程度がきちんとできる人、そしてメイクをするのもある程度慣れている方であれば、ヘアメイクは必要ないと思います。
逆に、髪の毛の癖が激しかったり、前髪をきちんと作れない人、メイクをしたことがない人はヘアメイクをつけていただければと思います。

但し、特に女性の方ですが、リップの色は、普段のお出かけに使うような彩度の高い「赤リップ」はお控えください。
どちらかといえば、ベージュ寄りの赤、明るくても落ち着いたピンク寄り、もしくはオレンジ寄りの赤であると明るく見えます。
彩度が高いと、明るいというよりは、「派手」に見えてしまい、せっかくの印象が落ちてしまいます。

さて、この写真は当店で撮影したものです。
左と右は同じ写真ですが、右は当スタジオで10~15分ほどで補正・修整をしたものです。
リクルートフォトプランであれば、お客様に補正の結果を確認していただいたうえで、撮影終了となりますので安心です。

この方は、前髪の輪郭はきちんと作れており、メイクも就活メイクをきちんとしていらっしゃいました。
少し茶髪が出ているところと、ニキビが気になっていらっしゃしましたが、ご覧のとおりとなります。

当スタジオの補正の基本は、
ヘアメイクをつけない場合は、「もし、ヘアセットをすれば・・・こうなる!」「もし、ニキビをコンシーラーで目立たなくすれば・・・こうなる!」という発想で、補正をしています。
だからナチュラル補正なんです。
人によっては、他のスタジオでなんちゃってフルヘアメイクつきのプランにした場合と同等になってしまう場合もございます。

もちろん、ヘアメイクしていただければ、ヘアメイクもお客様のことを第一に丁寧にやってますので、修整も微調整という方が多いのですが、
髪がまとまりにくい方、もとから肌色の発色の悪い方は、ヘアメイクをつけてください。

リクルートフォトスタジオのナチュラル補正

リクルートフォトスタジオの人気の秘密は、あくまでナチュラル補正。きちんと就活に使えるレベルのお写真にしてお渡ししております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
証明写真の「補正」「修整」「修正」て何? どこまで大丈夫なんですか?

就活中の学生の皆様、こんばんは。

本日は、たまにTVなどでも耳にする写真の「補正」「修整」「修正」について、お話したいと思います。

そもそも、「補正」「修整」「修正」って、言葉は似ていますが、何が違うのでしょうか?
当スタジオでは、次のように使い分けています。

・補正・・・色合せや、明度、輝度、彩度などの調整
・修整・・・本来ないはずの形、またはあるはずの形に整えること
・修正・・・形やバランスを変えて見た目のよいものにすること

以上です。
補正は読んでそのままのとおりですが、「修整」と「修正」の違いについて詳しくご説明したいと思います。

まず「修整」ですが、これは不測の状況で、本来ないはずのもの、またはあるはずのものを整えてゆくことです。たとえば、ニキビや髪の毛のハネ、洋服の皺などを消したり、見えなくしたり、または傾きを直したりすることです。
この「修整」ですが、今はデジタルカメラでの撮影ですが、昔のフィルムカメラの時代にも修整は存在しました。かくいう筆者も、大学4年生のとき、皆様と同じように就職活動を経験していますが、「修整」してもらった証明写真で就職活動をしていました。私の場合は、シャツの皺とお肌をすこしなめらかにしていただいていました。

フィルム時代の写真修整

フィルムの時代は、筆やエアブラシ等で修整をしていきますが、いまのプロも使用する写真編集ソフトにも筆やエアブラシはございます。アナログかデジタルかの違いで、昔から行っていることの大筋はほぼ変わりはないのです。
修整は、本来のお写真を引き立てて再現性を高めるための手段ですので、ガラッと自分のイメージがかわるわけではありません。

しかし、「修正」となると、話は大きく変わります。
「一重まぶたを二重にできませんか?」という方もいらっしゃいますが、その方の特徴を変えてゆく修正は一切行いません(技術的には不可能ではありませんが)。

当スタジオで、リクルートフォトプランをご予約のお客様は、ほぼ「修整」のレベルでご満足されるお客様が多いです。

皆様が応募する企業のホームページに掲載されている社長さんや役員さんの写真の多くも、ほぼ「修整」した写真なのが現実です。

当スタジオのレタッチ(修整)は、広告写真などでも実績のある技術で行いますので、ご安心くださいませ。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share