皆様、こんにちは。
リクルートフォトスタジオ撮影担当です。

最大10連休という令和初のゴールデンウイークも明けました。
すんなりと日常生活に戻れていらっしゃいますか?

ここのところは、転職用や再就職用の証明写真撮影が多くなってきています。
転職用の方は、「プリントはそんなに使わないと思います」という方が多いのですが、40歳以上の方ですと、人によってはすぐに転職先が決まらない方もいらっしゃいます。特に、早期退職や再就職の方、比較的高年齢の方ですと、ある程度の求人案件にあたってゆく必要もあります。そのため、提出する回数も増えるため、使用する証明写真の量も増えてきます。
ですので、ある程度使うと予測されているお客様は、撮影時に枚数を多めに作られると良いと思います。その後の「焼き増し」は、直接スタジオまで来なくても、スマホやPCからご注文可能ですが、撮影時のプリントした方が、料金的にはかなりお得になっております。

30歳も過ぎた場合ですと、証明写真の背景色も、当店で一番多いライトブルーだけではなく、ホワイトの方の割合も増えてきます。大体、ライトブルー7割、ホワイト3割といったところです。リクルートフォトスタジオの背景は、バックライトを当てるため、ホワイトも真っ白になります。他の多くのスタジオのように、グレーに近いホワイト、ではありません。

また、2021年卒予定のインターンシップ応募用証明写真撮影のお客様も増えてまいりました。
ここのところは、一般企業だけではなく、例年採用ステップの早い「アナウンサー」志望の学生さんが多いです。
アナウンサーは、「全身写真」が必要な場合がほとんどです。そして、街中の証明写真を撮影している写真屋さんでも「全身撮影はできません」というスタジオが意外に多いんです。それは、スタジオの広さもございますし、アルバイト店員さんでは撮影が難しいこともあります。
リクルートフォトスタジオでは、毎年多くの全身写真を撮影しています。全身写真はまず「立ち方」が重要です。ほぼすべての人がこのような写真は初めてですから、キレイに見えるたち方は是非、撮影時にご指導させてください。

こちらの男性は体育会系で、スポーツの報道を志望しているアナウンサー志望です。しっかりしていますね。

アナウンサー全身写真

アナウンサー全身写真

こちらの女性はバストアップ写真。斜め向きの撮影もしましたが、真正面のポーズを気に入っていただけました。
どことなくオーラと気品のある方でした。

アナウンサーバストアップ写真

アナウンサーバストアップ写真

さて、証明写真のヘアメイクについてですが、男性の場合は散髪後それほど経過していなければ、ご自身のセットでもほぼ大丈夫です。
ヘアメイクをつけなくても、就活用にスタッフが必ず整えます。女性も、よほどまとまりが悪い髪型であったり、ご自身でまったくメイクのできない方は、ヘアメイクをつけていただく必要がございますが、ある程度まとめられれば、ヘアメイクなしでもほぼきっちりとした証明写真ができあがります。なぜかというと、撮影前にしっかりと身だしなみを必ずスタッフが整えるからです。

昨日も、「自宅から一番近いチェーン店の写真スタジオで撮影しましたが、表情が悪くて撮り直しにきました」というお客様がいらっしゃいました。
そのお客様は、そのスタジオでは時間が限られていて、さっさと終わってしまったことに不満を抱いているようでした。
もちろん、リクルートフォトスタジオでも一人に何時間もかけて撮影をするわけではありませんが、他のスタジオよりも丁寧に撮っているという自負はございます。

昨年のこの時期に来ていただいたお客様でも、当スタジオの取り直し後に、書類選考通過率が良くなったというお客様もいて、スタッフとしてはうれしいことですが、やはりお客様の真剣な気持ちを思うと、スタッフも手を抜いてはいられないのです。

証明写真で失敗されるお客様は、自宅から一番近く一番安く撮影できるスタジオを選らんでいらっしゃるようですが、免許証やパスポートの写真ならともかく、就活写真は証明写真のなかでも格が違います。お買い得品を求めて買うようなスーパーマーケットの商品とはまったく違う性質のものです。
ですから、その違いを初めからわかっている方々は、神奈川各地、埼玉や千葉、東京都内や山梨をはじめ、東京に来たついでの地方のお客様も当店にいらっしゃるのだと思っています。

「周りの人がちょくちょく内定をもらい始めたけど、自分はさっぱりだな・・・」と思っているそこのあなた。意を決するという大げさなものでもございません。
リクルートフォトスタジオで就活写真を撮りなおしてみてはいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしております。

就活証明写真撮影のご予約はこちらから。

撮影予約をする

私は「正統派」証明写真で就活します!リクルート写真なら専門スタジオへ

Share
おすすめの記事