評判のスタジオ のお客様からもご利用いただいています!
修整+写真データ+カット済みプリント付5,926円~

(遠方からもご来店いただいています。本社スタジオ1店舗となります


首都圏はもちろん上京中の地方のお客様もいらっしゃる就活写真に特化した証明写真専門スタジオです。

大人気の『リクルートフォトプラン』はその場で修整確認できます!プロのカメラマン・ヘアメイクスタッフがご来店をお待ちしております。


新卒で就活できるのは人生一度きり。就活証明写真は人物撮影のプロにお任せください。

近くの「何でもOKの写真屋さん」で大丈夫ですか?
一生一度の就職活動です。「スピード仕上げ」ではなく、リクルートフォトスタジオでしっかり撮影してみませんか?

都心のスタジオのような流れ作業の撮影ではなく、大切な就活証明写真をしっかり撮ってもらいたいという賢い就活生に毎年ご利用いただいています。

【リクルートフォトスタジオを利用した先輩からのメッセージの一部です(クリックで拡大表示)】

東京、都内、神奈川、埼玉、千葉からもご来店いただいています。就活用証明写真ならリクルートフォトスタジオへ
難関の総合商社(総合職)に内定をしたお客様の撮影時アンケートより(2018年卒)


立川駅から24分、横浜駅から45分、武蔵小杉から17分、新宿から21分、池袋から34分、成城学園前から14分、新百合ヶ丘から20分、下北沢から20分、町田から21分、海老名から45分ほどでお越しいただけます。
首都圏はもちろん全国から東京へのセミナーのついでにスタジオへご来店されるお客様も多いです。大学などでも撮影実績があります。
就活証明写真の撮影予約はこちらから。


例年よりも早く、しっかり就活写真を撮影する人が増えています。上智大学、早稲田大学、中央大学、専修大学、明治大学、昭和女子大学、玉川大学、大妻女子大学、創価大学、明治学院大学、日本女子大学、学習院女子大学、成城大学のお客様、お疲れ様でした。

皆様、はじめまして。
リクルートフォトスタジオです。

さて、今年の3年生(2021年卒)は、これまでになく、早めにしっかりとした就活写真を撮影される方が多くなってきています。
インターンシップを企業も重視していることも、その原因のようです。
4、5年前までは、インターンシップがあったとしてもインスタントのボックス証明写真で済ませ、本番前にきちんとしたスタジオ証明写真を撮りにいらっしゃる方が多かったのですが、昨今ではガラッと様変わりしています。

特に、人気の企業や業界を志望している方にその傾向は強いようです。

昨日厚木よりご来店いただきましたお客様もしっかりとしていらっしゃいました。海外留学から戻られたばかりで、日本での夏のインターンに備えて、当スタジオにお母様とご来店いただきました。
食品業界、商社志望とのことですが、印象だけみればばっちり整った素敵な方でした。

そのほかにも、上智大学、早稲田大学、中央大学、専修大学、明治大学、昭和女子大学、玉川大学、大妻女子大学、創価大学、明治学院大学、日本女子大学、学習院女子大学、成城大学のお客様、お疲れ様でした。

まず、現大学3年生(大学院1年生)のお客様にお伝えしておきたいことがございます。
この時期は、就活へ足を踏み入れたばかりなので、「どうしたらしっかり証明写真を撮影してもらえるのか」「髪型や身だしなみはどうしたらいいのか」「表情はどうしたらいいのか」について、悩んでしまうお客様が多く見受けられます。

【きちんとしたスタジオ選びのポイント】

今日は、「しっかりとした就活証明写真を撮影するポイント」についてご説明します


しっかりとしたスタジオ選びのポイントは次のとおりです。スタジオの雰囲気だけではわかりませんから、次の点をお店(スタジオ)に尋ねてみてください。

・証明写真を撮影するカメラマンと、修整する人は同じか別か
→別であったら、「流れ作業」のスタジオの可能性があるため、別のスタジオにしたほうがよいかもしれません

・証明写真の背景は、複数選べるか
→「ホワイトのみです」というスタジオは、絶対に避けたほうがよいです。証明写真用のバックペーパーをもっていないということです。

・証明写真のプリントは切れているか
→L判(サービス判)に4~6枚印刷されているのを自分で切ってお使いください、というスタジオは絶対に避けたほうがよいNGスタジオです。

プリントサイズが違っても同じ料金かどうか
→大幅に違う場合は避けたほうがよいです。たとえば、玉川大学や大妻女子大学、文化学園大学、昭和女子大学など通常の証明写真よりも大きな証明写真が必要な学校の学生は、注意が必要です。

就活証明写真は、一般の証明写真(パスポートや資格試験願書用)とは大きく違います。
写真スタジオによっては、両者ともまったく同じに撮影するところもあるので、注意したほうがよいです。
都心の就活写真スタジオは、概して「流れ作業」のお店が多いんです。
流れ作業が悪いわけではありませんが、当店に再撮影(一度、別のお店で撮影をして、その後に当店で撮影をされるお客様)のお客様が、「前のお店は流れ作業でさっと終えさせられてしまって、写真の仕上がりに納得がいきませんでした」とう方が多いので、そのように申し上げています。
先日も、慶應義塾大学のお客様が、そのようにおっしゃっていました。

そもそも、料金が数千円という証明写真でしたら、<就活><高品質>と謳っていても「一般証明写真」だと思ってください。
「少しでも安い写真を!」というお客様は、他のスタジオへ行かれたほうがよいと思います。
当店へも、料金についてのご質問をいただくこともございますが、なかにはスーパーの商品と同じに考えている方もいらっしゃいますが、プロの写真撮影って、カメラマンによっても違うんです。
当スタジオでは、「お客様を安くお撮りします!」なんて失礼なことは絶対に言えません。逆にいえば、プロとしてそのくらいのプライドを持って、撮影しています。

また、この時期は、しっかり写りたいあまり、「目の大きさが左右非対称なのが気になります。」という方が多いです。
リクルートフォトプランでは、修整込みとなりますので、シェイプ(目の輪郭=かたち)はそのままで、左右の目のバランスを整えることは可能です。
当スタジオでは、他のスタジオとは違い、大げさな修正は原則いたしません。
ただ、この時期は、「左右非対称が気になる」というお客様でも、修整をすると今度は「修整して大丈夫かが気になる」といったように、何をしても気になってしまう方が多くなります。

ご安心ください。
当スタジオの写真で、TV局のアナウンサーや客室乗務員、一流商社、マスコミ、食品メーカー、電機メーカー、ゲーム業界、医療業界、公務員など多くの方が無事に内定をしています。
毎年いろいろな方をみていますから、お客様のお気持ちをお察ししながら撮影させていただきます。

就活用ネクタイ無料貸出中
就活用ネクタイ無料貸し出し中!

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする
私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ
Share
就活写真専門スタジオだからわかる。この時期のインターンシップ写真撮影について。

皆様、ご無沙汰しております。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

中央大学、東宝学園専門学校、玉川大学、首都大学、学習院女子大学、昭和女子大学、神奈川大学、慶應義塾大学、早稲田大学、法政大学、他のお客様お疲れ様でした。

どこで撮る?夏のインターンシップ証明写真

さて、夏のインターンシップをはじめ、現3年生の就職活動も本格化してまいりました。
今週は、インターンでも、公務員のインターン志望の方が多く見受けられました。
学生の皆様には、インターンシップは就活の準備段階だと勘違いをされている方も多いのですが、準備ではなくそのまま就職活動そのものだと思っていただいたほうがよいということを、はじめに申し上げておきます。

ですから、絶対に安い街のチェーン店の写真屋さん(アルバイト店員の撮る写真屋さん)や、ボックス証明写真は避けたほうがよいと思います。
概して、料金がちがうというのは、仕上がりも大きく違ってくる場合が多いです。
特に、一生のうちに何度も撮る就活証明写真ではありませんから、初めに撮影してもらった写真屋さんで「こんなもんかな?」と思いがちですが、比べてみるとしっかりとした写真屋さんは格段に違います。

ところで、インターンシップには、学生側から見れば、良い面もございます。
ひとつは、興味のある仕事の一端に触れられることや、その会社の社風や考え方を掴む糸口を作れることです。
実は仕事というものは、頭のなかで予測するよりも、実際はかなり違うものなんです。また仕事は短時間にすべてを理解できるものでもありません。
ただ、まるっきり違うというこではなくて、ご自身の想定内であれば、仮にその企業に内定してもミスマッチはないはずなんです。

それが、極端な話、「広告業界の先輩に触れたら、すごく人として格好良くて、自分もそうなりたいから、広告業界を志望しています」というものは、つまずいてしまうケースが多いんです。
そこで働く人ではなくて、どうしてあなたがその仕事にかかわり、その仕事に役に立てるのか。芯となる部分がしっかりしていないと、イメージ先行型の就職活動になってしまうようです。

リクルートフォトスタジオに、6月~8月にインターンシップの証明写真を撮りに来られる方は、とても印象がよく、身だしなみもバッチリな人が多いんです。
冬場に「初めて写真スタジオに訪れました!」というよりも、本当に身だしなみがきちんとしてます。それだけですね、ご自身の就職をしっかりと見極めたいという自分のことを大切にしていらっしゃる方が多いです。

女性の場合は、ヘアメイク出勤日であれば、ヘアセット&フルメイクをつけていただければ、プロのヘアメイクアップアーティストがお客様に応じた就活ナチュラルメイクのご相談にも応じます。
もちろん、ある程度ナチュラルメイクは自分でできるわ!という女性の方は、そのままでも大丈夫です。その場合でも、そのままの状態で撮影をするということはございません。
必ず、お客様の襟もとや身だしなみを整えたうえで撮影をいたします。

Share
【他店からの撮り直し大歓迎】就活写真スタイルの基本はビジネスフォーマル

皆様、こんばんは。
連日、リクルートフォトスタジオにはたくさんのお客様にご来店いただいております。
3月に入り、説明会やセミナーで1日3社以上も駆け回っているお客様もいるとのこと。お体を大事にして頑張ってください。

さて、男性が就活証明写真を撮るときに、一番多いご要望は、髭を目立たなくするためのポイントメイクを施すことです。
男性の場合は「メイク」と聞くと、女性だけがするものと思いがちですが、スタジオ撮影前の身だしなみ程度だと思ってください。
このポイントメイクをするだけで、多くの場合は、髭は目立たなくなるはずです。撮影後の修正よりも、ナチュラルに仕上がります。
そして、男性の場合は、特に髪型は散髪してからの撮影をお願いいたします。

先日、2月に当店で撮影をしたお客様が再来店されました。お話をお伺いしたところ、当店に初来店したときは髪が長かったということに後で気づいたとのこと。散髪後に、近所の写真屋さんで撮影をされたそうです。
しかし、当店の撮影の証明写真のほうが断然写りがよかったとのことで、慌てて再来店という運びになりました。と、いうことは、3回も撮影をしたということになります。

急がば回れ、といいますが、ちょっと面倒くさくても、証明写真の撮影前は、特に男性は散髪をお願いいたします。全然、雰囲気が違ってきます。確実によくなります。

女性の場合は、髪がまとまらない、メイクを知らないというお客様は、ヘアメイクをつけてください。
就活のヘア&メイクは「変わる」ということに主眼を置いたヘア&メイクではありません。
ビジネスでも通用するフォーマルな装いという制限のなかで、お客様らしさを引き出すヘア&メイクになります。
美しくなるのではなく、内定に近くなるメイクをして、丁寧な撮影をお客様にご提案いたします。

原則、当スタジオのヘアメイク対応日は平日の午前10時~午後3時撮影開始分までとなります。ヘアメイクはオプションとなり、対応日については、当ホームページの「ヘアメイク対応可レンダー」にてご確認のうえ、お申し付けください。

リクルート写真・就活証明写真スタイルの基本はビジネスフォーマル

リクルート写真・就活証明写真スタイルの基本はビジネスフォーマル

他店フォトスタジオでは、流れ作業的な撮影の現場もありますが、当店は可能な限りお客様を丁寧に撮影いたします。

ひとつお願いがございます。ご予約の際は、できるだけ、確実にご来店いただける日時でご予約ください。
4度も予約をして、最後は無断でキャンセルされる方もいらっしゃいますが、ひとつ社会の常識を考えてみてもよいかもしれません。

皆様のご来店をお待ちしております。

当スタジオは完全予約制となっております。
Webでの事前のご予約をお願い申し上げます。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【必読】就活証明写真でよくある就活生の悩みや疑問にお答えしますー顔の左右非対称編ー

皆様、こんばんは。
本日もたくさんのお客様にご来店いただきました。

遠くからは、埼玉県富士見市、千葉県船橋市、茨城県つくば市、神奈川県平塚市からご来店のお客様がいらっしゃいました。
わざわざ御時間を割いてくださいましてありがとうございます。

さて、本日は、この時期の就活生によくある証明写真についての悩みや疑問についてご回答したく思います。
毎年ほぼ傾向は同じですが、今日はその1つ目です。

【その1】顔が左右非対称だからなんとかしたい

これについては、個人の程度の差はあれど、目の付いている位置、目の大きさはもちろん、耳の付いている高さや耳の大きさ、口角の上がり具合など、すべてにおいて左右非対称なんです。

ヒトの目はとても優秀です。日常、動いている顔をみるときは、「左右の目は対称のもの」「口は左右の口角が同時にあがるもの」といったように、脳の中で、都合よく解釈しています。
ですから、日常ではよほど左右非対称の度合いが大きくない限り、左右非対称についてはあまり意識することはありません。

ところが、証明写真のように静止画の場合、話は大きく異なります。ヒトの目は優秀ですから、動かないものに対しては、少しでも大きさの違うものに対しては、その程度の違いを容易に見分けてしまうのです。
さらに、証明写真をまじまじと細かくお客様は精査するでしょう。細かく見れば見るほど、その大きさの違いを把握するのです。

ですが、少し考えてみてください。モニターで大きく表示される、「証明写真の顔」は実際で使われる証明写真(企業のPCモニターや提出履歴書のプリントサイズ)よりは、明らかに大きなものです。
その大きさは実際の10倍以上です。証明写真を遠めに見て、判断されるとベストです。
そうすると、目の大きさや耳の大きさ、口角の上がり方よりも、全体の醸し出す印象や、表情といったもののほうがとても重要だということに気が付くはずです。

「木を見て森を見ず」とはまさにこのことです。

過度な修正でお客様の同意のうえで左右対称に近づけることはできなくはありませんが、それそれで、とても人間らしくない、ロボットのような顔つきになってしまいます。

毎年ご来店いただくお客様を観察していて共通するスタッフの認識は、「自分に自信のある人ほど、自分のありのままの素顔に満足している」ということです。
不安や、焦燥感に駆られている方は、待ち時間に足を揺らしたり、少しの左右非対称の度合いに過剰に反応したりしていらっしゃいます。

お客様の少しでも自分のよい表情を採用側に伝えたいという気持ちは、スタッフも十分に承知しております。
しかし、顔が左右非対称だから、書類選考落ちであるのならば、あまり素敵な企業とは考えにくいような気もします。
とにもかくにも、お客様の限られた時間ではございますが、大切な就活の証明写真をできるだけ納得のいくように一緒に作っていけたらと思っております。

当スタジオは完全予約制となっております。
Webでの事前のご予約をお願い申し上げます。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
首都圏はもとより、全国から、志の高い就活生が集まる就活用写真スタジオです

みなさん、こんばんは。
三寒四温で、寒暖の差が激しい今日この頃。
皆様はセミナーや企業説明会で大忙しのこととお察し申し上げます。筆者もご来店のお客様との会話で、ビジネスマン以上に忙しい方もいらっしゃると認識しております。

そして、そうした過程で、いきなりチャンスが舞い込んでくるものです。
チャンスを無駄にしないためにも、ひとつひとつを今日これからしっかりとやっていきませんか? 
就活ツールのひとつである証明写真もそのひとつです。
不安に思うのであれば、当店で撮り直してください。
お時間のあるときに、また説明会の帰りにでも当スタジオにお越しくださいませ。

ご予約をされて、「遠いのでキャンセルにします!」という方も、たまにいらっしゃいますが、地方からもお客様がわざわざ撮影に来られます。
筆者も、近い、遠いという感覚は、お客様それぞれによって異なるものだと感じる今日この頃です。

これを読んでいるお客様の志望企業への内定も、遠いようで実は近いかもしれません。

【多摩美術大学大学院のお客様】

【北陸先端科学技術大学大学院のお客様】

【首都大学東京大学院のお客様】

【東京大学文学部のお客様】

【東京交通短期大学のお客様】

【専修大学のお客様】

【防衛大学のお客様】

よくお電話で、「これから撮影できますか?」とお尋ねになる方もいらっしゃいますが、なかなか電話にも出られない状況です。ご迷惑をおかけしておりますがご了承ください。

全国から、各大学それぞれに優秀な方々が当スタジオにご来店されています。
「あのとき、こうしておけばよかった!」
「もうすこし早めに準備をしておけばよかった!」
と考えても、お客様にはこれから先があるのみです。
過去の反省点は未来に活かす事が先決です。スタジオで落ち込んでいるような方もちらほら見かけますが、そのままでいると、これからに影響しかねないと思います。
気持ちは確実に表情として出てくるものです。
心と姿勢を正して、今この瞬間を大切にしてくださいませ。

皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share
【必見】会社説明会は3月解禁。チャンスはいきなりやってくるときのよくあるお話

今週も月曜日から、本当にたくさんの就活生のお客様にご来店いただきました。
時間帯によっては、撮影時間に遅れる方もいらっしゃったため、全体の撮影開始時間が押してしまい、お客様には貴重なお時間をさらに頂戴しましたことお詫び申し上げます。

東京大学、東京学芸大学、電気通信大学、東京農工大学、東京工業大学、横浜国立大学、神奈川大学、慶應義塾大学、国士舘大学、國學院大學、武蔵野大学、日本女子大学、駒沢女子大学、桜美林大学、玉川大学、専修大学、法政大学、明星大学、立教大学、上智大学、早稲田大学他、中央大学、帝京大学、東海大学ほかたくさんの大学からご来店いただきました。
フシギなことに、当店にご来店いただくほとんどの方が、しっかりした雰囲気の方ばかりなのです。
それだけの、気持ちをもっている方が、当店を選ぶということだと思っています。

また専修大学のお客様、ご友人からのご紹介の多くのご来店ありがとうございます。
ひとりの方は、学校内撮影よりもとても丁寧で仕上がりもしっかりしていて非常に満足だと友達が皆言っていると伝えていただけました。本当にうれしく思います。
皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

証明写真は、撮ったらすぐに出来ると思っている方もおおいかもしれません。たしかに、写真としては、すぐにお渡しすることもできないことはないのですが、こまかな補正をします。ですから、お客様がすべて帰った後で、おひとりおひとり入念なチェックと補正をしています。プリントでもきれいにでるかどうかという点までチェックしているのです。
最大で1日200名前後の補正を行っているのですが、撮影をするときはカメラマンとお客様1対1で対応しますから、お客様にはわからないところもあるかしれません。ご了解くださいませ。
毎年ですが、この2月、3月でも土曜日と日曜日は比較的お客様のご予約が平日よりは少なくなります。是非、こういうときに撮影をされるとよいと思います。

さて、あっというまにもうすぐ3月で会社説明会の解禁となりますが、2月に撮影されている方は、早い選考が進んでいる会社のES提出のためだったり、入念に準備をされている方が多いかと思います。
そして、3月に会社説明会が解禁となり、そこでいきなり写真を出さなければならない、いきなり選考が進んでしまった、という幸運?な方も出てきます。
そういう方に限って、手持ちの写真も用意してなかったりで、慌てて写真撮影にいらっしゃいます。
当スタジオも予約が空いていればよいのですが、3週間前から予約を入れる人もいるなかで、当日の予約は出来ない日が増えてきます。
ですから、早めの撮影をおすすめしています。

チャンスはいきなりやってきたときに、そこで、精一杯自分をPRしたいとは思いませんか?
人の印象はぱっと見、10秒で決まります。採用担当者がESに目を通し、写真に目を通すのも、パッと見です。そのパッと見の印象を最初に伝えるのが証明写真です。
新卒採用市場においては、あなたを買ってもらうように努めるべきです。いくら中身も外見も素晴らしい人でも、写真が薄汚かったりしたら、同程度の人で写真がしっかりした人と比べたら、後者のほうが買ってもらえると思います。
証明写真は撮ってもらうものかもしれませんが、それは、あなたを企業に売り込むツールですから、しっかりされるべきだと思います。

当スタジオではリクルートフォトプランでは1名様約40分~60分のお時間を頂戴しています。そのなかで、写真をしっかりと作り上げていきます。

カメラマンも日によって違う日もございますが、メインのカメラマンは広告カメラマンとしてまた、人材採用の現場を知っている人間ですから、ただ写真がよく分かっているだけではないのもポイントだと思います。

皆様のご予約をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

ご予約はこちらから。

Share